ピクシブ百科事典

Wii

うぃー

2006年12月2日に発売された任天堂の家庭用ゲーム機。
目次[非表示]

概要

任天堂の据置機。「Wiiリモコン」と呼ばれる空間認識型ポインティングデバイスを標準装備し、シンプルかつ直感的な操作性は老若男女に受け入れられた。

Wiiリモコンのモーションコントロールによる奥深い操作性は、それまで複雑化の一途を辿っていた家庭用ゲーム機のインターフェイス開発に一石を投じた。また、WiiFit等の体感ゲームデバイスを数多く提供している。

供給メディアは12cmのDVD-ROM(厳密に言うとカスタム化した独自規格)。ゲームキューブとの互換性を維持しており、ゲームソフトやメモリーカード、コントローラをそのまま利用可能。

コンピューターとしての基本設計はゲームキューブをそのまま引き継いだもので、性能的には同世代の競合ハードに比べ大幅に見劣りするものの、その分消費電力や本体サイズは大幅に抑えられている。

スロットイン方式を採用した機器としては珍しく8cmディスクをそのまま入れることができる。

仕様

CPUIBM PowerPCカスタム「Broadway」ゲームキューブのCPUとの互換性あり
GPUATI(AMD)「Hollywood」MCM構造。グラフィック処理やその他周辺機器の制御を担当する「Vegas」と1T-SRAM内蔵の「Napa」を搭載。
メモリ1T-SRAM 24MB+GDDR3 64MB
メディアWii用12cm光ディスク+ゲームキューブ用8cm光ディスク
ストレージ内蔵フラッシュメモリ 512MB・SDメモリーカード 最大32GBセーブデータやダウンロードソフトの保存に使用


モーションコントロール

Wiiはモーションコントロールを本体に標準装備した、初の家庭用ゲーム機である。

ソニーコンピューターエンターテイメントのEYETOYや、バックスコーポレーションのパワーグローブなど、モーションコントロール技術を扱った前例はあったが、どちらもゲーム機周辺機器としての小規模な取り組みである。
(単独ゲーム機としてはスクウェア・エニックス剣神ドラゴンクエストの例がある)

発表当初はモーションコントロールに対し、懐疑的な意見が多かったが、それはWiiFitブームと言う形で払拭された。
追って、ソニーコンピューターエンターテイメントからプレイステーションMOVEマイクロソフトからはキネクトと、競合他社からもモーションコントロールデバイスが発売され、一般的な技術となった。

リモコンストラップによる事故

発売直後、勢いよくコントローラーを振った拍子に、コントローラーがすっぽぬけ、テレビを突き破る事故が発生した。
その際、リモコンストラップの弱さが指摘され、任天堂は全製品の無償交換を行った。
また、それまでの購入者全員を対象にシリコンクッションでリモコンを覆うためのカバーを配布した。

事故の再発防止のため、任天堂は、ストラップの確実な装着や、周囲の確認などを呼びかけている。

ちなみにおしゃかになったテレビとは対照的にWiiリモコンは事故後も問題なく動いたという。

生活用品としての需要

準体感型ゲームのタイトル数が多い特性上、プレイに際し運動量が多くなる傾向がある。
そのため健康器具としての需要も高い。
Wii Fitなど一連のソフトウェアは、日々の健康管理を行うためのツールとして設計されている。
ゲーム自体は過酷なトレーニングではないが、日々の体調を自動的にデータベース化してくれる機能は、多くの健康志向者に受け入れられた。

またショッピングや情報番組、レンタルビデオなど、生活に根ざしたコンテンツが多く配信されているのも特徴。

名称

Wiiとは私達という意味のWEをもじった名称。人とのつながりを大切にしたいという意味で名づけられた。…が、実はwiiとは北米でちっちゃな子のおしっこを意味するWeeを連想させる言葉であり、奇抜すぎるネーミングにはアメリカ合衆国ではかなり反発があったようだが(発売前のコードネームレボリューション」の印象が良かったため余計に)、最終的には受け入れられた。

ミンナニハナイショダヨ

Wiiリモコンは本体との通信にBluetoothを採用している。
よって、有志によって解析されており、パソコン用操作デバイスとして動作するソフトウェアが公開されている。
ただし、任天堂が了承しているわけではないので保証が受けられないことは言うまでも無い。

Wiiリモコンの拡張端子は形状は独自だが信号自体はIIC(I2C)とよばれるIC間の通信では一般的な規格による通信を行っている。
(ただし、無闇な解析や不正な機器との通信ができないように通信開始時に暗号データを送って認証を行っている)

本体については「ローパワーハイパフォーマンス」を目指して作られている。
具体的には既存のプロセッサ(ここではゲームキューブのそれを指す)の設計を流用しつつそれを最先端の技術で作り直すことにより、性能を上げるのと同時に大幅な省電力化とチップ面積の縮小化を実現している。

センサーバーは名称こそ「センサー」だがセンサーの類は搭載しておらず、実際は赤外線を常時点灯しているだけにすぎない。
このため故障してもロウソクの火で代用が可能。
ちなみに肝心のセンサーはWiiリモコン側に搭載されている。いわばテレビのリモコンとはほぼ真逆の構造である。

Xbox360のRRODやPS3のYLODなど大幅な性能向上の引き換えに(主に初期型で)致命的な不具合が発生する可能性があった第七世代の据え置きゲーム機だが、Wiiに関してはそのような不具合はほとんど起こっていない。
この不具合はプロセッサが発する過剰な熱で基板とプロセッサを繋いでいるBGAハンダが溶けたり割れたりすることで起こる接触不良が原因で、プロセッサの設計段階から発熱を抑える設計をしているWiiは(ヒートガンを当てたり通気孔を塞いだりといったイレギュラーな使い方をしない限りは)そのようなリスクが少なく、このような不具合が発生しにくくなっている為だと思われる。

Xbox360とPS3は発売後何度かモデルチェンジを施しているがWiiは最初から最後までモデルチェンジを施していない。
…と思われるが実はWiiも何回かハードウェアの刷新をしており、主にプロセッサのシュリンク(90nmから65nmへ)、ディスクドライブのセキュリティの強化などが施されている。
2008年以降に生産されたWiiのCPUはパッケージ基板含めてゲーム機のプロセッサとは思えない程小さくなっているので興味のある人は調べてみると良いだろう。(但し分解は自己責任で。)

Wiiを分解するとディスクドライブを覆う巨大な鉄板が姿を現すが、これは元々最初の設計図では存在しておらず、任天堂の開発部門のスタッフ曰く「誤って踏んだときに壊れないように」勝手につけたとのことである。(参考:外部リンク)
また副次的な作用として、本体の排熱性能の向上と、電磁波の漏れの抑制にも一役買っている。
ちなみにこの鉄板は次世代機のWii Uにも装着されている。

後継機

2012年12月に、高い処理性能と擬似クラウドコンピューティング機能を持ち、リモコンに加え、専用コントローラーに「ゲームパッド」を追加した後継機WiiUが発売。
あなたとわたしという意味のWEとYOUをもじった名称。
Wiiとの互換機能があるため、Wiiのソフトも遊ぶことができる。
ゲームキューブとの互換性は排除されており、ゲームはもちろんコントローラーなどの周辺機器も一切使用できなくなっている。(ただしコントローラーについては例外あり)

廉価版

欧州とカナダで2012年、アメリカで2013年に廉価版WiiMiniが発売。
主な変更点として、インターネット接続機能・ゲームキューブの互換機能・ゲームキューブコントローラ接続用ポート・SDカードスロットが丸ごと排除されている。

その他

HomeBrewChannelという任天堂非公認のWiiチャンネルを不正インストールする事で、第三者が作った自作アプリがWiiで動くようになる。
問題はその自作アプリの中に、バックアップディスクの作成やプロテクトチェックをかいくぐってのコピーソフト起動、チートツールなどが含まれている点。
そのため、ソニーと同じくファームウェアアップデートやハードウェアのバグフィックスが行われている。

  • ブートローダーのバグフィックス
  • 光学ドライブのバグフィックス(DVD Videoが再生不能に)
  • ダウングレードでbrick(文鎮化)するように対策。
だが、ゲームソフト側のセキュリティーホール(脆弱性)はそのまま(任天堂はゲーム進行不可になる致命的なバグ以外は修正しない)だったり、アップデートで対策されても新たなセキュリティーホールが発見されるなど、完全にいたちごっこ状態となっており、システムアップデートが止まった現在は完全に野放し状態となっている。(同時にインターネット接続サービスも終了しているが…)
余談だが、PSP、PS3(ただし、PS3のアップデートは継続中)にも同じ問題が起きている。

発売当初、第7世代ゲーム機では後発であったにもかかわらずXBOX360やPS3を大きく突き放して1位になったものの、サードパーティーによるソフトのマルチプラットフォームリリースの対象から外れる事が多かった上、後年はWii専用タイトルの数も大きく減少した。結果的にXbox 360やPS3のラインナップが充実していく中、逆にWiiは新作ソフトが不足するようになり、後継機であるWii Uの登場を前にしてソフトがほとんど発売されないという状況に陥り、2013年10月22日に早くも生産が打ち切られ、第7世代ゲーム機では最も短命に終わった(XBOX360は2016年、PS3は2017年まで生産継続)。

関連タグ

これまでの任天堂ゲーム機

ファミリーコンピュータ
スーパーファミコン
サテラビュー
NINTENDO64
ニンテンドーゲームキューブ
WiiU

ゲーム&ウォッチ
ゲームボーイ
ゲームボーイアドバンス
バーチャルボーイ
ニンテンドーDS
ニンテンドー3DS

同世代のゲーム機

プレイステーション3
XBOX360

類似品

威力棒Vii

その他

Wii説明書風

pixivに投稿された作品 pixivで「Wii」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1912159

コメント