ピクシブ百科事典

ゲームボーイ

げーむぼーい

1989年4月21日に任天堂より発売された携帯ゲーム機。ソフトが入れ替えできるものとしては初めて成功した携帯型ハードである。
目次[非表示]

概要

1989年4月21日に任天堂から発売された携帯ゲーム機

本機に先行して発売されたソフト入れ替え可能な携帯ゲーム機(日本ではゲームポケコンのみ)はどれも成功しておらず、「せいぜいアクションゲームシューティングゲームといった一部のジャンルしか売れないのでは」と懐疑的に見られていたが、本機は当時の据え置き機で扱われていたほぼ全てのジャンルのゲームを扱う事ができる事を示した。

他社も少し遅れてより高性能な携帯ゲーム機を送り出した(日本ではゲームギアPCエンジンGT)が、大型で電池の消耗も激しかったため、本機ほどの成功を収める事はなかった(ただしゲームギアは北米ではそこそこ売れている)。

最大4人対戦も可能であったが、4人用アダプタと通信ケーブルが三本必要で対応ソフトもあまり出なかった。

サードパーティからも多くのゲームソフトが売り出され、90年代前半には大いに流行。1996年頃には新作ソフトも年に数本ペースまで落ち込んでモデル末期を迎えつつあったが、同年に『ポケットモンスター 赤・緑』が発売され大ヒットしたことでゲームボーイ市場そのものが大きく復活。第二のピークを迎え、その流れはそのままGBADS3DS(2DS)と続き現在に至る。
ちなみに年代ごとに新作ソフトの発売数をグラフにすると、ポケモン発売の年を中心として綺麗にほぼ等しい大きさの山が前後にできている。一度流行の終焉を迎えたハードが、たった一本のソフトの爆発ヒットによって蘇生した事が明確に分かるグラフである。
ゲームボーイアドバンスへの移行が進んだ2002年と2003年でソフト数が再度ガタ落ちし、2003年を持って新規のソフト供給は終了した。

当時はリチウムイオン電池のような充電池も一般的では無かったため、単三乾電池4本を電源として使用。電池の寿命などの関係から電力を食うカラー液晶やバックライトは搭載せずモノクロ4階調の画面を採用することで電力消費を抑えていた。
その甲斐あって、マンガン電池で連続10時間、アルカリ電池で35時間という現在の基準で見ても驚異的な稼働時間を獲得している。
また、電池残量が少なくなると画面右のランプが点滅して警告が出る他、液晶が徐々に薄くなっていく。表示を濃くすることで少しだけ抵抗できるため、セーブ機能の付いたゲームをするにも優しい仕様であった。

キャッチコピーは「君とならどこまでも」。

スペック

  • 表示色は4階調モノクロ
  • 解像度は160×144ドット

と、一見して性能はファミコンを下回るかに思えるが、それは早合点というもの。

  • CPUの周波数はファミコンの1.79MHzに対し4MHzに(…と思いきやファミコンのCPUの方が1命令あたりのクロック数が少ないのでこの周波数差で同等くらい)。
  • メモリはワーキングRAM・VRAMともにファミコンの2kBに対し8kBに。
  • BGは1枚のままだが、それに加え「ウィンドウ」というレイヤが加わり、透過できずスクロールも制限があるものの、ある意味BGが2枚といえなくもない仕様に。
  • 基本的にROMの固定されたキャラクタを表示するだけのファミコンに対し、動的に生成したキャラクタをRAMに置いて使う仕様になり表示の自由度が大幅に向上。(ファミコンでもカートリッジにRAMを積めば可能だが)
  • 最大表示スプライト数はファミコンの64個に対し40個と、減ってはいるものの面積比では増加。
  • スプライトの横並び制限はファミコンの8ドット×8個に対し8ドット×10個に緩和。
  • ファミコンには無かったタイマ割り込みが実装され、複雑なラスタスクロールなどが可能に。
  • 音声がステレオになっている。(ヘッドホン端子使用時のみ)
と、多くの点でファミコンを上回る高性能マシンなのだ。
それがファミコンより大幅に小さい筐体で、液晶画面が加わったにもかかわらず価格も安くなっているというのは、技術の進歩に驚嘆を禁じ得ない。
ちなみに、ケーブルを使った通信機能は、当初は「付けてもコストが上がらない、せっかくだから入れとこうぜ」ということで入っていた機能だったのだが、それが発売当初のテトリスによる市場牽引やポケットモンスターによるゲームボーイ復活の原動力の一つになるのだから、世の中何が起こるかわからない。
  • 湾岸戦争で爆撃されても壊れないすごいマシンとして有名だが、初期モデルは液晶の耐久性に問題があり、経年個体は液晶が寿命を迎えているものが多い(なお爆撃で焼けた個体も中身は無事だったものの、液晶はさすがに熱で溶けたので交換することになった)。

現在は役目を終えているが、一部のタイトルはバーチャルコンソールで配信・再版、ゲームボーイ世代を生きた任天堂ファンも、ゲームボーイを知らない新規の任天堂ファンも興味を持ったタイトルの再販を期待しよう!

派生機

ゲームボーイ



ゲームボーイブロス
初代ゲームボーイの色違いとして発売された商品。色が違うだけで機能は同じ。
「ゲーム機の色を選べる」というコンセプトが好評だったようで、後のゲームボーイポケット以降は初めから複数の色が発売されるようになった。
なお、ステレオイヤフォンは同梱されなくなった。

スーパーゲームボーイ
スーパーファミコン用の周辺機器。ゲームボーイのソフトが付きかつテレビ画面で遊べるというもの。ゲームボーイカラーの登場で消えたハードではあるが、当時はテレビでゲームボーイソフトが色付きで遊べるという画期的なものだった。
後に通信端子を搭載し、初代で起こっていた本来より動作速度が速い症状が改善された「スーパーゲームボーイ2」が発売された。
NINTENDO64用で、ゲームボーイカラー用ソフトに対応した「スーパーゲームボーイ3」の開発も行われていたが、発売中止となった。
ちなみにかつてローソンの『Loppi』で行われていたSFC・GBの書き換えサービスの『ニンテンドーパワー』での店舗側SFC互換書き換え端末に周辺機器として暗灰色の『スーパーゲームボーイ』がGBソフト書き換え・起動テスト用として存在していた。仕様としてはスーパーゲームボーイ同等でそれのカスタムタイプと推測される。

ゲームボーイポケット
ゲームボーイを小型化したもの。使えるソフトは共通。単四電池2本で動く。稼働時間は連続8時間と、ゲームボーイより大幅に短くなっている上、電池残量が無くなると強制的に電源がオフになる。BATTERYランプが廃止されたため残量把握が難しくなったが、後期生産型で復活した。ゲームボーイより精密で壊れやすいため、名前通りポケットには入れないように。液晶の視認性もゲームボーイより上がっている。
汎用性の高い単三電池ではなかったのが場合によっては電池の使い回しで不便だった。
ゲームボーイポケットの液晶にグリーンのバックライト機能を付けたゲームボーイライトも存在する。

ゲームボーイカラー
反射型TFTカラー液晶を搭載し32,768色中、最大56色の表示が可能になったうえ、使用する電池も単3電池2本に減ったにもかかわらず、寿命も(アルカリ電池で)約20時間と大幅に向上した。
ただし、こちらも電池が大幅に消耗すると画面の見た目的には何の前触れもなく突然電源が落ちる。
また、一部のソフトにはゲームボーイカラー専用のタイトルも存在(ドラゴンクエストⅢポケットモンスタークリスタルなど)。

余談

今となっては古い仕様だが、単三乾電池の電池ボックスが仕込まれており電池だけでも遊べる。送電施設等のインフラが整っていない場所でもゲームが楽しめる為、そういった地域では根強い人気があるらしい。
据え置きゲーム機と異なりエリアプロテクトがない為、いわゆる海外版がそのまま動くので洋ゲー入門には適していた。これはニンテンドーDSまで続いた。

開発責任者であった横井軍平自身が「ゲームボーイは私の失敗作」と語った事がある。何故?と思う人が多いと思うが、これはゲームボーイの液晶がプロトタイプと製品版では当初異なっていた為。
当初の液晶でいくつもりが、ゲームボーイをプレイするにあたって致命的な欠点(正面からは見えづらい)が判明した事による。
既に液晶の生産体制がシャープで直ぐにできる状態(この為に生産ラインをシャープが設備投資して作っていた)だった為、このままだとゲームボーイの生産どころかシャープまで危うい事態になったのである。ところが、土壇場で製品版で実装された新型モノクロ液晶が完成した為、なんとか危機は去った。
一歩間違ったら任天堂とシャープが大損害を被るかもしれなかった事態がゲームボーイ誕生の裏では起こっていたのである。

当時、既に携帯ゲーム機でのカラー画面は可能であったが、消費電力も増えるデメリットがあったため、電池の持ちを優先して、あえてモノクロ画面でリリースされた。「カラーにしなくていいのか」と問われた際、横井氏は「モノクロで良い。他社がカラーで出してきたらうちの勝ち」と言い切ったという。事実、セガがカラー画面のゲームギアをリリースしたが、結果はゲームボーイの圧勝に終わっている。

ゲームボーイポケット~ゲームボーイカラーまでの3機種は、現在のDSシリーズよりも次のバージョンが出るまでの間隔が短かった。特にゲームボーイライトとカラーは同年のうちに発売されている。

カートリッジ

  • グレー

初代からカラー以前は全てこのタイプ。唯一の例外は「テリーのワンダーランド」の初期生産版がカラー対応なのにグレーカートリッジで発売されていた事である。

  • ブラック
モノクロ・カラー両対応。形状はグレーと全く同じ。「ポケモンカードGB」のみカートリッジに赤外線通信機能がある為、黒でありながらやや透過したカートリッジが使われている。
  • GB Kissカートリッジ
ハドソンタイトルの一部タイトルのみの特殊カートリッジ。赤外線通信機能があり、共通で小さなアプリケーションを使える機能もあった。
  • ホワイト
「Loppi」の書き換えシステム用カートリッジ。書き換えラインナップタイトルを容量が許す限り複数入れる事も可能。

CM



社会現象としてのゲームボーイ

今までに述べてきたように、ゲームボーイの誕生から終焉までを見ていくと
実に3度の黄金期が存在するという、全く当たらなかったハード達からすれば羨むような歴史を辿った。
それに伴い、社会や文化の面でも非常に大きな影響を及ぼしている。

第1次黄金期と言えるのは本体発売から2ヶ月後の『テトリス』のヒット。
非常にシンプルなルールながら、老若男女が楽しめる奥深さも併せ持っていた事で
人気だった同作がゲームボーイに移植され、更にゲームセンターや家でなくてもプレイ/対戦が可能という事から
同作は424万本を売り上げるメガヒットタイトルとなった。
更にゲーマーが遊んでも納得の名作が次々とその後に続き、『魔界塔士Sa・Ga』、『聖剣伝説』等の本格派RPGや、
ゼルダの伝説 夢を見る島』、『星のカービィ』、『スーパーマリオランド2 6つの金貨』等のアクション性の強いものまで多数が発売。
ミリオン越えは当たり前と言わんばかりの凄まじいヒット作が続いた事から、
携帯ゲーム機は子供の玩具であるという風潮に一石を投じ、
「大人が携帯ゲーム機を遊んでいてもおかしくない」というパラダイムシフトを引き起こしたと言える。

ただ、こうしたゲームボーイのヒットも1994年、1995年になるとプレイステーション]や セガサターンという光学ディスクを採用したよりハイスペックなゲーム機人気に押されるようになり、
やや下火になり始める。任天堂も次世代機としてNINTENDO64を開発し、
いよいよお役御免になるかと思われていた。

しかし、1996年に発売された『ポケットモンスター』シリーズが小学生間の口コミ等もあってヒットし第二次黄金期が到来。
コロコロコミックとのタイアップや、テレビアニメ・テレビ番組の放送なども行い、当時小学生の間では
ポケモンを持っていないやつは居ないのではないかという程の超ヒット作品となった。
これに伴い、ゲームボーイの後継機などがバカ売れしたが、引き続き
初代ゲームボーイを使っていた人や、兄や姉のお下がりの初代ゲームボーイが
自分にあてがわれた、中古のゲームボーイを買ってもらったという人も当時のゲーム少年の中には少なくないようである。
子供の好きな物といえばゲームボーイという認知も強く、様々なものが
ゲームボーイ風のデザインを採用し、巷にはゲームボーイの形をした物が溢れた。

ただ、良い面ばかりではなくこの頃になるとゲームボーイ+ポケモンのブームを
問題視する大人達も少なくなかった。この頃から遊び場の減少や遊具の撤去、
ボール遊びや野球の禁止などのルールが導入される公園が増え始めるという社会的な背景もあり、
「子どもたちが日陰のベンチや座れる場所に集まって携帯ゲーム機で遊んでいる」という
昨今でも見られる光景が目立ちはじめ、不健全であるとして批判する声も多かった。
また、テレビアニメ版『ポケットモンスター』のあるエピソードを視聴していた
子供が光過敏性発作を起こしたという事件が起こったため(ポケモンショックを参照)、
こうした大人の関心を引くためにマスコミ各社はセンセーショナルな見出しを付けて報じた。
中には「ポケモン(ピカチュウ)チビッコ襲撃」という今見るとこの見出し自体が炎上しそうなものが堂々と発行されたり、
93年に英国でゲームをプレイ中に光過敏性発作を起こした例が大々的に取り上げられるなどし、
事実に基づいているものから全く事実無根なものまで、様々なバッシングが相次いだ。
後に光過敏性発作自体は他のケースでも起こりうるもので、60年台から太陽光のちらつきや
テレビCM、映画館での映画視聴等でも症例が多数確認されているという事実が広まるに連れて
こうしたバッシングは徐々に収束していき、アニメやゲームの制作側でも再発防止ガイドラインが組み込まれるようになっていった。
現在のアニメ開始時やゲームの開始時に注意書きが出るようになったのは、この事件の影響が大きい。

1998年にゲームボーイカラーが発売されると徐々に移行が進んでいき、初代ゲームボーイは下火になり始めるが
その1998年に出た『遊☆戯☆王 デュエルモンスターズ』がメガヒットするという第三の黄金期が到来。
ゲームとしての出来自体はお世辞にも良いとは言い難かったが、当時ブームが到来していた
遊戯王が題材だった事もありミリオン越え。
後にゲームボーイカラー専用となった同作「2」「4」もミリオン越えの売上を記録した。
遊戯王カードの隅には小さくパスワードのような文字列が書かれているが、これらのタイトルで
使用するためのもので、パスワードを打ち込むとゲーム内でも使えるという仕掛け(ただし効果やステータスが同等であるとは限らない)。
これも大ヒットし、一種の社会現象となったものの、カードショップ等に番号だけメモしにくる
小中学生も多く、店頭に注意書きが張り出されるなどした。
現在の町中でもよく見られる、ビデオゲームとトレーディングカードゲームを並行して取り扱う業態が
生み出されたのもおそらくこうした第三次ブームの影響であると思われる。

2001年には後継ハードであるゲームボーイアドバンスが発売されバトンタッチした。
・・・と言いつつも、ゲームボーイアドバンス及びゲームボーイアドバンスSPでは
ゲームボーイ~カラー専用のソフトが遊べるため、引き続き遊ばれ続け2004年に
ニンテンドーDSが発売されるまではまだまだその面影は健在だったりする。

通常、3~5年程度で世代交代してしまう事が多いゲーム機であるが、
ゲームボーイの場合は後方互換性やサブ機としての需要があった事も含め、
発売から実に10年近くゲーマーに寄り添い続けた超長寿なハードとなった。
そのため、90年台~00年台には携帯ゲーム機=ゲームボーイであるという認知が非常に強く、
この前後のテレビアニメや漫画などでは登場人物が酷似したゲーム機で
遊んでいるというシーンも非常に多く見受けられたり、
後年においても携帯ゲーム機の代名詞として引き合いに出される場合がある。
例として、スマホアプリおよびNintendoSwitchのDL専用ソフト「ゲーム発展国++」では「ゲームボーヤ」というゲームボーイを意識した物が登場する。

なお、以上はあくまで「ゲーム機として」のキャリアであり、それ以外の分野ではその後も生き残り続けた。
それがチップチューン音源としての用途で、その親和性の高さなどからテクノ等のジャンルでもしばしば変わり種楽器として用いられ続けた。
後にインターネットや動画サイトが普及すると、その時その時で放送されたアニメの楽曲などを
GB音源でカバーしたものが投稿されるというムーブメントも起こり、チップチューン音楽の
定着とともにサブカルチャーの一部として00年台を乗り切るに至る。

10年台に突入すると、今度は新しいジャンルの音楽としてVaporwaveやRetrowaveが登場し、
その中でファミコンとともにゲームボーイは「80年台~90年台前半のレトロガジェット」として扱われるようになる。
従来のように普通に音源として使うだけでなく、glitch(バグった・壊れた)表現として組み込まれる事もあり、
今までにない鳴らし方が探求されたり、表示が乱れたゲームボーイ風のビジュアルアートが付け加えられるなどしているうちに
とうとう2019年で30周年を迎えるに至った

現在でもGB音源の実機演奏が披露されたり、ゲームボーイをMIDIキーボードの入力から
スピーカーとして鳴らすためのハードが発売されるなど、齢30にして未だに使い倒されているという
いろんな意味ですごいやつである。

関連タグ

任天堂 携帯ゲーム機
ワリオ-初登場したのがこのゲームボーイで発売した『スーパーマリオランド2 6つの金貨』である。
星のカービィ-任天堂(開発はHAL研究所)から発売されたゲームボーイ発祥のヒットシリーズ
魔界塔士Sa・Ga 聖剣伝説-それぞれスクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売されたゲームボーイ発祥の有名シリーズの1作目。前者はゲームボーイ発のRPGでもある
メダロット-現在も展開しているゲームボーイ発祥の長寿ロボット物RPGシリーズ
ポケットモンスター-上述の通り、本機を再活性させた超大物ソフト
遊戯王-現在も展開している週刊少年ジャンプで連載されていた漫画を元にしたカードゲームのシリーズ、CSのゲーム機で1番最初に作品が出たのがこのゲームボーイである。

関連記事

親記事

携帯ゲーム機 けいたいげーむき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲームボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2903673

コメント