ピクシブ百科事典

PCエンジンGT

ぴーしーえんじんじーてぃー

PCエンジンのソフトが遊べる携帯型互換機。
目次[非表示]

概要

NECの子会社である日本電気ホームエレクトロニクス1990年12月1日に発売した携帯ゲーム機。海外市場では「TurboExpress(ターボエクスプレス)」の名称で販売されていた。

PCエンジンのHuカードソフトがプレイ可能であり、携帯ゲーム機というよりはPCエンジンの派生機としての性格が強い。(但し、PCエンジンスーパーグラフィックス専用のHuカードソフトはプレイできない)
同じくカラー液晶搭載のゲームギアに使われているSTN液晶より高品質なTFT液晶を採用しているため非常に画質が良かったのだが、その分価格も44,800円と非常に高価になった。

ハードウェア

別売りのTVチューナーパックを装着する事によってテレビも視聴可能。
携帯化の代償としてCD-ROM²等のPCエンジン用周辺機器と接続する機能を失っている。
通信ケーブル対応ソフトにボンバーマン、スピンペア等。
PCエンジンのゲームソフトがプレイできる都合上発売時点で100作品以上のソフト資産を持っている点と、高画質なTFTを採用していながらゲームギアと同じ稼働時間である点が大きな強みだった。
しかし、拡張バスが無いということはバックアップユニットも接続できないということであり、セーブ機能が使えないことと電池6本で3時間しか持たないということがネックになり、早々に市場から姿を消してしまう。

ちなみに似たような機種として「PCエンジンLT」という物も発売された。
一見するとGTと同じく携帯ゲーム機のように見えるが、遊ぶためにはACアダプタによる電源供給が必要なため持ち歩いて電車内でプレイしたりということは出来ない。したがってLTはGTと違い、れっきとした据え置きゲーム機なのである。

関連タグ

携帯ゲーム機 PCエンジン
NEC 日本電気ホームエレクトロニクス

外部リンク

PCエンジンGT - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「PCエンジンGT」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5625

コメント