ピクシブ百科事典

プレイステーション・ポータブル

ぷれいすてーしょんぽーたぶる

ソニー・コンピュータエンタティメントが開発・発表した携帯型ゲームハード。PCやPS3等から動画・音楽等を格納して出先で再生することができるというポータブルメディアプレイヤー機能を有する。特にPS3との連携機能は優秀。通称PSP。
目次[非表示]

概要

株式会社SCEIより2004年12月12日に発売された家庭用携帯ゲーム機で、略称は「PSP」。

4.3インチの液晶ディスプレイとアナログパッドを搭載し、メモリースティック PRO DuoやUSB接続によるデータのやり取り、音楽・動画・静止画の再生、システムソフトウェアアップデートによる機能の追加などを特徴とする。

なお、2014年6月中にPSPの製造・出荷が終了する事が発表され、PlayStation StoreにおけるPSP専用のダウンロード専売ソフトやゲームアーカイブスDLC等の各種コンテンツの販売、およびUMD Passportのサービスは2016年3月31日をもって終了となった(ただし、PSPでも利用可能な共通コンテンツはプレイステーション・ヴィータPS3PCモバイルから購入してPSPへ転送する事が可能)。

仕様

  • PSP-1000

初代PSP。重量は約280g (バッテリーを含む)。
発売当初は□ボタンや十字キーの操作性が悪い、UMDドライブの噛み合いが悪く大きな力をかけるとUMDディスクカバーが開いてしまう不具合があった。
ディスクカバーが開き、UMDが飛び出す現象は大いにネタにされ、Flashコンテンツまで作られたほど。
この一件でソニーのゲーム機の初期型には一際ユーザーから警戒されてしまう事態となってしまう(後継のヴィータでも初期型で不具合が多発する事態が発生してしまったが)。

  • PSP-2000
2007年9月20日発売。PSP-1000から軽量・薄型化されて重量は約189g。
別売りの専用ケーブルを使うことでプログレッシブ対応テレビへの画面出力が可能。ワンセグチューナー、Skype対応。
メインメモリが拡張されてゲームのロード時間の短縮が可能になった。
前述のUMDドライブの不具合への対応なのか、UMDドライブはロックスイッチが廃止され、手動開閉式になる。

  • PSP-3000
2008年10月16日発売。液晶画面のコントラスト・応答速度・輝度などが上昇。
マイク内蔵によりヘッドホンが無くてもSkypeが可能。
ゲームのテレビ出力機能が非プログレッシブのテレビにも対応。(殆どのテレビで画面出力が可能)

  • PSP go

【素材】PSPgo


詳細はPSPgoを参照。

UMD

携帯ゲーム機で初めて光ディスクを採用し、なおかつ独自メディアであるこのUMD(ユニバーサル・メディア・ディスク)はゲームだけではなく映像メディアや音楽メディアとしても使用できる事を目的として開発された。映像作品はUMD-VIDEOとしてリリースされた事がある。
MD(ミニディスク)と似てはいるが、仕様は異なり互換性はない。また、コピー防止も視野に入れているのかCD-RやDVD-Rのような書き込みできるディスクは存在せず、プレスは全てソニーが管理していた。
容量は片面2層で1.8ギガだが読み込みが遅く、ソフトによってはメモリースティックにデータインストールして読み込み時間の短縮ができるようになっている。

だが、DVDプレーヤーの小型化(ポータブル化)によってUMD-VIDEOの価値があまりなく、ネットでの映像や音楽配信の進歩・半導体メディアの安価で大容量化でのポータブル機器での光ディスクメディアの優位性が低くなった事・UMDが扱えるのは結局PSPのみで終わった為、携帯ゲーム機としては光ディスクメディアを採用したのはPSPが最初で最後になってしまった。
皮肉な事に遡る事8年前の1996年、ROMカートリッジに拘り光ディスクメディアに乗り遅れて覇権を奪われた任天堂とは真逆の展開が起きた事になった。
そもそもソニーの読みが記録メディア事情の読みが甘かった所とPSPの皮算用な計画が最もな誤算であったのも事実である。

関連タグ

携帯ゲーム機 SONY SCEI PSP壁紙
プレイステーション プレイステーション2 プレイステーション3 プレイステーション4
プレイステーション・ヴィータ - 後継機。
ゲームアーカイブス

pixivに投稿された作品 pixivで「プレイステーション・ポータブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2935

コメント