ピクシブ百科事典

プレイステーション・ポータブル

ぷれいすてーしょんぽーたぶる

ソニー・コンピュータエンタティメントが開発・発表した携帯型ゲームハード。
目次[非表示]

概要

SCEIより2004年12月12日に発売された家庭用携帯ゲーム機で、略称は「PSP」。

4.3インチの液晶ディスプレイとアナログパッドを搭載し、メモリースティック PRO DuoやUSB接続によるデータのやり取り、音楽・動画・静止画の再生、システムソフトウェアアップデートによる機能の追加などを特徴とする。
バッテリーはユーザーで交換可能。

当時現役の据え置きハードだったPS2に匹敵するほどのグラフィックと、携帯ゲーム機としては異例の光ディスク「UMD」を採用するなど当時の携帯ゲーム機としては破格のスペックを誇り、当時の据え置きゲーム機と大差ないクオリティのゲームを多数輩出してきた。

PCやPS3等から動画・音楽等を格納して出先で再生することができるというポータブルメディアプレイヤー機能を有する。特にPS3との連携機能は優秀で一部のソフトはリモートプレイに対応する。

なお、2014年6月中にPSPの製造・出荷が終了する事が発表され、PlayStation StoreにおけるPSP専用のダウンロード専売ソフトやゲームアーカイブスDLC等の各種コンテンツの販売、およびUMD Passportのサービスは2016年3月31日をもって終了となった(ただし、PSPでも利用可能な共通コンテンツはプレイステーション・ヴィータPS3パソコンモバイルから購入してPSPへ転送する事が可能)。

仕様

CPUMIPS R4000カスタム
GPUCPU内蔵デュアルコア
メモリ1000:32MB 2000・3000:64MB2000・3000の拡張されたメモリはUMDのキャッシュに使われる
メディアUMD 1.8GB(2層)ゲームによって1層と2層かが異なる。
ストレージメモリースティック Duo・メモリースティック マイクロ(PSPgo)最大16GBまで対応。
ディスプレイ480×272ピクセル ASV液晶3000は画質が向上している


  • PSP-1000
初代PSP。重量は約280g (バッテリーを含む)。
発売当初は□ボタンや十字キーの操作性が悪い、UMDドライブの噛み合いが悪く大きな力をかけるとUMDディスクカバーが開いてしまう不具合があった。
ディスクカバーが開き、UMDが飛び出す現象は大いにネタにされ、一部でFlashコンテンツまで作られたほど。
そして、当時のSCE社長、数々の迷言を残した久夛良木社長のコメント、
「これが、私が考えたデザインだ。使い勝手についていろいろ言う人もいるかもしれない。
それは対応するゲームソフトを作る会社や購入者が、この仕様に合わせてもらうしかない。
使用する液晶画面はこれ以上小さくしたくないし、PSP本体もこれ以上大きくしたくなかった。
ボタン位置も狙ったもの。それが仕様
これは僕が作ったもので、そういう仕様にしている。
明確な意思を持っているのであって、間違ったわけではない。
世界で一番美しいものを作ったと思う。
著名建築家が書いた図面に対して門の位置がおかしいと難癖をつける人はいない。
それと同じこと。」
最終的にハリウッドの爆破シーン並みの大炎上を引き起こし、SCEは無償修理を行う結果になった。
この一件で(元々そういう傾向はあったが)ソニーのゲーム機の初期型は一際ユーザーから警戒されてしまう事態となってしまう。(後継のVitaでも初期型で不具合が発生する事態になってしまったが)

  • PSP-2000
2007年9月20日発売。PSP-1000から軽量・薄型化されて重量は約189g。
別売りの専用ケーブルを使うことでプログレッシブ対応テレビへの画面出力が可能。ワンセグチューナー、Skype対応。
メインメモリが拡張されてゲームのロード時間の短縮が可能になった。
上記した不具合は概ね改善されており、またUMDドライブのロックスイッチが廃止され、手動開閉式になる。
軽量化に伴ってバッテリーも容量の小さいものに変更されたが、大型バッテリーの取り付けも可能でそれに対応した裏蓋も別売りされている。
マイナーチェンジとして、カスタムファームウェアと呼ばれる改造ファームウェアを導入できないように基盤レベルで対策が施される。

  • PSP-3000
2008年10月16日発売。液晶画面のコントラスト・応答速度・輝度などが上昇。
マイク内蔵によりヘッドホンが無くてもSkypeが可能。
ゲームのテレビ出力機能が非プログレッシブのテレビにも対応。
(殆どのテレビで画面出力が可能)

  • PSP go

【素材】PSPgo


詳細はPSPgoを参照。

UMD

携帯ゲーム機で初めて光ディスクを採用し、なおかつ独自メディアであるこのUMD(ユニバーサル・メディア・ディスク)はゲームだけではなく映像メディアや音楽メディアとしても使用できる事を目的として開発された。映像作品はUMD-VIDEOとしてリリースされた事がある。
MD(ミニディスク)と似てはいるが、仕様は異なり互換性はない。また、コピー防止も視野に入れているのかCD-RやDVD-Rのような書き込みできるディスクは存在せず、プレスは全てソニーが管理していた。
仕様としてはDVDに似ており、DVDと同じく赤色レーザーで読み取る。
容量は1層で0.9GB、2層で1.8GBとなっている。光ディスク故に読み込み速度に弱点があり、ソフトによってはメモリースティックにデータをインストールして読み込み時間の短縮ができるようになっている。
このインストール容量も相当に差があり、500MB以上使用するタイトルもあれば無双OROCHI2 Specialのように10MB未満と破格の低容量の場合もある。
一部のタイトルではUMDの記録容量だけではゲーム内容を収めきれず、最初からメディアインストールを当て込んでインストール用の圧縮データのみを記録した『2枚目のUMD』をつけたUMD2枚組のソフトまであった程である。

当時としては大容量かつ安価なメディアだったUMDだが、半導体メディアの低価格化と大容量化が進むにつれUMDの優位性が薄くなって来たため、後継のプレイステーション・ヴィータではUMDを切って半導体メディアを採用することになった。
UMDを採用したデバイスは現在のところPSPが最初で最後である。

その他

本機は発売から少し経過した頃から内部のソフトウェアを書き換える改造行為が横行し、その手法が雑誌にまで取り上げられる程であった(このせいで余計に広まり、失敗してPSPが文鎮化するというのもお約束だった)。
その手法も多岐に渡り、プログラムのセキュリティホールを突いたものから、特殊な仕様を施したバッテリーを使って簡単に行えるものなど様々。改造に成功すると、ソニーが承認していない自作プログラムやPSPのゲームのコピー起動が可能となる。
中には一回改造を行っても電源を切ると通常の仕様に戻り、正規ソフトウェアと判断させてPSNの利用が普通に可能なバージョンも存在する。

ソニーによるシステムソフトウェアの対策だけでは追いつかず(バージョンアップの頻度がやたら多かった理由の一部はこの対策が占めている)、ソフトを開発するメーカー側でも様々な対策をプログラムに組み込むほど。
上述の通り基盤レベルでの対策も施されたが、あの手この手で切り抜けられていたちごっこが続き、結局これらを撲滅するには至らず、現在ではアップデータの更新が長らく止まっている事もあって完全にやりたい放題、不正対策を半ば諦めたような状態である。

そして皮肉にも、コピーソフトウェアがきっかけで、かつては@baraiなどの小規模に留まっていたゲームソフトのダウンロード配信が本格化するに至った。

余談だが、PS3やWiiでも似たような問題が起きている。

関連タグ

携帯ゲーム機 SONY SCEI PSP壁紙
プレイステーション プレイステーション2 プレイステーション3 プレイステーション4
プレイステーション・ヴィータ - 後継機。
ゲームアーカイブス

pixivに投稿された作品 pixivで「プレイステーション・ポータブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3685

コメント