ピクシブ百科事典

DVD

でぃーぶいでぃー

様々なデジタル情報を記録するための光ディスク。 Digital Versatile Discの略。
目次[非表示]

規格

映像や大量のデータの保存に用いられる光ディスク。サイズはCDと全く同様(直径12cm、0.6mm厚)であるが記憶容量が圧倒的に大きい(CDの約6倍、片面で約4.7GB)。また、二層構造にすればさらに容量を増やせる。

元々はVHSと同程度の画質を光ディスクで実現するDigital Video Discとして企画されたが、用途はデータや音楽などビデオに限定されないことが指摘され、Digital Versatile Disc(Versatile=多用途)に変更された。

データの転送速度は等倍速で1.385MB/秒であり、これはCDの9倍速に相当する(標準速ドライブの回転速度がCDの標準速の3倍弱なのと、DVDの記録密度がCDより高いため)。

論理フォーマットはCD時代のISO 9660のほか、UDFが追加された(ほとんどのDVDはUDFである)。

動画の解像度は720×480(480p)、縦横比はソフト側で4:3か16:9に固定される。収録方式はMPEG-2で最大133分の収録が可能。音声は標準でPCMの2チャンネルステレオ、ドルビーデジタルかDTSで、5.1チャンネルのサラウンド音声を収録することもできる。画質は上述のとおりVHSと同程度を目標に開発されたが、デジタルなので劣化がなく、VHSよりも画質が良好とされることが多いようである。一応VCDと同じくMPEG-1にも対応しているが、実際にMPEG-1を使ったDVDは極めて少ない。

普及

DVDは1996年に登場し、2000年のプレイステーション2の登場とともに一気に普及。2004年にはVHSの出荷台数を上回った。DVDはプレス代が圧倒的に安いので、映像を取り扱う産業では、セルDVDを(副ではなく)主な収益源として活用している企業が増え、業界の状況を一変させた。

映像記録媒体としては、次世代規格であるHD DVD(2008年に撤退)、Blu-rayDisc(BD)が登場して久しい今も主力のメディアである。DVDを読み込めるドライブを持っていればパソコン等でも再生可能。

最近のアニメは放送後DVDやBDで発売されることが多く、DVD版はBDより少しだけ安く発売されることが多い。

データ媒体(DVD-ROM)としてはゲーム機のゲームソフトのほか、WindowsなどのパソコンOSやパッケージ販売されるアプリケーションソフトの媒体としても使われる。

アニメとDVD

アニメなどではテレビ放送版とDVD(BD)版では少しだけ内容が異なる事がある。

例えばテレビ放送版では規制されていた表現が解禁されていたり作画ミスや一部の表現が修正されていたり、テレビ未放送の話や複数の音声チャンネルを用いたオーディオコメンタリーが追加されていたりと様々である。

また初回限定盤と題して様々な特典がついているものも少なくない。深夜アニメの収入の多くは放送による収益ではなく、このようなDVD、BDやキャラクターグッズによるものなので、これくらいは当たり前のファンサービスと言えるかも知れない。

記録型DVD

記録型DVDはDVD-R(1回だけ書き込み可能)とDVD-RW、DVD-RAM、DVD+RやDVD+RWなどの規格が乱立し、ユーザーを混乱させた。近年はDVD-Videoとの互換性が高いDVD-R/RWが主流となり、ユーザーを混乱させる事態は減っているようである。

DVD-PG

DVDプレーヤーでインタラクティブに映像作品ではなく、項目を選択する事で簡易的なゲームを行えるものがある。しかし、この方式は日本国内ではアダルトゲームに使われるケースが多かった。

関連タグ

ビデオCDVCD) Blu-rayBD姉DVD VHS
プレイステーション2/XBOX/XBOX360:DVDドライブを搭載したゲーム機(後継機はBDを搭載)

関連記事

親記事

光ディスク ひかりでぃすく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「DVD」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 523704

コメント