ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

VHS(Video Home System)は、1976年にビクターが開発した家庭用ビデオ規格。

初期はバイクが買えるぐらい高価であったが、次第に安価になり、バブル崩壊後はデフレデッキと呼ばれる1万円前後の簡素型が普及した。

ビデオテープは作品ごとの録画をする場合、テープチェンジという手間が発生する。

画質は上位モデルのS-VHSでも現代人の目にはボケボケにしか見えないが、逆にVaporwaveなどのレトロ趣味では、わざとVHS風の劣化させるといった映像表現もある。

欠点は再生後に巻き戻しが必要な点だが、隆盛期以降のほとんどの機種がT-120テープを数十秒で巻き戻す「高速リワインド」機能を備えている。

2000年代半ばになると日本ではDVDレコーダーやHDDレコーダーの普及を前に消えていき、2010年代には既にDVD,BD,HDDレコーダー等に取って代わられ、レガシーとなった。

しかし高画質のデジタルレコーダーが格安に手に入るようになったのはいいが、時代はすでにテレビ離れの世なっており、「VHSがあったころのテレビが一番面白かった…」「もっと早くデジタルレコーダーがあれば…」という人も多いだろう。

VHS残党

実際のところまだまだ現役で活躍しているデッキは多い。

理由は、

  1. 日本のB-CASシステムによる重DRMへの反感から来る自主的対抗措置。
  2. バラエティなど画質を気にしなくてもいい番組ならこれでもいい。
  3. 自主メンテナンスが困難なデジタル家電に対する拒否感。
などがあげられる。

DVDのCPRMやコピーアットワンス問題など、地上波デジタル放送の移行期に噴出した、世界的にも過剰な重DRM(デジタル著作権保護)主義が、JASRACに信頼がないことも手伝って、皮肉にもVHSを延命することになった。画質は気にしないので動画をコピーしておきたいヘビーユーザーの手段としてVHSが手元に置かれる結果になった。特にPC画面など小型の場合は画質メリットの恩恵は狭くなる。

日本のテレビ放送事業者および家電メーカー間での取り決めにより、日本国内用のデジタルチューナーを搭載したVHSデッキの製造・販売は事実上できない。というのも、上記DRM対策としてVHSによるマスタリングをされることを放送業界側が嫌がったためである。

VHSからデジタルレコーダーへの過渡期にはVHSデッキ内蔵型デジタルレコーダーが存在したが、その殆どはVHSではデジタル放送を録画できないようになっていた。そのためテレビの映像出力や単体チューナーを接続しておけば運用可能である。
例外はPIONEERのDVR-RT900D/DVR-RT700Dで、ほとんど唯一、単体でVHSでのデジタル放送録画が可能だった。予約も可能である(ただし生産終了、同社は家庭用映像機器から撤退)。

生テープにいたってはいまだに100円ショップでも扱っている。ただ、主流のT-120とT-140以外の長さはなかなか見かけられなくなった。しかし通販では業務用テープ(いわゆる「茶ブタ」テープ)を扱っていたりするので、Webの普及でかえって一般人が入手しやすくなった。

関連タグ

ビデオテープ
ベータマックス ベータ

関連記事

親記事

ビデオテープ びでおてーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「VHS」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「VHS」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1522637

コメント