2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

VHS(Video Home System)は、1976年にビクターが開発した家庭用ビデオ規格。

初期はバイクが買えるぐらい高価であったが、次第に安価になり、バブル崩壊後はデフレデッキと呼ばれる1万円前後の簡素型が普及した。

ビデオテープは作品ごとの録画をする場合、テープチェンジという手間が発生する。

画質は上位モデルのS-VHSでも現代人の目にはボケボケにしか見えないが、逆にVaporwaveなどのレトロ趣味では、わざとVHS風の劣化させるといった映像表現もある。

欠点は再生後に巻き戻しが必要な点だが、隆盛期以降のほとんどの機種がT-120テープを数十秒で巻き戻す「高速リワインド」機能を備えている。

2000年代半ばになると日本ではDVDレコーダーやHDDレコーダーの普及を前に消えていき、2010年代には既にDVD,BD,HDDレコーダー等に取って代わられ、レガシーとなった。

しかし高画質のデジタルレコーダーが格安に手に入るようになったのはいいが、時代はすでにテレビ離れの世になっており、「VHSがあったころのテレビが一番面白かった…」「もっと早くデジタルレコーダーがあれば…」という人も多いだろう。

家庭用ビデオカメラとしてのVHS

大ぶりのテープであり録画機をカメラとは分離していたが(録画時間を左右するバッテリーも大きくできる)、β陣営が一体型を肩に乗せるサイズを発表したのちVHS-C(コンパクト型)を発表した。カセットのみを小型化するという発想でカセットデッキではアダプターを使うことでテープ資産の互換が可能になった。だだし重たいことはいがめなく、パスポートサイズの8㎜ビデオパスポートサイズの8㎜ビデオが出ることにより生産販売が縮小された(VHS陣営からもカメラのほうは8㎜に移行する所(液晶ビューカム)も)。

愛称 (初期からのVHS陣営)

Victor ビデオカセッター
National マックロード MACLORD
SHARP マイビデオ
MITSUBISHI ファンタス
HITACHI マスタックス MASTACS (初号機はVictorのOEM)

テープ供給

Victor National以外は β、8㎜も供給 初期からのVHS陣営(生産開始時は日本製品)
TDK FUJI→AXIA maxell(当時、日立の樹グループだったがその辺は) Scotch(日本では住友3M 8㎜は生産していない) 当時流行してきた激安カメラ店家電量販店でオープンやU-maticよりはテープを入手しやすい環境になっていた。

VHS残党

実際のところまだまだ現役で活躍しているデッキは多い。

理由は、

  1. 日本のB-CASシステムによる重DRMへの反感から来る自主的対抗措置。
  2. バラエティなど画質を気にしなくてもいい番組ならこれでもいい。
  3. 自主メンテナンスが困難なデジタル家電に対する拒否感。
などがあげられる。

DVDのCPRMやコピーアットワンス問題など、地上波デジタル放送の移行期に噴出した、世界的にも過剰な重DRM(デジタル著作権保護)主義が、JASRACに信頼がないことも手伝って、皮肉にもVHSを延命することになった。画質は気にしないので動画をコピーしておきたいヘビーユーザーの手段としてVHSが手元に置かれる結果になった。特にPC画面など小型の場合は画質メリットの恩恵は狭くなる。

日本のテレビ放送事業者および家電メーカー間での取り決めにより、日本国内用のデジタルチューナーを搭載したVHSデッキの製造・販売は事実上できない。というのも、上記DRM対策としてVHSによるマスタリングをされることを放送業界側が嫌がったためである。

VHSからデジタルレコーダーへの過渡期にはVHSデッキ内蔵型デジタルレコーダーが存在したが、その殆どはVHSではデジタル放送を録画できないようになっていた。そのためテレビの映像出力や単体チューナーを接続しておけば運用可能である。
例外はPIONEERのDVR-RT900D/DVR-RT700Dで、ほとんど唯一、単体でVHSでのデジタル放送録画が可能だった。予約も可能である(ただし生産終了、同社は家庭用映像機器から撤退)。

生テープはT-120とT-140あたりは2010年代前半頃まで100円ショップやホームセンターでも扱っていたが現在はもう入手困難である。しかし通販ではまだまだ買えるほか、業務用テープ(いわゆる「茶ブタ」テープ)を扱っていたりするので、Webの普及でかえって一般人が入手しやすくなった。

互換性

VHSの初期のもので録画されたものは機能追加したものでも再生できるある程度の下位での互換性はあった。(時々他社互換性を無視した機種も見られたが(先行したものの追従または水平展開なされなかった)。)
ただし昔に録画した物は自動トラッキングから外れてしまう場合もある。(手動トラッキングつまみの調整範囲はかなり広かったが録画中の変動も大きかった)
3倍録画 T-120で6時間 標準2時間録画再生も可能で互換性が保たれる。(βIとβIIで見られた下位非互換は生まれなかった。
初期音声多重 音声トラックにステレオ録再ヘッド。VHS-HiFiになりすたれるがステレオのみモノラルとして再生可能。ただし副音声(バイリンガルなど)は実用ではない。(3倍録画の場合の音声は内容が分かればよいレベルだった。)ただしNationalだけで採用したdbX-NRは音声互換がない。
(音声トラック幅が狭いことと速度が遅いことで劣化する音声を良化するため打ち出したがステレオ化含め他社は追従してこなかった。まだ音声多重が特に民放で全国展開していなかった。)
Hi-Fi音声多重 音声トラックにモノラル記録がなされるのでモノラルでなら従来機で再生可能。
これもごく初期にNationalだけdbx NRとし非互換になった。(一応Hifi音声として聞くことは可能)Hi-Fi標準化時にNRは非搭載(dbxライセンスが高くVictor含む他社が難色 Nationalも3代目からは他社と合わせた)。Hi-Fiでは、NV-800 NV-850HD がdbx対応機。
S-VHS 信号の下位互換はない、(再生できるが映像劣化が激しい) 従来VHS機で録画したものは再生は可能。
VHS-C 普通サイズのVHSカセット用変換アダプタを使用することで可能 逆は不可能。
D-VHS 従来機での再生は不可能。 従来機で録画したテープの再生は可能。(ただし普及は、一部マニア層だけなので、一般まで広く影響することはなかった。)
ダビング禁止(コピーガード)信号が入った映画などの録画済みテープ。 機種により(正規品でも)再生時に画面が明るくなったり暗くなったりする(ほかの信号(帯が入るなど)もあるが)。 特に高級機ほど信号を拾ってTVまで送ってしまいTVもS入力などでビデオ信号を直接ブラウン管に送ろうとしていた。のでこの現象が起きた。(画質安定器、ノイズキャンセラーが当初巷に出たがすべてのガード信号に有効とはならずそのうち法律で禁止され販売ができなくなった。)

関連タグ

ビデオテープ
ベータマックス ベータ

関連記事

親記事

ビデオテープ びでおてーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2033053

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました