ピクシブ百科事典

ビデオテープ

びでおてーぷ

録画媒体(メディア)のひとつ。
目次[非表示]

概要

メディアとしては1950年代に誕生し、民生用(一般ユーザー向け)は1970~80年代にVHSとBetaの二大規格が覇権を争ったことから急速に広がったが、現在ではハードディスクがその任を担っている。

種類

一般的に高周波信号を扱うため磁気ヘッドの付いたドラムを斜めに高速度で回転させ、高周波信号を記録するために必要な磁気ヘッドの移動速度とテープ使用効率を高めたヘリカルスキャン方式を用いている。

U規格(U Maticなど)

初めてカセットに収められたビデオテープ。
19mm(3/4インチ)テープを使ったローディングの形がUの字に似ていることから名づけられたと言われる。
音質・画質の高さはプロに愛され、今世紀初頭までアナログデジタル含めマスターメディアとして用いられた。

VHS

12.7mmテープが約19cm幅のカートリッジに収められている。家庭用アナログビデオテープのデファクトスタンダード。ビデオカメラ用のC-VHS、高品位録画用のS-VHS、デジタル録画用のD-VHSなどの姉妹規格がある。

Betamax

通称ベータビデオ。12.6mmテープが約16cm幅のカートリッジに収められている。VHSとの壮絶な規格戦争は半ば伝説になっている。

8ミリビデオ

名前の通りの8mmテープが10cm程度の幅のカートリッジに収められている。そのサイズから主にビデオカメラ向けとして利用された。高品位録画用のHi8、デジタル録画用のDigital8といった姉妹規格がある。
かつて磁気テープではなく映像フィルムテープとしても8ミリという規格があったが、名前の由来は同じ(8mmテープ使用)。

DV

デジタル録画用。6.3mm幅テープを使用しており、用途によっていくつか異なるサイズのカートリッジが採用されている。一般的に普及したのは約6cm幅のカートリッジに収めた小型規格であるminiDV。

余談

バンダイ「撮っちゃOh!」は本体にビデオテープカットリッジを挿入する必要がなく、映像を電波で任意のビデオデッキに飛ばしてワイヤレス記録するという時代を先取りし過ぎな商品だった。アナログテレビのRF出力を使用するため、映像を記録せずそのまま監視カメラ定点カメラとしても使用可能。

外国おもちゃには音楽用カセットテープに録画・再生できるビデオカメラがあった。(ただし映像は白黒で、解像度も低い)

外部リンク

磁気テープ - Wikipedia
ワイヤレスカメラ「バンダイ 撮っちゃoh!Super」
玄関監視カメラ 撮っちゃOh

pixivに投稿された作品 pixivで「ビデオテープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19876

コメント