ピクシブ百科事典

バブルラジカセ

ばぶるらじかせ

1980年代後半~1990年代中ごろにかけて製造されていた多機能ラジカセの総称。
目次[非表示]

概要

バブルラジカセとは、1980年代後半~1990年代前半にかけて製造されていた多機能ラジカセの総称である。

特徴

本体色は黒またはグレーをしていることが多く、現行のラジカセおよびカセットデッキとは比較にならないほどの機能が盛り込まれていた。テープ再生面を自動で切り替えるオートリバースはもちろん、ノーマルテープより上等なハイポジション・メタルポジションテープ(メタルは再生のみ対応のことが多い)を使用可能、音質を切り替えるイコライザ機能、インジケーターのバックライトなどが装備されている機種が大半である。
製造された時代がバブル期ということもあり、コストを惜しまないつくりがなされていたといってもよいだろう。全盛から30年以上たとうとしている現在においても動作可能な個体が数多く存在し、愛好家による収集や修理改造などがおこなわれている。

おもなバブルラジカセ製造メーカー


関連イラスト

バブルラジカセに関するイラストを紹介してください。

関連タグ

ラジカセ カセットテープ

pixivに投稿された作品 pixivで「バブルラジカセ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10

コメント