ピクシブ百科事典

禪院真希

ぜんいんまき

禪院真希とは、少年漫画『呪術廻戦』及び、前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の登場人物である。
目次[非表示]

呪いを祓って祓って祓いまくれ!! 自信も他人もその後からついてくんだよ!!

概要

呪術高専東京校の二年生。四級呪術師。
呪術界御三家のひとつ・禪院家26代目当主・禪院直毘人の姪。
呪術高専京都校に通う禪院真依は双子の妹。

名門の出ではあるが、生まれつき呪力をほとんど持たず、術式が扱えない上に呪霊を視認することすらできない。それ故幼少期は禪院家の中でも「落ちこぼれ」扱いであり、雑用をさせられるなど虐げられてきた。しかし、あえて呪術師となって名を上げることで、禪院家を見返すために家を出て呪術高専東京校に入学した。

呪霊を視認するために特殊な眼鏡を常にかけており、戦いにおいては呪力の篭った武器である「呪具」を扱う。身体能力が非常に高く「呪具の扱いなら学生一」と伏黒恵に評される。

禪院家の妨害により肩書きは末端の四級のままであるが、二級呪霊程度なら難なく払えるほどの実力を持つ(正当なら少なくとも二級呪術師以上を名乗ることができるということ)。

プロフィール

年齢16歳
誕生日1月20日
身長170cmくらい
所属東京都立呪術専門高等学校二年
高専入学方法家系
等級四級呪術師
髪質真依と比べて直毛
趣味特技空き缶潰し
好きな食べ物ジャンクフード
嫌いな食べ物精進料理
ストレス禪院家絡みの手続き
一人称「私」
CV小松未可子


人物

男勝りで反骨精神が強く、面倒見の良い姐御肌。相手を基本的に下の名前で呼び、一年次の担任だった五条悟や、ほぼ初対面の虎杖悠仁をも下の名前で呼んでいた。
逆に、自身の出自や経験が関係しているのか、苗字で呼ばれることを嫌っており、下の名前で呼べと言っている。

呪力を持たない身で「次期当主になる」と啖呵を切って家を出たため、実家からは様々な妨害を受けているらしく、双子の妹である禪院真依からも「落ちこぼれ」呼ばわりされているが、そのような逆境も面白がって挑戦していく芯の強さを持つ。(自身曰く「性格が悪い」)

対人関係

妹の禪院真依とは幼少時は仲が良かったが、真希が出奔してからは憎まれるようになった。しかし今でも真希にとっては可愛い妹であり、また真依も実際のところは姉への思慕を捨てきれていない様子。

釘崎野薔薇のことを「パシリ」と呼んでいるがその実は非常に可愛がっており、懐かれている。

乙骨憂太を初対面時は嫌っていたが、徐々に彼の内面に触れ、打ち解けていく。(パンダが言うには「ツンデレ」)。

夏油傑に呪力を持たないことから猿と呼ばれていた。一度敗北し、瀕死の重傷を負った。

容姿

ポニーテール眼鏡を掛けている。眼鏡は呪力を持たない彼女が呪霊を見えるようにする呪具であり、1年次はリムレスの丸眼鏡、2年次はスクエアフレームのアンダーリムを着用している。
乙骨との関係を邪推したパンダの発言から察するに、スタイルは作中でも良い方に入る模様。
アニメでは髪色は緑色。

能力

戦闘スタイルは呪具を用いた近接戦。刀や大刀、短刀や暗器までもを得物とする技量は、真っ当な呪力・術式を持つ同輩を圧倒する。隙を突くために躊躇わず武器を捨てる、死角に隠れたと見せかけての奇襲など咄嗟の判断力にも長ける。格闘術のベースは中国拳法で、合気の心得もある。

真依曰く「真希は本来持って生まれたはずの術式と呪力を持たない代わりに人間離れした身体能力を得た」とのこと。呪術師における「天与呪縛」(先天的な身体の欠損や不自由と引き換えに高い呪力を持つこと)の逆であるそれは、才能が無いと見せかけて真希には天賦の才があるということを示していた。これにより飛んでくる弾丸を素手でキャッチするほど並外れた身体スペックを持つ。

ちなみに似たような「天与呪縛」に伏黒甚爾がいるが、あちらは呪力が完全に0なのに対して、真希は呪力を持たないと言っても呪術師の中での範疇で一般人並みの呪力はあり、九十九由基曰く甚爾のような存在は世界でも他に類を見ないのに対し、真希のようなケースは幾つかはあるとの事。

所有呪具

  • 眼鏡

真希は呪力を持たないためこれが無いと呪霊が見えない。
0巻で夏油との戦いで破損し付け替えた。

  • 屠坐魔(とざま)
片刃の短剣状の呪具。
真希が五条に貸したところ無断で虎杖に又貸しされた。
少年院における特級呪霊との戦闘で破壊される。

  • 游雲(ゆううん)
特級呪具で、形状は三節棍
特級呪具の中では唯一術式効果を一切持たない。
元は夏油傑が所有していた物であり、夏油に敗れた過去がある真希にとって使うのは胸糞悪いらしい。
売れば5億は下らない代物。

  • 竜骨(りゅうこつ)
刃で受けた衝撃と呪力を蓄積し使い手の意図に合わせ峰から噴出する呪具。
組屋鞣造の傑作とされている。

関連イラスト

Maki Zenin
禪院真希
無題
禪院真希



関連タグ

呪術廻戦 東京都立呪術高等専門学校
禪院真依 釘崎野薔薇 伏黒恵
乙骨憂太 狗巻棘 パンダ 五条悟 

ポニテ眼鏡

鶫誠士郎中の人繋がり









この先には単行本未収録のネタバレ情報を含みます。閲覧の際にはご注意ください





































































真希さん


「久しぶり…って訳でもねぇか」

「渋谷事変」にて漏瑚の攻撃を受けて暫く生死不明だったが、乙骨の反転術式で治療を受けたこと、天与呪縛によるフィジカルギフテッドで身についた肉体の強さが幸いし、顔や腕に火傷跡が残ったものの生存していた。
また、これを機に長かった髪をバッサリと切って短髪にしている。誰かに似てる気がするが触れないでおこう…。

同じく攻撃を受けていた直毘人は死亡したことから、九十九由基は単純な肉体強度が生死を分けたと推察している。


そんな彼女を更なる悲劇が襲う……………(リンク先 更なるネタバレ注意)

関連記事

親記事

呪術高専東京校 じゅじゅつこうせんとうきょうこう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「禪院真希」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「禪院真希」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21431893

コメント