ピクシブ百科事典

偃月刀

えんげつとう

中華版の薙刀といえる長柄武器の一種。特に『三国志演義』の関羽が操った「青龍偃月刀」が知られる。
目次[非表示]

偃月刀とは、の一種である。

概説

中華刀剣の一種で、大刀のカテゴリーに属する刀。
日本でいう薙刀に相当する武器である。

その中でも刀身が大きく長いものを、偃月(≒三日月)に見立ててこう呼ばれる。
石突にもの穂先のような小さながついており、こちらで相手を突き穿つことも可能。

刃と柄の間にの彫り物をしたものは「青龍偃月刀」とよばれ、『三国志演義』において関羽の愛刀として知られている。

関連イラスト

辰龙偃月
炎龍使い



関連タグ

武器
大刀 柳葉刀
青龍偃月刀

バルザイの偃月刀

pixivに投稿された作品 pixivで「偃月刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4322

コメント