ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

薙刀

なぎなた

日本の武器。槍のような長い柄に、刀のような長い刃を持つ。突く・斬る・払うといった多彩な動きができる大型の武器。
目次 [非表示]

薙刀(なぎなた)とは、奈良時代から平安時代にかけて誕生した、日本固有の長柄武器。

類似する武器に中国の青龍刀、欧州のグレイブなどがある。


概要

長柄武器の一種であるが、長い柄の先に反りのある刀身が付いておりある意味刀剣の亜種に近いかもしれない。類似しているもので「長巻(ながまき)」があるが、同一かははっきりせず、太刀を起源とする刀剣類に入る。


わかりやすい例ではアニメ映画もののけ姫』の劇中で、サンが持っているのが槍、ゴンザがアシタカに曲げられたのが大太刀、タタラ場の人々が手にしていたのが薙刀である。地侍武者にも長巻を使う者がいる。


かつては「長刀」と呼ばれたが、「短刀」が生まれて一般的な日本刀の「打刀」と区別するために「薙刀」へ名が変わった。


主に突くと斬るを目的に使われ、刀身は平均約30cm~60cmの長さ。身幅が細く反りの少ない静(しずか)型と、身幅が広く反りの大きい巴(ともえ)型に分かれる。


柄(拵え)は平均約90cm~180cmで刀のがあり、柄の断面は槍と違って楕円状。

最大で全長約210cm超の「大薙刀」もあり、これと比べて通常のは「小薙刀」と呼び分けられる。


歴史

日本で発生した経緯は定かではないが、9世紀半ばからに代わって使われ始めた。

長い柄の先に刀身が組まれているので離れた距離からの斬り付けを可能とし、主武器として弓が扱えない下級武士や雑兵等に広く使われた。平安末期の源平合戦には僧兵(武装僧侶)も好んで用いた。


鎌倉時代南北朝時代までは盛んで長く巨大化もしたが、南北朝時代後半になって長巻、さらにのちに戦国時代中期における戦場の主力武器となる「」が生まれ、戦国時代には火縄銃)が出現したことから下火になる。


江戸時代になると武芸となり、近代になっても女性のたしなむ武道となり、ひらがな表記の「なぎなた」となった。この歴史のため、戦う日本人女性キャラが使う主な武器と言えば薙刀、というイメージができた。


上記の通り、本来は特に女性用というわけでもなく、男性も普通に使用する武器である。むしろ「長柄の刀剣=重い」という特性上、「剛の者」が扱う力の武器である事は否定できない。


しかしながら鎗や刀に比べ、薙刀は遠心力を活かした攻撃を得意とするためあまり腕力を必要とせず、廊下や玄関などの閉所であれば女性でも攻め入る相手を撃退することも可能であった


薙刀直し

長槍や鉄砲が戦場に於ける主武装となった戦国時代から、薙刀の使用頻度は下火になっていったため、薙刀の刃を打刀として作り直した薙刀直しと呼ばれる様式が生み出されることとなった。

薙刀の刃は通常の刀に比べると刃渡りが短いので、薙刀直しは短刀小太刀のような使われ方であったと推察される。刃渡りが長い薙刀の刃は、そのまま太刀や打刀として使われたようである。

薙刀直しに使われた薙刀は名品が多く、薙刀直しは侍の間では人気のあるジャンルであった。

実際、大名家に伝えられる名刀の中にも薙刀直しは数多く見られ、ある種のブランドとして確立されていた。

その人気にあやかり、薙刀を使っていない普通の刀を薙刀直しのような形状に仕立てた”薙刀直し造り”という刀のジャンルも生まれ、多少ややこしいことになっている。


名のある薙刀

  • 日光東照宮の大薙刀
  • 但馬国法城寺派作の大薙刀
  • 銘備州長船兼光一振の大薙刀
  • 岩融
  • 蝉丸
  • 弁慶の薙刀(大三島美術館所蔵)
  • 静御前の薙刀(三条派のもの、前田家所有など複数の謂れあり)
  • 面の薙刀(備前、細川忠興所要)
  • 小林薙刀(大内左京大夫義弘の薙刀ともいわれるが、複数の同名刀あり)
  • 小屏風(佐竹氏所有)
  • 備前長船景光(宇喜多秀家所有)
  • 権藤鎮教(黒田家所有)
  • 源真守(護良親王所有)
  • 備中国住家次作の薙刀
  • 無銘伝法城寺

関連イラスト

私と最強の称号を賭けて闘え!センシティブな作品

センシティブな作品グラスワンダー


代表的使用者例

歴史


作品


  • あさひなぐ - やや珍しい「スポーツとしての薙刀」を題材にした作品

関連タグ

武器  日本刀   剣道 剣術 巨大武器

長巻 長刀 なぎなた 薙刀術 戦乙女 女剣士 僧兵 ぎなた読み

偃月刀 グレイヴ


ナギナタ:厳密には薙刀ではないもの

関連記事

親記事

日本刀 にほんとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2620010

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました