ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

小松姫

こまつひめ

小松姫とは、戦国時代の女性。天正元年(1573年)~元和6年(1620年)。
目次 [非表示]

概要

幼名は稲姫

徳川四天王が一人・本多忠勝の長女で、後に徳川家康秀忠?)の養女となる。

天正年間に真田信之に嫁いだ。


関ヶ原の戦いが勃発した際、夫・信之は東軍に、義父・真田昌幸と義弟・信繁幸村)は西軍にそれぞれ味方し敵対することとなる。昌幸が行軍途中、これが最後になるかもしれないからと孫の顔を見るべく信之の居城・沼田城に寄ろうとした時には、自ら武装して出迎え「例え義父であっても今は敵味方の間柄。主人の留守を預かる者として城の中には入れられませぬ」とこれを拒んだ。

昌幸も「流石は本多忠勝の娘だ。武士の妻女たる者ああでなければならん」と、城に入る事を諦め、近くの寺で休息をとることにしたが、そこに小松姫が子供を連れて訪ねてくると、護衛という名目で連れてきた兵たちを周囲の見張りに回し、祖父と孫の団欒の時間をこしらえたという。


その後も、関ヶ原の戦いで西軍が敗れ、昌幸・信繁親子は西軍に味方したとして九度山に謹慎されるが、彼女は家の倹約に努めながら義父と義弟に仕送りをしながら、夫を支え続けた。その夫婦仲は極めて良好であり、病により彼女が亡くなった時、信之は「我が家から光が消えた」と大いに悲しんだという。


こういった逸話などから戦国における女傑の一人に数えられ、良妻賢母としても誉れ高い。

pixivではとくに創作戦国における彼女のイラストが大半を占め、幼名の「稲姫」や「小松」のタグが使用される場合が多い。


創作

戦国無双

小松殿


戦国BASARA

小松姫(戦国BASARA)


真田丸NHK大河ドラマ

小松姫(稲)


演:吉田羊


本作では「稲」と呼ばれている。


家康が真田征伐に乗り出すことを告げた際には、自分も出陣すると言い出すなど、美しい容姿と父親譲りの勇猛さを併せ持った女性として描かれている。

なお、父:忠勝も娘のことを溺愛している


史実では、信之とは非常に仲むずまじかったことで有名な稲姫だが、作中では信之に対して中々心を開こうとしていない。


殿といっしょ

殿といっしょ。

CV:小林ゆう

作中ではほぼ一貫して小松殿と呼称される。

「困った時にはとりあえずぶん殴れ」が家訓の本多一族の血を引き継ぎまくった烈女。常日頃からスケバンのような口調であり、夫である信之を完全に尻に敷いている。その鬼嫁ぶりは周囲から信之の情報を幾ら集めても、「嫁さんがめっちゃ怖い」以外出て来ないほどである。

!!?

常になぎなたを携えており短気でおっかない人物であるが、自身を「本多忠勝の娘」ではなく一人の「女性」として敬意を抱いている夫に対してはツンデレな所がある。そのため、夫をイビる秀忠に対しては物理的なお話をかますこともあり、秀忠の正室・お江からは恐怖の対象である。


BRAVE10S

実父とは似ても似つかない小柄な女性。勇猛果敢であるが頭が固く、アナのお色気ぶりに辟易している。


真田魂

父親と同じささくれだった眉毛が特徴的なツリ目の女性。平安時代の女武将巴御前を思わせる外見をしており、「姫」ではなく「武将」(!!)なので常時甲冑を着ている恐るべき女傑。

信之との見合いの際にはリアルファイトを申し込み、つい本気を出してしまった信之にKO負けを喰らう(つまりは本気にならないと到底勝てなかったということ)が、その胆力に敬服し終生伴をすることを誓った。

本人は自分の色気の無さをコンプレックスに思っているが、信之曰く「鎧の無い女性としての姿が非常に魅力的」とのこと。


どうする家康

演:鳴海唯


関連イラスト

センシティブな作品小松姫【仕事絵】上州真田武将隊 広報用イラスト・小松姫仕事絵【小松姫プロジェクト】小松姫小松姫センシティブな作品


関連タグ

日本史 戦国時代 稲姫

真田信之 真田夫婦 本多忠勝 徳川家康 真田昌幸 真田幸村

戦国無双 殿といっしょ 真田丸(大河ドラマ)

関連記事

親記事

真田信之 さなだのぶゆき

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 199672

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました