2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

徳川四天王

とくがわしてんのう

戦国時代~江戸時代初期の間に、徳川家康へ仕え活躍した重臣四人(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)のこと。

概要

戦国時代江戸時代初期に戦国武将江戸幕府初代将軍の徳川家康に仕えた、重臣の武将4名を仏教四天王に例えた総称である。

  • 徳川家臣の最古参で四天王筆頭、酒井忠次

葵武将隊・酒井 忠次


  • 天下無双と言われた無傷の猛将、本多忠勝

本多忠勝/旭日


榊原康政


井伊直政【今川家】



 三河独立(清洲同盟)から関ヶ原の戦いまでに特に活躍した忠勝康政直政の3人を、徳川三傑と呼ぶ場合もある。
 家康晩年、とはいっても家康は晩年が殊の外、長いので何とも言い難いモノもあるが(寧ろ晩年が本番という意見もある)、兎にも角にも関ヶ原の戦い前後から大阪の役に至るまでは戦場指揮官よりも政治ブレーンが求められた為、政治も出来た井伊直政以外の二名はやや家康から遠ざけらる傾向にあった。代わって本多正信大久保忠隣といったメンバーが台頭するようになるが、井伊直政は子孫も政治が出来た為、井伊直孝の代に35万石まで加増される。
 席次を知る上で重要となる関東移封時の拝領は以下の通り(唯、酒井忠次家康の父である松平広忠と同世代で、関東移封時には既に隠居の身であった事から例外と考えて頂きたい)。
 一方で新説として、豊臣政権との対立を教訓に敢えて勇名を轟かせる四天王たちを関ヶ原周域を中心に配置することで、新たな反乱の芽を迅速に積み取れるよう彼らが睨みを効かせていたともされる。

氏名江戸移封時幕府開闢時大政奉還
酒井家次(忠次の子)下総臼井3万石上野高崎5万石出羽庄内14万石(後戊辰戦争により12万石へ減封)
本多忠勝上総大多喜10万石伊勢桑名10万石三河岡﨑5万石
榊原康政上野館林10万石越後高田15万石
井伊直政上野高崎12万石近江佐和山18万石近江彦根23万石

関連タグ

戦国時代 江戸時代 戦国武将 徳川家康 四天王
酒井忠次 本多忠勝 榊原康政 井伊直政

関連記事

親記事

複数名で語られる武将 ふくすうめいでかたられるぶしょう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87254

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました