ピクシブ百科事典

徳川四天王

とくがわしてんのう

戦国時代~江戸時代初期の間に、徳川家康へ仕え活躍した重臣四人(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)のこと。

概要

戦国時代江戸時代初期に戦国武将江戸幕府初代将軍の徳川家康に仕えた、重臣の武将4名を仏教四天王に例えた総称である。

  • 徳川家臣の最古参で四天王筆頭、酒井忠次

葵武将隊・酒井 忠次


  • 天下無双と言われた無傷の猛将、本多忠勝

本多忠勝/旭日



井伊直政【今川家】




 三河独立(清洲同盟)から関ヶ原の戦いまでに特に活躍した忠勝康政直政の3人を、徳川三傑と呼ぶ場合もある。
 家康晩年、とはいっても家康は晩年が殊の外、長いので何とも言い難いモノもあるが(寧ろ晩年が本番という意見もある)、兎にも角にも関ヶ原の戦い前後から大阪の役に至るまでは戦場指揮官よりも政治ブレーンが求められた為、政治も出来た井伊直政以外の二名はやや家康から遠ざけらる傾向にあった。代わって本多正信大久保忠隣といったメンバーが台頭するようになるが、井伊直政は子孫も政治が出来た為、井伊直孝の代に35万石まで加増される。
 席次を知る上で重要となる関東移封時の拝領は以下の通り(唯、酒井忠次家康の父である松平広忠と同世代で、関東移封時には既に隠居の身であった事から例外と考えて頂きたい)。

氏名領地石高
酒井家次酒井忠次の子)下総臼井3万石
本多忠勝上総大多喜10万石
榊原康政上野館林10万石
井伊直政上野高崎12万石

関連タグ

戦国時代 江戸時代 戦国武将 徳川家康 四天王
酒井忠次 本多忠勝 榊原康政 井伊直政

pixivに投稿された作品 pixivで「徳川四天王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37686

コメント