ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

榊原康政

さかきばらやすまさ

榊原康政(1548~1606)とは、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。徳川氏の家臣として知られる。
目次 [非表示]

概要

徳川家家臣。上野国館林藩初代藩主。

徳川四天王徳川三傑の一人として数えられる。


父は榊原長政。母は道家氏。兄に榊原清政。

正室は大須賀康高娘、側室は花房氏。

息子は大須賀忠政、榊原忠長、榊原康勝。娘は酒井忠世室、池田利隆室(鶴姫)。


生涯

天文17年(1548年)三河国上野(愛知県豊田市上郷)に生まれる。幼名は於亀。

榊原氏は祖父の榊原清長の代に、伊勢国一志郡榊原より三河に移ったといわれる。


幼少時に勉学のため松平家の菩提寺である大樹寺に入り、そこで軍学などをおさめた。


永禄3年(1560年)、桶狭間の戦い直後に大樹寺において松平元康(後の徳川家康)に見出され、小姓となる。翌年に父・長政が死去し、叔父(父の弟)である榊原一徳の養子となり「小平太」と名乗る。


永禄6年(1563年)に起こった三河一向一揆鎮圧で初陣を飾る。この時の武功を賞され、家康から「康」の字を与えられた。永禄9年(1566年)、19歳で元服。本多忠勝とともに旗本先手役となる。以後、主君・家康の側に常にあり、数々の戦いで戦功を立てた。姉川の戦いの活躍、小牧・長久手の戦いでの檄文が有名。


天正7年(1579年)、兄・榊原清政が蟄居すると、榊原家の家督を継いだ。

なお、兄・清政が蟄居した理由として、敵勢との内通の嫌疑により切腹した家康の長男・松平信康の傅役であったため、清政が病弱であったためなど様々な説が存在する。


天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは、敵方・羽柴秀次軍を壊滅させ、森長可池田恒興といった名立たる将を討ち死にさせる活躍を見せる。

また、この戦いの前後に康政は、羽柴秀吉が信長亡き後の織田家を乗っ取ろうとしていることを非難した檄文を公表し、これに激怒した秀吉は「康政の首を獲った者には十万石を与える」という触れまで出したという。後に両者は和解しており、関白となった秀吉から豊臣姓が下賜されたとも。


天正18年(1590年)、徳川家の関東移封にともない関東総奉行となり、上野国館林城に入った。

家康の三男・徳川秀忠の補佐を任される。


慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、徳川本隊である秀忠軍の軍艦となり中仙道を進む。関ヶ原に間に合わずに激怒した家康の元に赴き、謝罪と説得をした。


慶長11年5月14日(1606年6月19日)、館林において死去。享年59歳。

家督は三男の康勝が継いだ。


人物

  • 幼い頃から書を好み、能筆家であったとされる(文字が読めないというのは、司馬遼太郎による創作である)。また政治手腕にも優れ、中でも上杉謙信との外交戦略は、彼が中核を担っていたと言われる。
  • 同い年であり、同じく四天王(三傑)の一人に数えられる本多忠勝とは親友であったと伝わる。豊臣秀吉や秀吉子飼いの武将を主人公にした創作においては忠勝とペアで家康重臣として登場することが多い。史実では忠勝の曾孫が外孫の池田光政の正室となって血脈を繋ぎ、多くの大名や公家に血を伝えた一方で忠勝同様に男系の血脈がつながらず断絶の危機に何度も遭遇した。
  • 一方で、忠勝と同姓の本多正信のことは快く思っておらず「腸の腐った奴」と称したとも。
  • 後年、同じく四天王(三傑)の一人・井伊直政とも親密となり、親族のように付き合ったと榊原家伝にある。
  • 加藤清正とも親しく付き合っており、朝鮮出兵の折に清正が康政の武功にあやかるためと馬印を借りている。また、清正の娘・あま姫は康政の三男・康勝に嫁いでいる。

関連タグ

徳川家康

徳川四天王 本多忠勝 井伊直政 酒井忠次

榊原清政


創作

殿といっしょ

徳川四天王の一人…なのだが常に気の抜けたような顔をしており、覇気が全く無い。武勇に優れるらしいが、相手を煽り立てて自滅させることに特化しており(同作で同じく煽り屋扱いされている真田昌幸がわざとやっているのに対し、康政の場合は一挙一足全てが煽り・侮りに直結している)、何もしていないのに野生動物を激怒させて襲われるほど。

そのムカつくキャラから同僚からも常に恨まれており、「間違っても信長様には会わせられない」と言わしめている。ただし我慢大好きな家康からは重宝されている模様(勿論上官である家康もお構いなしにナメ切っているのは書くまでも無い)。


軍師黒田官兵衛伝

徳川四天王の中でも最強の指揮能力を有する男。まるで活字のような達筆ぶりを誇り、口下手だが筆談にするとメチャクチャ態度がでかくなる。


おんな城主直虎

演:尾美としのり

ドラマの中盤から登場。四天王の中では最も家康に近しい側近的な存在で、常に傍らに控えて献策や助言を行っている。また、主君の身の回りを世話する小姓たちのまとめ役でもある。

冷静沈着かつ規律に厳格な人物で、他の家臣たちの言動を諌めたり叱咤する場面が多い。また、徳川の調和や安全を揺るがすような事態には特に神経を尖らせており、何らかの失態を犯した者はたとえそれが自分よりも年長かつ最古参の家臣である忠次であっても厳しい目を向ける。

その一方で、豪放で親しみやすい性格だが短気な所がある忠勝とは互いの足りない点を補い合う同僚兼友人のような間柄で、砕けた口調で会話する場面がある。

小姓として家康に仕える事になった万千代(直政)に対しては、当初はその出世欲の強さや頑固な性格を警戒して厳しく指導していたが、次第に実力を認め信頼するようになっていく。


尚、脚本を担当した森下氏は康政ら徳川勢についてもっと描きたかったらしく、ドラマ放送終了後に行われたラジオ座談会にて、描いてみたい本作のスピンオフドラマのタイトルを「榊原康政の憂鬱」と語っている。各回のサブタイトルを他作品のパロディ・オマージュで統一した本編に倣っての命名で、元ネタは言うまでもなくあのシリーズである。


どうする家康

演:杉野遥亮

ドラマの冒頭から登場。桶狭間の敗戦で大樹寺に避難してきた元康と出会った縁で仕官し、忠勝と共に家臣団の次世代メンバーとして成長していく姿が描かれる。

武家の次男坊で放任されて育ったという生い立ちの影響からどこか飄々とした言動が多いが、しがらみに囚われず物事を広い視野で見据える柔軟な思考を持っている。

また、出世意欲も高く積極的に自分を周りに売り込み、戦では自ら敵陣に斬り込んで行く勇敢さも見せつける。

同い年ながら格上の家柄である忠勝に対しては親近感と同時にライバル心を抱いており、乗り越えたいという思いから自ら接近し友人となる。当の忠勝からは最初の内こそ足手まといになると若干煙たがられていたが、行動を共にする中で次第に互いを認め切磋琢磨し合う相方となっていく。視聴者からは二人の通称を取って「平平コンビ」などと呼ばれている。

尚、仕官時の家格の差は装備品にも現れており、防具が最初から一通り揃っていて見栄えもそこそこあった忠勝に対して、康政のそれは古びた鎧から使えそうなパーツを寄せ集めて自作した粗末な代物(通称ちぎれ具足)で、サイズが合わないのは勿論、本来装着する部位と異なる箇所(面頬→肩当て、袖→草摺、喉輪→胸当)に流用しているという極めてちぐはぐな姿だった。友人が用意してくれた中古の甲冑を着て初陣に臨んだという逸話を基にしたと思われるが、忠勝と並んだ時の格差を見た視聴者からは課金勢と無課金勢とネタにされた

康政に限らず本作の序盤における徳川家臣や三河武士は弱小勢力故に着ている鎧も使い古された粗悪な状態で、欠損した部位を新調できず藁束等で補強するなど、窮乏ぶりをうかがえるような演出がなされている。鎧の品質は物語が進み徳川の勢力が拡大するのに合わせて次第に向上し、飾りや陣羽織が付くなど豪華になっていくが、康政はそれが最も顕著なキャラと言える。

関連記事

親記事

徳川十六神将 とくがわじゅうろくしんしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 484443

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました