ピクシブ百科事典

真田昌幸

さなだまさゆき

戦国時代~江戸時代初期の武将、大名。真田幸隆の三男。武田家家臣の時代から信州上田を拠点としており、「表裏比興の者」の名でも知られた。徳川軍に対して2度の勝利を収めた人物。
目次[非表示]

生年……天文16年(1547年)
没年……慶長16年6月4日(1611年7月13日)

概要

父親は武田信玄に仕え、「攻め弾正」という異名を持った謀将・真田幸隆で、自らも信玄に近習として仕える。初めは信玄の母方の一族・大井氏の支族である武藤氏の養子となって「武藤喜兵衛」と称し、足軽大将等を務めた。しかし、長篠の戦いで長兄の真田信綱、次兄の真田昌輝が戦没したのを切っ掛けに真田家に復帰して家督を継ぎ、名を「昌幸」に改めた。

武田家滅亡後は信州上田の独立勢力として織田、徳川、北条、上杉の勢力の中で幾度となく主を変えつつも、その勢力維持につとめた。
現在の地図を見てもわかるとおり、信濃長野県)は越後(新潟県)、甲斐(山梨県)、駿河(静岡県)、三河遠江(愛知県)、美濃(岐阜県)などに囲まれている要所であり、当時でも前述の有力大名に囲まれており、絶えず勢力争いが起きていた。ゆえに真田家でなくても信州を領地にする豪族、大名は時と状況に応じて主を代えていた、またそうしなければ生き残れず簡単に滅亡していた。

徳川家康と対峙した際に上田城を包囲する7000もの徳川軍をその6分の1に当たる、わずか1200人の手勢で退けたことで、その名を轟かせることになる(第一次上田合戦)。


ちなみに、上田合戦の際、徳川の大軍が迫りくる中、城内にて余裕の表情で碁を打っていたという逸話はファンの間では有名である。

その後は秀吉に臣従。真田家が歴史的に重要な役割を果たすのは、秀吉による北条家小田原攻めのきっかけとなった、当時真田領であった上野・名胡桃城を北条家が乗っ取った事件である。これにより、北条攻めの口実をつかんだ秀吉は20万の大軍で小田原を攻めることになり、結果、関東北条家は滅亡している。

関ヶ原の合戦においても、長子信之が家康側につき、自身は次子:信繁と共に石田三成側につき、再度徳川軍(この時の大将は徳川秀忠)の大軍と対峙、ついに敗れることなく徳川秀忠軍を関ヶ原の合戦に遅参させた(第二次上田合戦。この時、徳川秀忠軍は38000で、対する真田昌幸の軍勢はその10分の1である3500だった)。しかし関ヶ原の本戦自体は1日で終わり家康側の勝利に終わっている。

「上田軍記」に拠れば、関ヶ原の合戦後、家康は、真田昌幸と信繁は死罪、真田氏の所領である信濃上田を没収という裁決を下すはずであったが、家康側に属した長子の信之、及び信之の舅である本多忠勝の必死の助命嘆願により赦免が認められ、信州上田領は信之に譲渡、及び昌幸と次子は高野山の麓である九度山(当初は高野山に配流であったが、共に流された次子の方が妻を伴っていた為、高野山の「女人禁制」の規則を配慮して麓の九度山に変更したという)に配流され、そこで国許にいる信之の援助を受けつつ「真田庵(善名称院)」で暮らした、普通の流人よりはかなり厚遇されていたようである。
昌幸の生活費に関しては国許の信之、関係の深かった蓮華定院、和歌山藩主の浅野幸長からの援助で賄った。しかし生活費に困窮し、国許の信之に援助金を催促するため10年余の間に20余通の書状を出している。このことからも、昌幸が上田を去った後も、信之との関係が疎遠にならず、親密な仲を維持していた事が伺える。また国許の家臣との関係も親密で、家臣が昌幸を頼って九度山に逃れてきた事もある。

また配流当初には信之を通して赦免運動を展開し、その間に昌幸は赦免して復帰を願うものの、最晩年の昌幸は病気がちだった。信之宛の書状では信之の病気平癒の祝言を述べると共に自らも患っている事を伝えている。また書状では「此の方別儀なく候、御心安くべく候、但し此の一両年は年積もり候故、気根草臥れ候、万事此の方の儀察しあるべく候」とあり、さらに「大草臥」と繰り返しており、配流生活は年老いた昌幸を苦しめたようである、大坂の陣が起こる直前に死去した。享年65。

死後、信繁が大坂の陣に際し、大坂に入城した際は、昌幸はすでに亡くなっていたにも関わらず、家康が思わず「親(昌幸)の方か、子の方か」と体を震わして問いただしたほどで、子の方だと聞いて安堵したというエピソードが伝わっている。これは創作であり史実には無いが、いかに昌幸が家康に恐れられたかが知られていた証左でもある。

なお、侮った家康がこの「」によって、その後どのような目に合うかは、広く知られる所である。

人物・逸話


表裏比興の者

昌幸を「表裏比興の者」と評した文書がある。これは天正14年(1586年)の上杉景勝の上洛を秀吉が労う内容の文書で、同日付で豊臣家奉行の石田三成・増田長盛が景勝へ宛てている添書条に記されている。

  • これは家康上洛に際して家康と敵対していた昌幸の扱いが問題となり、家康の真田攻めで景勝が昌幸を後援することを禁じた際の表現で「比興」は現在では「卑怯」の当て字で用いられる言葉だが「くわせもの」あるいは「老獪」といった意味で使われ、武将としては褒め言葉である。
  • これは地方の小勢力に過ぎない昌幸が、周囲の大勢力間を渡り歩きながら勢力を拡大させていった手腕(知謀・策略)と場合によっては大勢力との衝突(徳川との上田合戦等)も辞さない手強さ(武勇)を合わせて評したものである。実際、昌幸を「比興の者」と評したと目される三成は、真田家と縁を結んでいる。

知略・統率力

昌幸は現代の歴史小説において「謀略家」「謀将」として描かれる傾向が非常に根強い。誤りとまではいわないが、この従来の人物像の基礎になっているのは江戸時代中期の享保16年(1731年)に成立した松代藩士・竹内軌定の『真武内伝』である。

  • そのため、確実な一次史料の存在が乏しく、昌幸の人物像や個性に関しては不明な点も少なくない。文人としての知識や興味は乏しかったためかどうかは不明だが、昌幸の著作や詩歌に関連する物は皆無の状態である。
  • 『真武内伝』が信頼できるかどうかには疑問も持たれているが、これから昌幸の人物像を紹介すると、「昌幸卒去」の項に死に臨んで信繁に対し、昌幸は九度山幽閉中に家康が近い将来豊臣氏を滅ぼすことを予期していたと言われ、その際には青野ヶ原(大垣市を中心とする西美濃一帯・関ヶ原とほぼ同地点)で徳川軍を迎撃する策などを画し、徳川軍が攻めてくれば巧妙に撤退しながら隙を見ては反撃し、最後は瀬田の唐橋を落として守り、多くの大名を味方に付けるように策す事を遺言したとされる。
  • ただこの作戦は寡兵で多勢の敵軍に何度も勝利した楠木正成が採用した策略や陽動作戦そのものであり、昌幸が死に臨んで披露したかどうかには疑問をもたれている。
  • 昌幸の策略は常に少数の味方で大兵力を抱える敵を破る事にあった。『真武内伝』では「古今の英雄で、武略は孫子呉子の深奥を究め、寡をもって衆を制し、神川の軍前には碁を囲んで強敵といえどもものともせず、その勇は雷霆にも動じない」と評している。
  • 同書によると昌幸は策略において常に楠木正成を手本にしていたとされている。また策略だけではなく、家臣や領民を糾合して大敵に当たった昌幸の統率力は高く評価されている。

武田信玄に対する忠義・敬愛

昌幸は最初の主君である武田信玄を生涯において敬愛し、絶対の忠誠を誓っていた。

  • 天正13年(1585年)12月に昌幸は信玄の墓所を自領である真田郷内に再興しようとした。
  • また『真武内伝』によると昌幸は信玄に幼少期から仕え、信玄全盛期の軍略や外交を見て模範にしていたとされる。
  • 同書によると、秀吉と昌幸が碁を打っていた際、秀吉が「信玄は身構えばかりする人だった」と評した。それに対して昌幸は「信玄公は敵を攻めて多くの城を取ったが、合戦に手を取る事なくして勝ちを取ったもので、敵に押しつけをした事は一度もない」と答えたと伝わる。

豊臣秀吉に対する恩顧

昌幸は大名となる過程で秀吉の支援を受けていたため、秀吉に対して一定の恩顧心があったとされる。

筆まめ

昌幸は非常に筆まめだった。

  • 大名時代から信之、家臣の河原氏などに対する書状が確認され、流人時代には信之や近臣に頻繁に書状を送っている。
  • 流人時代には彼らから生活の援助を受けており答礼を記したものもあるが、書状の中では旧主として振る舞っているようにも見られ、昌幸の芯の強さが伺える。
  • 一方で昌幸は我が子を愛しており、死去する1か月前には信之に何としても会いたいという気持ちを吐露する書状を送った。

関ヶ原

徳川秀忠が西軍についた真田昌幸の篭る上田城に前進を阻まれていた時、秀忠は冠が岳にいる先陣の石川玄蕃、日根野徳太郎に連絡する必要に迫られ、島田兵四郎という者を伝令として出した。

  • 兵四郎は地理がよくわからなかったうえ、上田城を避けて迂回していたのでは時間がかかりすぎると思い、なんと上田城の大手門前に堂々と馬を走らせ、城の番兵に向かって「私は江戸中納言(=秀忠)の家来の島田兵四郎という者。君命を帯びて、我が先陣の冠が岳まで連絡にいくところです。急ぎますので、どうか城内を通してくだされ」と叫んだ。味方に連絡するために、現在交戦中の敵城を通してくれ、というのだから、とんでもない話である。番兵たちもあまりのことに仰天してしまい、真田昌幸に報告すると、「なんと肝っ玉の太い武士だろう。通してやらねばこちらの料簡の狭さになる。門を開けてやれ」と門を開けるように指示した。「かたじけない」と城内を駆け抜け裏門を抜ける際、島田兵四郎はちゃっかりと「帰りももう一度来ますので、また通してくだされ」と言った。
  • その言葉通り、再び島田兵四郎が帰りに城に立ち寄った時、真田昌幸はいたく感服し、兵四郎に会い、「そなたは城内を通過したので、我が城内の様子を見ただろう。しかし様々な備えはあれど、それは城の本当の守りではない。真の守りは、城の大将の心の中にあるのだ」と、自ら直々に案内して城内を詳しく見せてやり、その後門を開けて帰してやったという。

墓所

昌幸の葬儀に関しては不明である。

  • 死後、遺体は九度山に付き従った河野清右衛門らによって火葬にされ、慶長17年(1612年)8月に分骨を上田に運んだという。墓所は長野市松代町松代の真田山長国寺で、上田(長野県上田市)の真田家廟所である真田山長谷寺に納骨された経緯が記されている。
  • また九度山(和歌山県伊都郡九度山町)の真田庵にも法塔が造立され昌幸墓所とされており、後に尼寺である佉(人偏に「去」)羅陀山善名称院が開かれている。別称の真田庵というのは、大安が建立した善名称院の事で、いつの頃からか、後世に真田庵と呼ばれるようになった。

徳川家を恐れさせた存在

昌幸の死後、信之はその葬儀に関して家康の側近である本多正信に尋ねた。それに対して正信は昌幸は重罪人であるから幕府の意向を確かめてから対応するようにと忠告している。死してなお、昌幸は容易に許されなかったのである。

徳川家康は大坂冬の陣で真田が大坂城に入城した知らせを受けると「親の方か?子の方か?」と訊ねたと言われる。これは「謀将」昌幸の病死を家康を始め当時の武将達が半ば疑っていたことを示唆している。また、その時家康の手は震えていたと伝えられ、家康がそれだけ昌幸に恐怖していたとされる。実際は昌幸ではなく、当時は無名の信繁と知って安堵したとも伝わる。

家康とは相容れぬ関係にあり、反骨精神が旺盛であった。家名存続のために嫡男・信幸(信之)を送り込んでいるが、一定の距離は保った。これは武田信玄の時代から家康と敵対関係にあったためではないかとされる。自領の周囲が家康の脅威にさらされていたにも関わらずこれと敵対し、家康が出陣していないとはいえ2度の上田合戦で勝利した事からも、昌幸の自負心の高さが伺える。

評価

武田信玄にして「我が眼がごとく」と言わしめ、徳川の大軍を2度にわたって敗走させるなど、この時代きっての武将であるのは間違いない。ただし、武田家滅亡以降(真田家の維持のために止むを得なかったとはいえ)→織田信長(本能寺の変により死亡) →北条氏直(戦に助成するも直ぐに別離)→徳川家康(沼田領地の没収命令に憤慨して裏切る)→上杉景勝(徳川と戦する為に助成を求め同盟)→豊臣秀吉(天下統一により上杉家と共に臣下の礼をとる)、5度にわたって主家を変えたことから、秀吉からは「表裏比興の者」(老獪な奴の意)、家康からは「稀代の横着者」(狡猾な奴の意)、といったとの評価をされ、『三河後風土記』には「生得危険な姦人」(腹黒く悪賢い人物)と記録されている。松永久秀などと同様、武将として恐れられていても信用が全くない人物ともされていた。それでも現在において昌幸の人格的評価がそれほど悪くないのは、息子:幸村(信繁)が圧倒的な人気をほこり、創作作品などでは幸村の師匠のように扱われてるためでもある。

やもすれば、その信繁の影に隠れつつもあるが、大坂の陣が始まるまでは真田と言えば昌幸・信之のことであり、当時、信繁は無名の扱いをされていた。江戸時代260年続いた真田家を作り上げたのはまさしく昌幸の功績なのである。

余談に近いが、九度山に配流されてた時、生活のため編んでいた紐が「真田紐」と呼ばれるようになり、寄生虫「サナダムシ」がこれに似ていたことから語源となったとされるが、一説にはサナダムシに悩まされた家康が「真田は虫になってまでもこのわしを苦しめる!!」と嘆き、腹立ち紛れにつけたともされ、家康の真田アレルギーの大きさを物語っている。

創作作品

武田信玄絡みの作品で登場の多い父・幸隆や、単独で物語の主人公にもなりえる息子信繁(幸村)に比べて、昌幸の出番は少なく、幸村が出て昌幸が出ないことはあっても、昌幸が出る作品で幸村が出ないことはまずない。

信長の野望」などの戦国SLGではほぼ皆勤。
能力値は幸隆や幸村に劣らず非常に高く、真田家が独立している場合の当主はほとんどが昌幸となっている。

戦国大戦

CV 小野大輔(1570)、中村悠一(1590以降)
「1570 魔王上洛す」「1590 葵、関八州に起つ」「1600 関ヶ原 序の布石、葵打つ」「1477-1615 日ノ本一統への軍記」にて計4枚が登場。レアリティは全てSRという破格の扱い。

所属は1590までは武田家、1600以降は真田家が追加されたので真田家に所属。

戦国無双

武器 刀 CV 江川央生(1)、高塚正也(2)、藤本たかひろ(3)

戦国無双シリーズ全編において、モブキャラクターながら重要な立ち位置や活躍が描かれており、上田城の戦いではその謀将ぶりを遺憾なく発揮している。信玄の家臣時代の活躍は、息子の信之・幸村が代わりに担っている形であり、あまり登場しない。
また戦国無双2の、戦国図鑑では稲姫の関連物に彼の甲冑があった。

戦国無双~真田丸~

武器 旗付き槍 CV 三宅健太
詳細⇒真田昌幸(戦国無双)

100万人の戦国無双

いい父子の日!


こちらでは、今作オリジナルデザインで登場。赤い着物に采配を持ち、飄々とした人物に描かれている。

戦国BASARA真田幸村伝

声:大塚芳忠
詳細は真田昌幸(戦国BASARA)

真田丸

演:草刈正雄

第6話の父ちゃんもホントしびれた


本作の主人公は信繁であるが、信繁およびその兄である信之が成人するまでは真田の滅亡を防ぐべく諸国の大名たちとのコネ作りや駆け引きに奔走する等、信繁に勝るとも劣らない活躍する。ある意味、中盤までにおけるもう一人の主人公とも言うべき存在(もっとも、上で書かれているように信繁の名が広く知れ渡るようになったのは大阪の陣であり、それまでは真田=昌幸・信之という認識で信繁は殆ど無名の存在であったため、ある意味史実通りの展開と言える)。

信濃の国衆たちを取りまとめる存在でもあるが、史実において「表裏比興の者」と称されていたような掴みどころの無さ故に、彼に対して不信感を抱いている者も多い。特に室賀正武とは犬猿の仲で、上杉家へ送るはずだった書状を奪われて信長に密告され、危うく蹴落とされかける描写もあった(もっとも、昌幸にとってはそれすらも想定の範囲内のことだった)。

DEATH LETTER


基本的にどこか飄々とした茶目っ気のある人物として描写されているが、一方で武田家家臣として権謀術数渦巻く戦国の世を生き抜いてきただけあって根はシビアなリアリストであり、北条・上杉の双方を信濃から撤退させる策のために春日信達を利用した挙句謀殺したり、信繁とお梅の祝言を利用して室賀正武を暗殺するなど、目的の為には手段を選ばない黒い一面を見せたこともある。ただ、前者に関しては、息子:信繁に畏れを抱かれることになると同時に、「なるべく犠牲を出さずに戦を進める」という信念を抱かせるきっかけともなり、息子の成長を促す要因の1つとなっている。

余談だが、手に胡桃を握っていることが多い。これは「真田太平記」で草刈氏が真田幸村を演じたおり、父・昌幸を演じた丹波哲郎氏が同じことをして策を練っていたところから、丹波氏の演技を真似たと語っている。
また、動物の毛皮で作られた羽織を着ていることが多く、ワイルドでお洒落だと視聴者から評されたことも。

これら、「昌幸ロス」含めた彼の大人気ぶりから、とうとうピクシブで単独記事が出来ている。
真田昌幸(真田丸)

殿といっしょ

真田昌幸さん。


CV:伊藤健太郎
他人をおちょくることに長け、次男・幸村と組んで徳川方をイジり倒しているバカ親父。生き残るためなら手段を択ばず、嫡男である信之の悩みの種である。お得意の人心掌握を活かした外交戦術に長けているが、信之に説明する時にはなぜか真田家を美少女「サナ」に擬人化し、乙女ゲーム風の寸劇を挟む。
変装が得意(ただし信之にはすぐバレる)で、レパートリーも異常に豊富。探偵に化けた時のコードネームは「のぼりばしごのマサ」

真田魂

昌幸様と山手様

(左端)
本作の主人公。『信長の忍び』三方ヶ原編に登場する真田兄弟の弟。
武田信玄の「眼」と呼ばれていたことを誇張したキャラ付けがなされており、人物や世相を見抜く力に加え、縁側から庭木に止まったを見るなど「視力」もずば抜けて高い(そのため、浅間山噴火の際には人一倍苦しめられていた)。
公私混同せず冷静に物事を見ることのできるクレバーな人物だが、スネると下駄を投げて怒る。下駄投げに関してはやけに年期が入っており、飛んでいるを落とせるほどの精度を誇る。
妻を「離れ離れになったら敷布団にお前の絵を描いて持って行く」と本気で言い放つほど溺愛しており、かなりスケベでもある。


関連項目

武田信玄 真田幸隆 真田信之 真田信繁 徳川家康 徳川秀忠 豊臣秀吉 戦国大戦 信長の野望

pixivに投稿された作品 pixivで「真田昌幸」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 397575

コメント