ピクシブ百科事典

表裏比興の者

ひょうりひきょうのもの

表裏比興の者とは、戦国武将の真田昌幸が、豊臣秀吉から称された異名である。
目次[非表示]

日本戦国時代(安土桃山時代)における、大名武将である真田昌幸の異名であり、豊臣秀吉が彼の優れた謀略軍略家ぶりを称して付けたものである。

詳細

これについて、「比興」とは文字通り卑怯という意味も含む多くの意味を持つ言葉であり、「表裏」は仕えたふりをして次々と裏切っては主君を変えてきた経緯から、『老獪な食わせ者』(「食わせ者」は「一杯食わせる」などからできたもの)といった意味で付けられたもので、その才覚を褒めているような、嘲っているような、微妙なニュアンスが込められている。

しかし、これは主家である武田家を失い、その上に周囲を徳川家北条家上杉家といった強大な勢力に挟まれている状態で、小豪族の真田家が滅びずに生き残るためには、情勢の急激な変化に上手く対応しなければならなかった為であり、むしろ世渡り上手と賞賛されるべき意味合いを含んでいるとされている。

更に昌幸はそれだけでなく、日本の戦国時代を代表する策謀家でもあり、となればその知略を遺憾なく発揮し、第一次・第二次の上田城の戦いでは、徳川家康やその息子秀忠の率いた大軍を、僅かな兵力で撃退してしまった伝説はよく知られている通りである。家康は彼を「稀代の横着者」(狡猾な奴の意)と嫌忌し、三河後風土記では「生得危険な姦人」(腹黒く悪賢い人物)と畏怖していた。
徳川家にとって昌幸は、まさに煮ても焼いても食えない一筋縄ではいかない男であったのである。

秀吉が昌幸をこの異名で称したのは、そんな彼の「鬼謀」(常人の思いも及ばないうまい計略)ぶりから付けられた称賛のものとみて間違いないとされる。

戦国時代の人物の主な異名タグ



関連タグ

真田家 真田幸隆
真田信幸/真田信之
真田信繁/真田幸村

pixivに投稿された作品 pixivで「表裏比興の者」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5442

コメント