ピクシブ百科事典

第六天魔王

だいろくてんまおう

第六天魔王とは、仏教における魔王の呼び方の一つ。または、戦国大名・織田信長の呼称。
目次[非表示]

ちなみに、この呼び方は実は信長の自称である。

本来の意味

元は仏教用語で、仏道修行を妨げている魔王を指す。
天魔(てんま)・天子魔(てんしま)・他化自在天(たけじざいてん)・第六天魔王波旬(だいろくてんまおうはじゅん)とも呼称する。
また、第六天とは仏教における天の内、欲界の六欲天の最高位(下から第六位)にある他化自在天を指し、この天に生まれた者は他人の楽しみを自由に奪い自らの物とする事が出来ると伝えられている。
だが日蓮宗では、修行者を法華経からあえて遠ざけて純粋な信者には力を貸すというありがたい仏の一人とされている。

「魔王」の由来

甲斐の豪将・武田信玄が、織田信長軍による一向一揆や造反する寺社への苛烈な攻撃を牽制すべく出した手紙に「天台座主沙門信玄(天台宗の代表たる信玄)」という署名をしていたのを見た信長は、これに対抗して『第六天魔王』の署名で信玄に手紙を返したという。
天台宗は当時でもまだまだ強い権力を持ち、日本仏教の総代として考えられていたため、「信玄が仏教の代表者を名乗るなら、自分は仏教を敵とする魔王だ」というブラックジョークにも似たニュアンスを込めたらしい。

敵対者への容赦の無さ・この時代トップの型破りさ・尋常ではない統率力やカリスマ性等と共に、彼のこのエピソードが現代のフィクション界における信長の、あの燃え盛る炎の向こうで高笑いしてそうなイメージに繋がったことは想像に難くない…

能の「第六天」においては解脱上人を堕落させようと第六天魔王が眷属を率いてやってくるも、上人の祈りに応じて顕現したスサノオノミコトに宝棒で打ちすえられて逃げ出すと言う役回りで登場する。
信長は天台座主沙門信玄を解脱上人に見立て、自分はそれに災いをなそうとするも逃げ出してしまう第六天魔王に過ぎないと謙遜して自称したという説も存在する。

関連タグ

仏教 魔王 戦国武将 戦国時代

pixivに投稿された作品 pixivで「第六天魔王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 707429

コメント