ピクシブ百科事典

古事記

こじき

古事記とは、上代(奈良時代)に日本で編まれた歴史書のこと。また、それに関連するイラストに付くタグ。
目次[非表示]

概要

日本最古の歴史書であり、上・中・下の3巻より成る。公式に認められている公文書であり、成立は元明天皇和銅5年(ちなみに平成24年は古事記編纂1300年にあたる)。

元明天皇の命により、天才的な記憶能力の持ち主・稗田阿礼が暗記していた『帝紀』『旧辞』といった書物の内容を、太安万侶が書き写した物とされる(なお、先述の書物は両者とも現存しない)。

『古事記』がカバーしているのは推古天皇までで、その時代以前は編纂当時からは「古事」と考えられていた(地続きではない「古い」時代と見られていた)ようである。

前半は物事が詳細に記されているが、後半になるにつれ記述が簡素になってゆく。

歴史書としては、同時代に日本書紀も記されている。古事記と類似した記述が見受けられるが、所々記述が異なっており、古事記は国内向けに、日本書紀は海外向けに、それぞれ朝廷の権威を示すため書かれたものだと言われている。

ただ、古事記には天皇家の祖先のお世辞にも立派とは言い難いエピソードも多く描かれている(皇祖神である天照大神外道な一面も包み隠さず記述しているし、雄略天皇のように暴君であった旨がはっきり書かれている天皇もある)。

これは、安万侶が伝承をねじ曲げてまで皇室の権威を美化することは避け、当時知れ渡っていた伝承をそのまま採用したためかもしれない。

長らくその内容が疑われ、六国史の一つである日本書紀を正史と考えられて来たため、古事記は日本書紀の注釈書程度とされてきた。しかし江戸時代に本居宣長を始めとする国学者達が唐心(儒教思想・仏教・道教等)を取り除いた古事記こそが古代日本人の思想を描く本当の歴史書である主張し、古事記と日本書紀の立場は一気に逆転する。これ以降日本神話の内容は古事記のものを第一に採用され、明治維新後の国家神道時代や戦後日本での諸文化の中でもその傾向が見られる。現在でも神話を題材にした漫画やその他ゲーム等でも古事記を基にしたものが多い。これは複数説を記述する日本書紀と違い、古事記は体系化された一本の物語であるため、読者としても簡潔で読みやすい内容だからとされる。

ただし歴代天皇の事績は日本書紀の方が古事記より比較にならないほど詳細に記述されているため、歴代天皇の歴史は日本書紀の内容を第一に採用するのが一般的である。

近年、島根県出雲市の荒神谷遺跡の発掘で、358本の銅剣が発見され、これによって古代出雲が軍事大国であったことが確実となり、なぜ大量にまとめて埋められていたかというと、実は統一王権ができた4世紀には戦争の跡が見られず、戦争もなく統一王権ができたのは、古事記の中に書かれた出雲大国主神が自分の国を天照大神に譲ったという「国譲り」の話が事実だからではないかという可能性があると、近年の考古学の成果により判明したという。

更に、2015年の教科書査定により、新しい中学校教科書には、神話や伝統文化に関する内容も数多く盛り込まれ、神話を通じた学習は、中学社会科の学習指導要領に明記されているため、歴史教科書の8点全てに記述され、『古事記』『日本書紀』についての解説が加えられた。
このほか、三省堂と東京書籍の国語古事記が取り上げられ、『因幡の白兎(いなばのしろうさぎ)』伝承や、倭建命(やまとたけるのみこと)の『望郷の歌』が掲載された。

内容

上巻には別天津神の誕生から、神武天皇出生憚までの神代を、中巻・下巻には第一代神武天皇から第三十三代推古天皇までの事績が描かれている。

神々のふるまいは良く言えばおおらかで感情豊か、悪く言えば粗暴で直情的なものが目立ち、極めて人間臭い。

古事記には、ギリシャ神話や南方の伝承と類似した描写が存在する(イザナギの黄泉国訪問、因幡の白兎など)。つまり、下地となった話の一部は、シルクロードや海を経てもたらされたものであることが分かる。ただしその伝承の流入が古墳時代以降のことなのか、はたまた弥生や縄文まで遡るのかは不明である。一方中国大陸や朝鮮半島に見られる大陸型の神話は比較的少ない。

古事記はいわば『日本の旧約聖書』とも言えるものであり、その中に古代以来の日本人の理想があふれており、感情がみなぎっている。

オオクニヌシの伝承が、創生伝承らしいのだが、当時の大人の事情が錯綜しまくった果てに、当時ど田舎のど辺境で伝えられていたイザナギイザナミの2柱による国生みが採用されたらしい。

古事記に関する書籍は数多く存在するので、詳しい内容・注釈は各自で読んでほしい。

翻訳版

世代を経ていくごとに、太安万侶が著した原典の古事記は徐々に解読が難解になっていったため、その内容を後世に伝えるべく何度か当時の人々にも解りやすいようにした翻訳版が出版されている。

最初は江戸時代の学者である本居宣長が古事記を解読し、当時の言語に翻訳した「古事記伝」を執筆した。
現代では、作家・竹田恒泰氏が、現代人にも読みやすくした「現代語古事記」を執筆している。

関連イラスト

漫画化作品

古事記上巻の原文をそのまま絵物語に仕立てている。

ぼおるぺん古事記絶賛発売中!!



pixivにおいて

もる氏が古事記を漫画化している。非常に分かりやすく、楽しく読めるように描写されているので、興味を持った方は是非参照されたい。

書籍化のお知らせ



関連タグ

まんがで読む古事記 楽しい古事記 歴史 日本史 日本神話  日本書紀 出雲 高千穂 高天原

ニンジャスレイヤー……いわゆる民明書房的な存在として登場しており、本来の古事記とは恐らく無関係

pixivに投稿された作品 pixivで「古事記」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 883645

コメント