ピクシブ百科事典

こうの史代

こうのふみよ

広島出身の女性漫画家。代表作は『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』。
目次[非表示]

概要

広島県広島市出身の女性漫画家。

1995年にデビュー。

代表作は『夕凪の街 桜の国』『この世界の片隅に』『ぼおるぺん古事記』など。

漫画作品の他、児童書や一般文芸書の挿絵も手がける。

作風

家族」の日常生活を描いたギャク漫画が多い。

トーンをほとんど使用しない、描線のみで表現された線画であり、そのノスタルジアをかきたてる作風とあいまって、現代にあってはとても古風な印象を受ける。暖かでほのぼのとした印象とは裏腹に、ある種の色気も感じさせる。

第二次世界大戦太平洋戦争の、特に「広島への原爆投下」を何らかの形で題材にした作品を描くこともあるが、その主な主題は「その時代に生きている人びとの家族と、日常生活を描写すること」である。

座右の銘は、
「私は常に真の栄誉を隠し持つ人間を書きたいと思っている」
アンドレ・ジッドの言葉。フランスの小説家)

主な作品

街角花だより
初連載作品。
花屋を舞台にした短編連作集。

ぴっぴら帳(ノート)
セキセイインコの「ぴっぴらさん」が主人公の、小鳥飼育4コマ漫画。

こっこさん
拾われニワトリ「こっこさん」と、その飼い主の「やよい」と、家族たちの物語。

長い道
理由ありで、「無理やり結婚」をした男女2人の、ちょっと変わった結婚生活物語。

夕凪の街 桜の国
夕凪の街桜の国
「広島の原爆」を主題とした、
終戦から10年後の広島を舞台とした「夕凪の街」と
その後の、1987年と2004年の物語である「桜の国」で構成されている。

さんさん録
妻を亡くしたばかりの男やもめのお爺さん「参さん」が主人公。
息子一家と同居しながら、亡き妻の遺したノートを参考に、主夫生活に取り組んでいく。

この世界の片隅に
太平洋戦争中の広島を舞台に、主人公・すずが軍都・へと嫁ぐ物語。

平凡倶楽部
基本はエッセイ集。
中には「こうの史代風萌えマンガ作品」を代表した、異色系の作品も収録されている。

ぼおるぺん古事記
古事記」上巻の原文をそのまま絵物語とし、全てボールペンで描いたコミカライズ

日の鳥
東日本大震災」を題材とし、
行方のわからない「妻」を探して震災後の東北地方を旅する雄鶏を主人公とした、
被災地の「その後の風景」を描くエッセイ。

関連イラスト

こうの史代先生作品いろいろその1
こうの史代先生作品いろいろその2
こうの史代先生作品いろいろその3



関連リンク

こうの史代 - Wikipedia

関連タグ

広島県 広島 ヒロシマ 原爆
第二次世界大戦 太平洋戦争
戦中 戦後
東日本大震災
インコ セキセイインコ
ニワトリ  雄鶏
古事記
エッセイ
家族 夫婦 日常

漫画家

pixivに投稿された作品 pixivで「こうの史代」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 337942

コメント