ピクシブ百科事典

この世界の片隅に

このせかいのかたすみに

昭和20年、広島・呉。わたしは ここで 生きている。
目次[非表示]

解説

『この世界の片隅に』は、こうの史代による漫画。2011年にテレビスペシャルドラマ化、2016年にアニメ映画化、2018年には連続テレビドラマ化。登場人物は全員広島弁で話す。

原作

双葉社漫画アクションにて2007年1月〜2009年1月に連載。
1話が1カ月ごとで進行していくスタイルで物語が進み、「昭和18年の暮れ」のエピソードが「平成18年の暮れ」に掲載されるというタイミングで連載が続いた。
単行本は同社より上・中・下巻が発売されている。

2009年、第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。
2010年、「THE BEST MANGA このマンガを読め!」第1位。「ダカーポ特別編集 最高の本! 」マンガ部門第1位。

劇場版アニメ

マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直が監督・脚本を務める。
片渕が本作の映像化を熱望し、原作者こうの史代にアプローチしたところ……
こうのは、片渕が監督した世界名作劇場名犬ラッシー」(1996年)の大ファンであり、これを快諾した。

2012年8月にTwitterで制作発表、2015年3月9日にはクラウドファウンディングにてスタッフ確保とパイロットフィルムに使われる2000万円を目標に資金調達を開始、僅か9日で目標金額に到達。調達予定までの5月29日までの延べ82日間で3622万4000円を調達し、支援者は3374人となった。
(日本国内におけるクラウドファウンディング最高支援者数、支援金額も国内映画部門では最高額となった。)
これらを受け、2015年6月3日に製作委員会が発足し映画制作が正式に決定した。配給は東京テアトル。
脚本及び音響監督は片渕監督が兼任、キャラクターデザイン松原秀典が担当。
主題歌及び劇伴はコトリンゴが起用された。

軍事や兵器に造詣の深い片渕監督により、爆弾の落下や炸裂するシーンなどはよりリアリティを持ってブラッシュアップされた。
作中の時系列の計算も綿密に行われ。小さくしか映らないモブキャラの動作にも手を抜かず詳細なロケハンが行われるなど細部まで練りこんだ作りとなっている。
絵柄は原作に近いほのぼのとしたデザインと演出ながら、戦時中が舞台であるために(「はだしのゲン」や「ピカドン」のような他の反戦作品に比べたらあっさりした描写ではあるが)若干ながら気の小さい人には厳しい映像もあるため注意。

公開後

2016年11月12日、上映62館と小規模ながら全国映画動員ランキングに初登場で10位を獲得。公開前に鑑賞していた著名人・批評家から絶賛され、昨今のSNSの普及によって評判が映画未鑑賞だった人へと伝播していき、公開7週目においても動員ランキングの上位10位圏内を維持している。
配給元の東京テアトル所有の映画館・テアトル新宿では連日売り切れ。立ち見が続出し、同館の過去10年間の週間興収を塗り替え、大阪・テアトル梅田でも過去10年間の興行成績でトップになるなど非常に反響の大きなタイトルとなった。

年末年始にかけて更に上映劇場数が増え、公開当時の約3倍となる約180館以上での上映が予定されている。
海外でも韓国台湾イタリアフランスなど多数の国で公開された。

公開から1月足らずの2016年12月3日、第38回ヨコハマ映画祭で作品賞を受賞。「シン・ゴジラ」、「君の名は。」など日本映画の当たり年といわれる2016年の「日本映画ベスト10」第1位に選ばれた。
また主演ののんは審査員特別賞を受賞している。

明けて2017年1月10日、第90回キネマ旬報ベスト10にて「2016年日本映画部門」第1位に、そして片渕監督は監督賞を受賞した。
アニメーション作品が第1位に選ばれたのは「となりのトトロ」以来、実に28年ぶりで、アニメーション監督の監督賞受賞は歴代初の快挙である。
さらに第40回日本アカデミー賞では『君の名は。』を抑え、最優秀アニメーション作品賞に輝いた。

DVDおよびBlu-rayソフトは2017年9月15日にリリースされ、こちらも海外版が多数の国にリリースされている。
予算や尺の都合によりカットされていた原作のエピソードを盛り込んだ30分長いロングバージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が制作中である。
当初は2018年末の公開予定であったが、当初の見込みより制作の手間がかかったということで2019年に公開がずれ込むこととなった。

物語

浦野すずは、広島の河口の街、江波で暮らす女の子。
海苔の養殖業を営む優しい両親、いささか乱暴な兄、仲の良い妹のすみと一緒に、さほど裕福ではないものの……
大好きな絵を描きながら毎日を楽しく暮らしていた。
戦局の悪化が人々の生活にも影を落とす昭和18年(1943年)の暮れ、彼女に縁談が持ち込まれる。お相手はで海軍の文官として働く青年、北條周作
あれよあれよと言う間にトントン拍子で話は進み……
翌年の2月、すずはかの世界最大の軍艦大和をも母港とする東洋一の軍港の街、呉へとお嫁にやって来た。

キャスト

※サン役の新谷真弓氏は広島出身のため、方言指導も兼ねている。

TVドラマ

2011年8月5日、「終戦ドラマスペシャル」と銘打って、日本テレビ広島テレビ他にて放送された単発ドラマ。
すず役に北川景子、周作役に小出恵介を置き、視聴率は12.7%を記録した。

2018年7月からは連続テレビドラマとして、TBS中国放送ほかにて日曜劇場枠において放送されている。

なお、秋田放送四国放送および福井放送ではどちらも放送している(秋田放送と四国放送は日本テレビ系列かつ(ニッセイ)日曜劇場をTBSからの番販購入で放送しているため。福井放送は(ニッセイ)日曜劇場の番販購入を行っているほか、本来は他系列だが日本テレビから番組購入を行っており、その流れで単発ドラマ版を放送したため)。

ゴッドマーズ騒動と原作者のお詫び

騒ぎのきっかけは、原作者のこうの史代氏が2018年8月5日、ファンとの交流掲示板にTBS系日曜劇場『この世界の片隅に』の演出について、次の様にコメントした事から始まった。(誤解を生まぬ様、該当箇所の全文を転載する)

 「この世界の片隅に」も皆さん、ご覧くださって、スペシャルサンクスです!!!
 このドラマ、わたしはいちおう毎回、脚本を見せて貰ってチェックしているのですが、直してもらえるとは限らないみたいです。
 まあ、脚本の岡田さんがどう展開させたいかはわからないので、あんまり強くは言っていません。文字だけではわからない部分もありますね。
 でも大丈夫…「六神合体ゴッドマーズ」よりは原作に近いんじゃないかな!?

 ちなみに、現代と過去をつなぐものとして、を提案したのはわたしです。
 広島には、女の子が生まれるとつげの木を植え、お嫁に行く時に櫛を作って持たせる、という風習があったようだ、というお話をしました。

この掲示板に集う…こうの作品に馴染んだファンには、漫画のラストをシニカルでパンチの効いたオチでくくる、いつものこうの節が炸裂したと受け取られたコトであろう。

だが、しかし…
このオタク心をくすぐる一言がネット住民の注目を集てしまったコトから…事態は、彼女の思惑を外れ大きく進展してしまう。

なんと!ツイッタートレンドに「#ゴッドマーズ」が登場し、ついには大喜利ゴッドマーズよりも原作に遠い選手権!!が大流行してしまう(苦笑)

さて、六神合体ゴッドマーズと巨匠横山光輝氏の原作版マーズをご存じ無く、この発言のニュアンスを解せない世代の閲覧者の方も多いだろう。両作のネタバレの回避のため私ごとで恐縮だが、編者の体験を語らせていただきたい。
幼き日、再放送で「六神合体ゴッドマーズ」にハマり、母に原作「マーズ」のコミックス全巻をねだった。今日ほど容易に本が入手できる時代では無く…おそらく母は、それなりの手間をかけマーズ全巻を揃えてくれたのだと思う。
そして、原作を読んだ編者はアニメと全く異なる展開にかなりショックを受けた記憶が有る。息子の様子を不審に思ったのであろう『お前が読みたかった本は、この漫画ではなかったの?』と優しく聞いてくれた母に対し、思わず…
「読みたかったのはこの漫画だけど、これは読みたい漫画じゃない!!」などと……(泣)

ともあれ、この急展開に対し…こうの氏は8月9日、前回のコメントに原作とドラマの違いをディスる意図が無いコトを同掲示板にてフォローされた。

 あのー、なんか騒ぎになっているらしいので、消火活動に来ました…。
 「ツイッター」は知っているんですが、「トレンド」はちょっと今調べている暇がないので、おかしい記述になっていたら ご め ん な さ い。

 そもそもわたしは「この世界の片隅に」の解釈や時代考証については、頑張ったつもりでも時間や能力の限界があるので自信がありませんでした。その点で、映像化が、新しい解釈を足して「別物」になるのはむしろ心強いし有難いです。と、前々回にも書き込んでいますね。

 で、先日の書き込みについて。
 その前の段落でドラマ版「夕凪の街」について書いていて、亡き幼なじみの事を思い出していました。
 で、その幼なじみが好きだった「ゴッドマーズ」をなんとなく思い出したところだったんですが……。
 みんな、「六神合体ゴッドマーズ」に食いつきすぎ!!!
 ここのみなさんのおっしゃる通り、わたしの世代では人気作品で(あでも、幼なじみは腐女子という感じではなくて、写真部の男子が写真撮りに来るくらい美少女だったよ!)、夫も大好きで、この騒動以降、横で朗々とマーズマーズ歌い上げるんですが…。
 でももちろん、ここ(原作を読んだ人が来る場所)には原作から変わるのが不安だという人がいるわけで、そのために、そこまで違っているわけではないので、食わず嫌いせず見ておくれ、と言いたかったのですが…。
 そもそもドラマをけなすつもりなら、ここで例えるのは普通に考えて「ゴッドマーズ」じゃなくて旧「〇ー〇〇」……あわわわ、あやうく新たな火種を投下するところだった…!

また盛り上がっているツイッター住民に対し…

 ところで。
 ここまで騒ぐんなら、みんな原作買って読んでくれるんだろうね!?
 来週日曜21:00から、ちゃんとドラマ見てくれるんだろうね!!??
 見んかったら、ロプロスに食わすぞ!! ポセイドンに踏ますぞ!!! あっ、作品間違えた す み ま せ ん ………謹 ん で お 詫 び 申 し 上 げ ま す。
 はい。
 これ「原作者が何度もお詫び」で拡散して貰えると嬉しいな!

などと、いささかユニークな言葉で謝意を述べた。販促と横山作品への溢れる愛も交えながら…(笑)


……ところでこうの先生、さりげなく旧「〇ー〇〇」をディスらないでください…(泣)

外部リンク


関連イラスト

この世界の片隅に
この世界のあちこちのわたしへ


この世界の片隅に
人さらい



関連タグ

こうの史代 片渕須直 のん/能年玲奈 MAPPA
広島市 呉市 広島県産業奨励館 大和 青葉
アッパッパ 広島弁
六神合体ゴッドマーズ バビル2世 横山光輝

pixivに投稿された作品 pixivで「この世界の片隅に」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1961351

コメント