ピクシブ百科事典

青葉(重巡洋艦)

あおば

本稿では日本海軍の重巡洋艦「青葉」について記述する。

「青葉」は三菱重工長崎造船所にて1924年2月4日起工、1926年9月25日進水、1927年9月20日に就役した旧日本海軍青葉型重巡洋艦の1番艦。
艦名は福井県大飯郡高浜町と、京都府舞鶴市とにまたがる青葉山に由来する。

アジア太平洋戦争では、第六戦隊旗艦としてグアム島攻略作戦、第二次ウェーキ島攻略作戦、ラバウル攻略作戦、珊瑚海海戦、第一次ソロモン海戦サボ島沖海戦などに参加した。

1942年10月のサボ島沖海戦で大破。このときの信号「ワレアオバ」(異説もあり)は有名。

翌1943年2月、修理を終えて南東方面に進出するも、その直後の4月3日未明にソロモン諸島・ニューアイルランド島のメウエパセージ港にて空襲に遭い再度大破。擬装を施して敵機から遮蔽→軽巡洋艦川内に曳航されてトラック泊地へ→応急修理を行い何とか自力航行可能な状態に・・・という苦難を経て、8月1日呉へ帰投する。

再び修理を終えて(この修理に際して、航空巡洋艦か高速給油艦への改造案もあったとされる)、今度は南西方面にて輸送任務に従事する。

1944年10月23日ルソン島西方で米潜水艦の雷撃を受け三度大破。マニラのキャビテ軍港と台湾の基隆で応急修理をしつつ、前回の損傷時以上の苦難を経て、同年12月12日ついに呉に帰投した。だがその損傷は余りに酷く、本格的な修理は断念され、呉海軍工廠の岸壁に繫留された。翌1945年2月28日、第一予備艦となる。

1945年3月19日、米軍による最初の呉軍港空襲では、青葉も防空砲台として奮戦した。その後4月20日には第四予備艦に、6月20日には特殊警備艦(いわゆる浮き砲台)となる。
7月24日の空襲で命中弾1至近弾1、7月28日の空襲ではさらに命中弾4を受けて艦尾はほぼ切断。艦内は海水で満水となり、ついに着底した。
結局そのままの状態で終戦を迎え、1946年11月から翌年にかけて播磨造船呉事業所(旧・呉海軍工廠)の手により解体された。

何度大破しても舞い戻ってくることから、「ソロモンの狼」の異名を付けられた。

1942年2月には海軍従軍作家海野十三が乗艦し、将兵の生活を従軍記にまとめている。
こうの史代の漫画「この世界の片隅に」では主人公幼馴染みが青葉の乗組員として登場し、さらに映画のポスターにも(主人公の視点から)呉を象徴する艦船として描写されている。

World of Warships参戦

日本のTier6巡洋艦としてAobaが登場。前ランクFurutakaの上位互換(Furutakaは連装砲を装備できない)と呼ばれ、ベテランに愛される艦となっている。
 なお、米同格のクリーブランドに対し苦戦していることが多い。手数が倍以上違うので多少は仕方がない。しかし、そこそこの対空火力、雷装、強力な20.3センチ砲があることで、何でもこなせる万能艦としての性格が、前述のベテランに愛される所為であろう。(次級Myokoよりも好きと言うプレイヤーさえいる)

関連項目

大日本帝国海軍 重巡洋艦 呉市 この世界の片隅に
青葉(艦隊これくしょん):本艦をモチーフにした艦隊これくしょんのキャラクター。
青叶:本艦をモチーフにした戦艦少女のキャラクター。

Wikipediaページ

pixivに投稿された作品 pixivで「青葉(重巡洋艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14872

コメント