ピクシブ百科事典

重巡洋艦

じゅうじゅんようかん

20センチ砲を装備した巡洋艦
目次[非表示]

概要

ロンドン海軍軍縮条約で新たに定義された艦種。
擬人化である『艦隊これくしょん』の「重巡洋艦娘」を指してタグ付けされていることも多い。

解説

巡洋艦の中で比較的大型のものをさすが、厳密にはロンドン海軍軍縮条約において「口径6.1インチより大きく8インチ以下(15.5センチ超20.3センチ以下、砲門数の制限はなし)の艦砲を搭載し、基準排水量10,000t以下」と定義された、「カテゴリーA」に属する巡洋艦。

同条約において、軽巡洋艦は「5インチより大きく6.1インチ以下(12.7センチ超15.5センチ以下)の艦砲を搭載し、基準排水量10,000t以下」の「カテゴリーB」に定義された。
(下限排水量は共に1,850t以上。これ以下は駆逐艦になる)

しかし、8インチの艦砲を運用出来る設計であっても搭載している艦砲が6.1インチ以下であれば、同条約の規定上重巡洋艦としては扱われず、実際に排水量で重巡洋艦と軽巡洋艦が逆転している事例もあった。そこに目をつけた旧日本海軍は、「制限未満の艦砲を搭載して軽巡洋艦として登録しておき、条約失効後に艦砲を換装する」という手法を取り、保有制限数を超えた数の重巡洋艦の建造を行っていた。

日本海軍における重巡の命名法について

命名は原則としての名前が付けられている。
これは、明治38年8月1日に制定された「帝国海軍艦艇の命名基準」による。その中で一等巡洋艦(重巡)は山岳名、二等巡洋艦(軽巡)は河川名となっている。その当時、一等巡洋艦は装甲巡洋艦・二等巡洋艦は防護巡洋艦であった。その後、装甲巡洋艦は巡洋戦艦に発達したため、金剛型や空母赤城(元巡洋戦艦)は山の名がつけられた。一方防護巡洋艦は軽巡洋艦に発達したが、命名には同様に川の名がつけられていた。
しかし、軽巡洋艦より発展しながらも、かつての装甲巡洋艦同様20センチ砲を備えた古鷹型以降の重巡洋艦は一等巡洋艦に類別され、当然艦名も山岳名が採用された。
古鷹青葉型妙高型高雄型がこれに該当する。

例外となるのは、計画時は二等巡洋艦の川内型4番艦だった加古、二等巡洋艦として竣工し、条約失効後に主砲を20.3センチ砲に換装した最上型、当初は二等巡洋艦として計画されたが条約失効を見越し再設計され、20.3センチ砲を搭載して竣工した利根型である。

尚、命名基準が明確化される以前に就役・命名された艦にはこの基準は当てはまらない(例えば、日露戦争で活躍した戦艦「三笠」は、奈良県にある三笠山からとられている)。

また、重巡にも未成艦があり、その名を伊吹型と呼ばれる。この艦級は建造途中に空母に改設計された末に、建造中止になっている。

日本海軍の性癖の象徴

重巡洋艦という艦種を確定させたのは実は日本海軍の古鷹型である。重巡洋艦の役割は主力艦(戦艦)の周りに相手の駆逐艦や水雷艇がウロつかないように、軽巡洋艦を砲火力で圧倒し敵水雷戦隊を撃滅するのも目的であった。
本来水雷戦隊旗艦は軽巡洋艦の役割であるが、アメリカ海軍のオマハ級軽巡洋艦の対抗艦として建造された5500トン型が、あまりにも火力・防御力の両面において貧弱であったため、オマハ級を凌ぐ艦を造ることが重要だった。

条約の制約下では火力、速力、防御力など全てにおいて満足のいく巡洋艦を設計するのは難しく、兵装や装甲のうちどれかを削減せざるを得なかった。その中には重量物であり危険物でもある雷装をやめる選択もあった。1930年代に入ると、アメリカ海軍などでは軽巡洋艦からすら雷装はなくなっていった(最上型に対抗して建造されたブルックリン級にはすでにない。但し元々重巡級の船体を持つ最上型の能力は軽巡としてみれば明らかなオーバースペックであり、条約内でこれに対抗する性能を持たせるには雷装を削らざるを得なかったと言う側面もある)。

重巡の走りになった日本海軍自身は雷撃にこだわり重巡洋艦にも比較的多くの雷装を搭載した。伝統というよりもはや完全に性癖フェチ病気の範疇である(雷装のない巡洋艦の設計に不満を持ち、設計変更に応じない平賀譲を海外視察に送り出してその留守中に藤本喜久雄に雷装を搭載するよう設計変更させたのは最も顕著な例)。

魚雷は対空戦では役立たずであり、サマール沖海戦での鈴谷などは、米軍機から投下された至近弾により搭載していた魚雷が誘爆、あっけなく沈没してしまう(その教訓から坊ノ岬沖海戦矢矧は魚雷を搭載機ともどもさっさと投棄し、大量の爆弾と魚雷を浴びながら対空戦闘を継続するという、巡洋艦としては異常なしぶとさを発揮した)

ただし、魚雷を優先する判断が完全に間違いだったかと言うとそうでもなく、日本重巡部隊の勇戦の陰には魚雷の存在もちらほらある。逆にアメリカ側は魚雷がなかったために苦戦した場面もある。

第二次世界大戦での重巡洋艦

先述したとおり、軽巡洋艦と重巡洋艦の違いは主砲の口径のみであり、巡洋艦の特色である汎用性を生かし、水上戦闘部隊旗艦、空母機動部隊の護衛、船団護衛、哨戒、対地艦砲射撃など軽巡洋艦と同様に第一線で活躍した。

アメリカ海軍においては、大戦中にもボルチモア級重巡洋艦、デモイン級重巡洋艦など、20cm砲に耐え得るだけの十分な装甲を施し、なおかつ航空機を搭載し、対空兵装も充実させるという贅沢な仕様の重巡洋艦が建造された。(この頃になると軍縮条約の制限撤廃により、排水量1万トンを大きく超過した重巡洋艦が造れるようになっていた。特にデモイン級は排水量2万tとド級戦艦クラスまで肥大化している)。しかし同じように軽巡も肥大化と重武装化の傾向にあり、両者の違いをよりあいまいにする結果となった。

さらには、重巡洋艦と戦艦の中間的な大型巡洋艦(巡洋戦艦と呼ばれる事も)アラスカ級も建造されたが、これは防御力や砲撃性能では戦艦に劣り、コストや汎用性では重巡洋艦に劣る中途半端な存在になってしまった。

あまり知られていないが、巡洋艦の居住性はどこでも似たり寄ったりで唯一良かったのはイギリスだけである(実はアメリカもイギリスにそうとう馬鹿にされている)。さらに航洋性が著しくひどい。また、防御に関しても、日本とは逆に砲塔を満足に装甲した結果主砲前盾は25mmしかなく、日本重巡にマトモに打たれた場合ハチの巣は免れなかった。また、初期の重巡であるペンサコラ級は主砲があまりに艦橋と密着していたため、舷側に向けて主砲を撃つと艦橋の一部が吹っ飛ぶ。そしてもちろん当のイギリスがやらかしていないはずがない。居住性と航行性を確保しつつ日米の艦に火力で対抗しようとした結果防御に問題が残り、航空攻撃による喪失重巡洋艦第1号第2号になってしまった(コーンウォールドーセットシャー)。しかも、日米が既に重巡洋艦(この時点ではまだ確定していなかったが)の形を大体決め終わり、高雄型ポートランド級を建造している頃、イギリスはまだ古鷹と同期のカウンティ級の増備を行っていた
結局、火力・装甲・居住性などすべてを満足する重巡は、大戦後期のデモイン級就役まで待つことになる。(ただしボルチモア級重巡洋艦の舷側装甲厚は最大6インチで、遠距離射撃を行った場合この装甲を撃ち抜ける重巡洋艦は存在しない。)
しかしデモイン級の排水量は条約時の倍である2万t超であり、もはや旧式戦艦と同等の巨体である。逆に言えば1万t級の船体を持っても文句なしの重巡の設計は不可能であり、各国は自国の事情に合わせて性能を足し引きした。また海軍軍縮条約に参加していなかったドイツのアドミラル・ヒッパー級は、公称1万トンの妙高型と同程度の能力に1万5千トン弱かかっている。
その意味では、重巡はその国の海軍を映し出す鏡のような存在だったといえる。

戦後の重巡洋艦

第二次世界大戦後、艦対艦ミサイルが実用化されるにつれて軍艦に大口径の火砲や水雷戦力を搭載する意義が薄れたため、駆逐艦と巡洋艦の区別も曖昧となり、巡洋艦における重巡と軽巡の区別も自然に消滅した。
そして冷戦終結後の1991年に予備役で残っていたアメリカのデモイン級2隻が除籍され、重巡洋艦の歴史は終焉を迎えた。

関連タグ

同盟国

日本の重巡洋艦の艦型 : 古鷹型 青葉型 妙高型 高雄型 最上型 利根型
ドイツの重巡洋艦の艦級 : ドイッチュラント級(元は装甲艦) アドミラル・ヒッパー級
イタリアの重巡洋艦の艦級 : トレント級 ザラ級 ボルツァーノ

連合国

アメリカの重巡洋艦の艦級 : ペンサコラ級 ノーザンプトン級 ポートランド級 ニューオーリンズ級 ウィチタ ボルチモア級 デモイン級
イギリスの重巡洋艦の艦級 : ホーキンス級 カウンティ級 ケント級 ロンドン級 ノーフォーク級 ヨーク級
フランスの重巡洋艦の艦級 : デュケーヌ級 シュフラン級 アルジェリー

その他

重巡洋艦娘 巡洋艦 伊吹型(未実装)
重航空巡洋艦・・・「重」「巡洋艦」とあるが、実質的には「空母のようなもの」

pixivに投稿された作品 pixivで「重巡洋艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1298547

コメント