ピクシブ百科事典

平賀譲

ひらがゆずらず

平賀 譲(ひらが ゆずる、1878年3月8日 - 1943年2月17日)は日本の造船技術者。工学者。海軍軍人。

平賀 譲(ひらが ゆずる、1878年3月8日 - 1943年2月17日)は日本の造船技術者。工学者。海軍軍人。戦前、戦中の日本における造船工学の権威にして東大総長在任中に死去した唯一の人物。

設計思想

戦前における造船技術の権威で、既存の技術を元にエポックメーカー的な艦艇を設計する達人。別の言い方をすれば、新しいコンセプトの艦を新機軸を導入することなしに大胆な発想で切り抜ける設計を好んだ。主に設計担当した艦は戦艦紀伊型、重巡洋艦古鷹型妙高型、軽巡洋艦夕張等。

艦橋支柱を40cm砲射撃時の爆風負荷を軽減するために従来型の三本脚から7本に増やした八八艦隊計画艦の長門型のメインマスト、3300t級の船体で5500t並に匹敵する重武装を施す為に船体に駆逐艦設計手法を応用した夕張、軽巡洋艦に20cm級の艦砲を詰め込む事に重点を置いた古鷹型等を独自の発想で設計している。

小型の艦に重武装を施した結果、必然的にどこかにしわ寄せを強いることになり、担当した艦型の多くは居住性が劣悪で、現場に数々の運用上の不具合をもたらした。妙高型の散布界の広さがそれであり、古鷹型搭載単装砲の人力揚弾による発射速度の低下がそれである。夕張に至っては(元から実験艦の側面もあったとはいえ)航続力は駆逐艦以下になってしまい、拡張性皆無であったという。

しかし、これらの設計は当時の外国海軍に大きな影響を与えてもいる。特に夕張は当時のジェーン海軍年鑑に特記事項を付けて紹介され、大きな衝撃を与えた。夕張の設計も問題は大きかったが、この後の帝国海軍の艦艇設計の礎となっている。

人物

「平賀不譲」(ひらがゆずらず)と渾名されるほど性格的に意固地な部分を持ち、自己の設計が正しいと思えば用兵側の意見を取り入れず排除する傾向があった。また自身の設計思想に絶大な自信を持っており、設計主任を退任させられた後金剛代艦型や大和型の設計に私案を提出したりしている。

平賀の跡を継いだ藤本喜久雄は、平賀と対照的な設計思想で吹雪型駆逐艦や高雄型重巡洋艦最上型巡洋艦等様々な名艦艇を設計している。しかし、平賀とは逆に用兵側の意見を取り入れすぎ、当時日本では発展途上である溶接技術などを積極的に用いた結果、船体軽量化による船体強度低下と兵装過多から来るトップヘビーによる復元力の低下を招いてしまった。そして友鶴事件第四艦隊事件という事件を引き起こすこととなった。

保守的な平賀と革新的な藤本という真っ向から対照的なこの二人は、互いが名造船工学家であり、その設計スタイルも一長一短あることからミリタリーファンや研究家から比較されることも多い。

pixivに投稿された作品 pixivで「平賀譲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 139482

コメント