ピクシブ百科事典

岩本徹三

いわもとてつぞう

岩本徹三は、大日本帝国海軍の戦闘機パイロット。リアルチートの一人とされることがある。
目次[非表示]

この人物は主として零式艦上戦闘機に乗り込み、戦績を挙げた。大日本帝国海軍においては西沢広義(ラバウルの魔王と呼ばれたエースパイロット。輸送機での移動中に襲われ戦死。撃墜数87機~120機以上)よりも上である可能性が指摘される。
 なお、戦績は支那事変の時点で14機撃墜、総数202機(自己申告)または撃墜報告80機といわれる。

 海軍における撃墜数は1943年以降の個人撃墜数の公式記録が存在しないため、撃墜数は自己申告や、他者の証言により行われる。

概要

 大正5年樺太生まれ。農学校を卒業後、海軍の志願兵試験をうけ入隊、航空隊に入り、整備体に配属され、志願してパイロットとなる。
 支那事変においてはほかのパイロットは化け物揃いだったらしいが、その中でも14機撃墜と目覚ましい成績を上げ、功5級金鵄勲章を受けた(なおこののち戦争激化により生存者で受けた最後となる、また功績のある下士官の受けられる勲章となる)。
 その後空母艦載機の操縦士となり一航戦に所属、当時予備艦であった龍驤で訓練、「瑞鳳」戦闘機隊に配属され、五航戦が作られることとなったため「瑞鶴」に搭乗する(これは太平洋戦争の下準備であった可能性が高い)。この時に学んだ戦術がのちに撃墜王と呼ばれることになる下地になる。
 太平洋戦争が始まると真珠湾攻撃に参戦。その後セイロン沖海戦にて初戦果を挙げる。
 珊瑚海海戦においては一機撃墜、空母瑞鶴をよく守った。
 昭和17年8月、搭乗員の訓練要員として本土に帰還。11月には上等飛行兵曹となる。
 昭和18年3月、281空(アリューシャン)に配属。11月には201空(ラバウル)に配属、一週間後隊全体で敵52機を撃墜(7機を撃墜報告)。また敵14機編隊を一度に撃墜ということをやったりしていた。12月204空(ラバウル)配属。このころアメリカ軍は連日ラバウルに来襲していた。岩本らの海軍航空隊は、僅かな戦力で果敢に迎撃し、戦果を挙げていた。
 昭和19年1月、253空(ラバウル、トラック)に配属、しかし戦力が足りなくなり、その補充のために6月に本土に帰還するも、部隊壊滅、空路途絶で帰還できなくなる。木更津航空隊にしばらくいたのち、8月に332空()、9月に252空に配属される。台湾沖航空戦、フィリピン沖海戦に参戦している。この間若手隊員の教官任務も行っていたと推測される。
 昭和19年11月に少尉に昇進後、昭和20年3月203空(厚木)に移動。特攻の護衛や、特攻機のパイロットの訓練などを行う。
 戦争終了後、公職追放されるも、結婚。北海道への開拓事業に参加するも心臓を悪くして帰還。その後こまごまとしたことを行うが、昭和27年公職追放が解除され定職に就いたものの、その1年のち、虫垂炎の誤診による手術および背中の古傷の手術ミスにより昭和29年に敗血症になり死亡。享年38であった。

戦略等

 航空戦においては一撃離脱戦法をとるものの、航空機同士の格闘戦も得意であった。
 この人物の戦術として有名なものはいわゆる「送り狼」と呼ばれるもので、基地攻撃後のアメリカ軍を奇襲により攻撃するものである。
 また、三号爆弾(信管式の親子爆弾、航空機に対して使うが扱いは難しかった)を巧みに利用し、敵に多大なダメージを与えることがうまかった。
 また、無線機のモールス電信を活用した戦術を活用したり、無線受信を利用して敵の位置を確認するなどの作戦をとったと思われる。
 他者にコツを聞かれた際、「とにかく見張ることが重要である」と答えている。事実、パイロットとしては目はそれほどよくはなかったものの、敵を見つけることには長けていた。

そのほか

  • ラバウル時代の愛機は60以上もの撃墜マークピンク色に染まっており、非常に目立つ存在だったとされる。
  • この人物の他者のあだ名は最強の零戦パイロットというものがある。また、自らのことを零戦虎徹と呼んでいたらしい。
  • この人物は「小柄で物静か」というイメージを与えており、撃墜王にはあまり見えなかったものの、見る人から見ると「強い殺気」を感じさせるものがあったとされる。
  • この人の妻は「戦時中のエースパイロット」としてのこの人物を知っており(ファンだったという説もある)その後見合いで結婚した。また、この人物の描いた記録をきちんと保存しており、のちにこの人物を知ることに多大な功績を遺した。
  • ラバウルにおいては数十機程度の防戦であったにもかかわらず、アメリカ軍は1000機単位と誤解していたのはこの人物の活躍のおかげもあると思われる。

関連タグ

大日本帝国海軍
戦闘機 戦闘機パイロット
零戦
撃墜王

若本徹子(彼がイメージモデルであるキャラクター)
宮部久蔵(彼がモデルの1人ではないかとされている)

参照

wikipedia同項目

以前の版に関して

※概要の内容が、Wikipedia「岩本徹三」記事からの無断転載だった為、ピクシブ百科事典利用規約9条(1)の禁止行為「第三者の権利侵害」に該当すると判断し、権利者に向けた対応と禁止行為を行った初版作成者以外の本記事編集に関与したユーザーの責任回避の為、該当部分を削除しました。

※第三者の権利を侵害する事なく記述可能な方よろしくお願いします。

※禁止行為を行った「親方(http://www.pixiv.net/member.php?id=3334532)」は、他の記事でも同様の禁止行為を繰り返した悪質ユーザーです。そしてピクシブ百科事典では、記事内容に関する問題発生時の責任は編集に関わったユーザーにある事が明文化されており、悪質ユーザー「親方」以外の善意の第三者が著作権侵害に関与した事になってしまいますので、編集履歴に「親方」の名前を確認した際は、編集する前に利用規約違反ではないかを確認する事をおすすめします。今回の様に利用規約違反であった場合は、ピクシブ百科事典運営に対してアカウント停止の問い合わせを行う事もご協力願います。

pixivに投稿された作品 pixivで「岩本徹三」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20433

コメント