ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

北海道の北部に連なる。旧称北蝦夷。「樺太」の呼称は、アイヌ語で「神が河口に作った島」という意味の「カムイ・カラ・プト・ヤ・モシリ」が省略された形であるとされる。

南北に細長く、南から北までの広がりは北海道の2倍の940kmにも及ぶ(南端が北緯45度54分、北端が北緯54度20分)が、面積は北海道よりやや小さい。北海道とは宗谷海峡、大陸からは間宮海峡で隔てられる。

古くは南部にアイヌ、中部にニヴフ、中北部にウィルタが居住し、南部大泊に松前藩の陣屋が置かれアイヌとの交易を行っていた。古くは南北を踏破した者は誰もおらず、半島であるか島であるかすら謎であったが、江戸時代間宮林蔵が全島の探検を行い、樺太が島であることを確認した。

日露の国境画定(樺太千島交換条約)に伴い樺太はロシアに属することになるが、1905年のポーツマス条約締結後北緯50度以南は日本に編入される。

南樺太


しかし、第二次世界大戦末期にソビエト連邦の侵攻を受け、戦後、当地に居住する日本人(アイヌ、ニヴフやウィルタの一部を含む)は奴隷化されたり、北海道に追放された。

現在のロシア領土としての詳細は「サハリン」を参照。サハリン(Sakhalin)は樺太の国際名だが、日本では北樺太を指す。

領有権

南部に関しては、未だに帰属未定地である。日本はサンフランシスコ講和条約で「日本国は、千島列島並びに日本国が千九百五年九月五日のポーツマス条約の結果として主権を獲得した樺太の一部及びこれに近接する諸島に対するすべての権利、権原及び請求権を放棄する。」と宣言されたが、樺太の一部(南樺太)及び千島列島の主権帰属国が明示されてなく、かつソビエト連邦条約に調印していない
ロシア及びロシアネチズンは「戦争の結果取得した」と豪語するが、それは領土不拡大の原則に反する恐れあり。
ロシア自体、2014年に国際社会の承認なしにクリミア併合を行った為、国際法を守る気すらない。
ウィキペディアでは、記事上では中立を装うも、領土問題は地図上では現在実効支配中の国家の立場を支持する(クリミア半島西サハラを除く)為、帰属未定地の南樺太・北千島のみならず、北方領土までもがロシア領に区分されている。
googleでは、創業者の片方がロシア出身のセルゲイ・ブリン(但し少数民族ユダヤ人)の為、GoogleMapでは南樺太・千島列島をロシア領と表記し、北方領土の択捉島に関しても検索で「ロシアの島」と出すようになっている(歯舞群島色丹島国後島は「アジアの島」表記だが、国後島に関しては以前まで択捉島と同じく「ロシアの島」表記だった)。

樺太出身の主な人物


関連タグ

日本 日本列島 ロシア オホーツク海 日本海 東アジア 北アジア 北海道 北海地方
間宮林蔵
南極(日本雛形論でこ↑こ↓に該当するとされる)

関連記事

親記事

日本列島 にほんれっとう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「樺太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 28557

コメント