ピクシブ百科事典

樺太

からふと

北海道のさらに北、日本列島の最北にある島

北海道の北部に連なる。旧称北蝦夷。「樺太」の呼称は、アイヌ語で「神が河口に作った島」という意味の「カムイ・カラ・プト・ヤ・モシリ」が省略された形であるとされる。

南北に細長く、南から北までの広がりは北海道の2倍の940kmにも及ぶ(南端が北緯45度54分、北端が北緯54度20分)が、面積は北海道よりやや小さい。北海道とは宗谷海峡、大陸からは間宮海峡で隔てられる。

古くは南部にアイヌ、中部にニヴフ、中北部にウィルタが居住し、南部大泊に松前藩の陣屋が置かれアイヌとの交易を行っていた。古くは南北を踏破した者は誰もおらず、半島であるか島であるかすら謎であったが、江戸時代間宮林蔵が全島の探検を行い、樺太が島であることを確認した。

日露の国境画定(樺太千島交換条約)に伴い樺太はロシアに属することになるが、1905年のポーツマス条約締結後、北緯50度以南は日本に編入される。しかし、第二次世界大戦末期にソビエト連邦の侵攻を受け、戦後、当地に居住する日本人(アイヌ、ニヴフやウィルタの一部を含む)は奴隷化されたり、北海道に追放された。

現在のロシア領土としての詳細は「サハリン」を参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「樺太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6897

コメント