ピクシブ百科事典

菅野直

かんのなおし

実在の人物及び、それを基にしたキャラクターだバカヤロウ
目次[非表示]

概要

大日本帝国海軍の戦闘機パイロット。1921年9月23日に朝鮮半島の竜口で生まれ、宮城県伊具郡枝野村(現角田市)で育つ。

海軍兵学校70期、第38期飛行学生。最終階級は大尉(戦死後、二階級特進で中佐)。零式艦上戦闘機紫電改を操り、個人・協同含め撃墜スコアは72機。
数字からもわかる通り、大東亜戦争下でも屈指のエースパイロットである。

1945年8月1日、九州に向けて北上中のB-24爆撃機編隊を迎撃した際、『ワレ、機銃筒内爆発ス。諸君ノ協力ニ感謝ス、ワレ、菅野一番』との通信を遺して消息を絶ち、そのまま死亡扱いとなった。通信の内容や米軍側の記録から、機銃が暴発したことで操縦不可能に陥って墜落したものと考えられているが記録は状況証拠的なものしかなく、消息は不明。

菅野デストロイヤー」というニックネームを付けられたほどの強烈なキャラクター・生き様と、そのミステリアスな最期などから、注目を浴び続けている。
日本を代表するエースである杉田庄一やその他の部下からも兄のように慕われていた。司令の源田実大佐からも大きな信頼を得てかわいがられていた。

関連タグ

大日本帝国海軍 紫電改 第343海軍航空隊

管野直枝(「菅野直」がイメージモデルのストライクウィッチーズのキャラクター)

ここからは「ドリフターズ」関連ばっかりだコノヤロウ

空から来た男


現在「菅野直」でタグが登録されているイラストは全て平野耕太作の漫画「ドリフターズ」に関連したものである。
ちなみに作中菅野だったり管野だったりするが、恐らく誤植(+誤記)。
10話冒頭の紫の書類と11話ラストページではちゃんと菅野である。ハーネスと台詞は管野だけど。
ドリフターズでの登場回のサブタイトルは「私の彼はパイロット
じーぶーんーのーひこーきぃーに、おねつーなのー

整備兵「てめぇいい加減にしろバカヤロウ」

管野直の二つ名「デストロイヤー」は練習生のときに飛行機をぶっ壊しまくっていたことに由来する。練習生のときから勝手に宙返りを覚えるなど操縦技術も射撃の腕も抜群だった。しかし操縦は変わらず激しかった。
ドリフターズでは乗っていた紫電改は停止した。元々帰還は絶望的だったので仕方ないが。
ちなみに、米軍からはあまりの戦い方の豪快さやその戦果により恐れられ、乗機胴体に描かれた指揮官認識マークの黄色の帯から「イエローファイター」と呼ばれていた。

何だ、バカヤロウ

荒井注だコノヤロウ。"ドリフターズ"だ、文句あるかバカヤロウ

元文学青年だ、バカヤロウ

軍隊に入る前はドイツ文学に傾倒していたことがある文学青年であったりもする。
ただし今のようなナヨッとしてそうなイメージではなく、いわゆる「軟派な」人物だったようで、やんちゃな性格は幼少からパイロットになるまで変わっていなかったようだ。
軍隊に入った後の逸話にもそれを髣髴とさせるものが残っており、よくわからない機械油でテンプラを作って食べたら当然のように腹を壊して死にかけたり、不時着した先の島で原住民の王様のようなことをしたり(※)と愉快な逸話には事欠かない。
(※ただし、本当の所は「俺って実は皇太子なんだぜ」とか大法螺こいたら信じられたというのが実際の話っぽい。それはそれでどうなんだって話だが)
何が彼を文学の世界に引き込んだのだろうか・・・
菅野が個人的にノートに書き残していた日記や詩をまとめた書籍が出版されている。中学生(書いた当時)らしからぬすばらしい作品ばかりである。

優等生にして問題児だったんだバカヤロウ

幼少時から運動勉学ともに常に一番の成績の超優等生だった。
反面、正義感が強い上で手が出るのが早く、喧嘩をして問題になることが多く、教師は持てあましていたようである。
納得がいかないことがあると黙ってはいられない性格だったらしい。
軍隊でも着陸する滑走路を間違えた事をその現場の上官に注意された際、離陸時のプロペラの風圧を利用してわざと上官のいる小屋を吹き飛ばしている。
また、自分の部隊の隊員と談笑しているところをうるさいと注されたときには「明日の命もしれぬ者に何という言いぐさか!」と食ってかかったのだという。
台風で通学路にある川が氾濫し、橋が決壊して多くの学生が登校できなくなっていたので、荒れ狂う川を泳いで渡り学校に知らせ、そのことをもう一度泳いでもどって生徒達に心配しないよう伝えたという豪快すぎるエピソードもある。
このように友情に厚く、部下思いであったために多くの人間に慕われた。

だいたい事実だバカヤロウ

デストロイヤー伝説①
デストロイヤー伝説②
デストロイヤー伝説③
デストロイヤー伝説④
デストロイヤー伝説⑤
デストロイヤー伝説⑥
デストロイヤー伝説⑦
デストロイヤー伝説⑧



ばかやろう先生にマジで感謝だバカヤロウ。

ドリフターズでの俺についてだバカヤロウ

「空の神様また怒ってるよ」「あの人コワイ。ムチャクチャなんだもん」by犬猫
漫画『ドリフターズ』では第10話「私の彼はパイロット」から登場。アニメでの声優鈴木達央。紫の資料では「菅野デストロイヤー直」
史実に負けず劣らずとんでもなく血気盛んな短気で、「バカヤロウ!コノヤロウ!」が口癖。エンジンに喝を入れるのに、コンソールをぶん殴るという凶行に及んでいる。(何故かそれで直った。)
黒王率いるエンズのカルネアデス侵攻の際、上空にゲートが開き、ボロボロの紫電改とともに召喚された。状況に混乱しながらも、眼下でドラゴンが街を人ごと焼き払う様子が、B-29の本土空襲で街が火の海となり人々が逃げ惑う日本の光景と重なり激昂。ドラゴン相手に攻撃し4体を撃墜。図らずもドリフターズ側になって戦い、脱出する安倍晴明たちを助け、エンズに損害を与えた。
その後はオルテ北部の山岳地帯に不時着し、そこに住む犬人猫人たちを腕っ節でねじ伏せ、「空の神様」として祭り上げられた。ハンニバルたちから逸れたスキピオキッドと出会い、彼らを参謀に迎えて亜人たちとともにオルテ相手に蜂起した。
ブッチが冗談で言った仮想の国「ボリビア」を信じている。

直ちゃんかわいいじゃねえかコノヤロウバカヤロウ

例のパンツじゃないアニメの世界にも彼が元ネタである管野直枝(かんのなおえ)が存在している。
やっぱり敵と自分の機体をぶっ壊しまくっている。

なおなお



関連タグだコノヤロウ

ドリフターズ 平野耕太

pixivに投稿された作品 pixivで「菅野直」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5891656

コメント