ピクシブ百科事典

概要

概要どおり犬型の獣人を指す。
姿形は同じイヌ科動物である狼人の狼要素を犬に置き換えた感じの容姿をしている。

ジャッカルなどのイヌ科獣人は古代エジプト神話にまでその存在を遡る事ができるが、明確にイヌ科獣人と定義できる存在は既に古代ギリシャで考え出されており、ヘロトドスの『歴史』などの古文書では「キュノケファロス」(チノセパリック)という名前で紹介されており、生息地に関してはエチオピアだのインドだと言われていた。
中世ぐらいまでこういった犬頭人存在が信じられていたようで、マルコ・ポーロの「東方見聞録」やジョン・マンデヴィルの「東方旅行記」にも登場し、前者ではアンダマン諸島、後者ではインドネシアのジャワ島に生息するなど幻獣というよりも異民族として扱われている。

キリスト教の伝承にも犬頭人は登場し、キリスト教に改宗した「クリストフォロス」という聖人がそれである。彼は犬の頭を持つ民族の生まれで強い信仰心を持っていた彼はキリスト教の布教を脅威に感じたローマ帝国に捕らえられて処刑されたが、その信仰心は人々の心に根強く残り、5月9日を記念日(正教会準拠)とする聖人の名に数えられるようになったという。

近代の創作では人類の歴史と共に犬に品種も増えた為に、伝承で見られる狼に似た容姿だけでなく、プードルチワワなどの可愛らしい犬人も散見されるようになった他、本来は犬とあまり関係のなかったコボルトが『ダンジョンズ&ドラゴンズ』にて犬頭の獣人として描写されるようになってからはファンタジー作品で犬人扱いされる事も多くなった。なお、彼らの存在が描写される際には道具を扱う種族という都合上、人と同じ5本指である事が多い。
この他、犬耳や犬の尾を持った人間という獣要素の少ないタイプも存在している。(いわゆる犬娘がそれ。)

関連タグ

 犬娘 犬女 ワードック キュノケファロス
狼男/ウプウアウト/アヌビス/ルカリオ:似たような存在。ただし、全員犬以外のイヌ科動物がモチーフである。

のび太の大魔境/のび太とアニマル惑星/のび太のワンニャン時空伝:犬人や猫人が登場するドラえもんの劇場用作品
名探偵ホームズ:登場人物が犬人(犬に一言ある押井守いわく「わんわんもの」)のアニメ。
プラネットライカ:火星人との「顔の契約」によって地球人全てが犬の顔になったという世界を舞台としたADVゲーム。

関連記事

親記事

獣人 じゅうじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「犬人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473199

コメント