ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
南総里見八犬伝
45
『南総里見八犬伝』とは、曲亭馬琴・作の長編伝奇小説。

概要

江戸時代後期に曲亭馬琴滝沢馬琴)によって著された日本の長編伝奇小説古典の一つ。『里見八犬伝』、あるいは単に『八犬伝』とも呼ばれる「勧善懲悪」「因果応報」をテーマとした作品。

文化11年(1814年)に刊行が開始され、28年をかけて天保13年(1842年)に完結した、全98巻、106冊の大作である。


本作は現在に至るまで大衆文学・ドラマ・漫画・アニメなど各ジャンルの創作に影響を与え、多くの翻案が生み出された。「前世の因縁に結ばれた義兄弟」「共通する聖痕・霊玉・名前の文字」「抜けば水気を放つ名刀・村雨」などのモチーフを借りた作品が数えきれないほど創作されている。


内容

南総里見家の勃興と伏姫八房の因縁を説く発端部(伏姫物語)、関八州各地に生まれた八犬士たちの流転と集結の物語(犬士列伝)、里見家に仕えた八犬士が関東管領・滸我(古河)公方連合軍との戦争(関東大戦、対管領戦)を戦い大団円へ向かう部分に大きく分けられる。


水滸伝との関係

本作は作者である馬琴が、中国の伝奇小説『水滸伝』からインスパイアを受けて執筆したものと言われる。

馬琴自身、『水滸伝』にまつわる批評や二次創作小説にあたる作品を複数執筆するなど愛読者として知られ、『八犬伝』作中でも影響を受けたと思しき要素が多数指摘されている。


登場人物

八犬士

名前霊玉備考
犬塚信乃本作における事実上の主人公に当たる存在。
犬川荘助作中一番の苦労人。
犬山道節作中一番の短気。
犬飼現八小文吾の乳兄弟。
犬田小文吾作中でも悪役として知られる船虫と因縁が深い人物。
犬江親兵衛八犬士の中でも特に強い力を持つ人物。
犬坂毛野特に女装男子として知られる。
犬村大角八犬士の中でも最後に登場した人物。

主要キャラ

  • 伏姫:父である里見義実のうかつな約束により八房の妻となる。
  • 八房:八犬士の父。里見家で飼われていた霊犬。
  • 玉梓:物語における最大の悪役。

他キャラ


題材・モチーフとなった創作品

漫画


アニメ


小説・ライトノベル


ゲーム


映画


特撮

  • 電子戦隊デンジマン
    • はるか昔に滅ぼされた異星人の血を引く若者たちが、異星の姫の使いであるロボット犬に導かれヒーローとなるというプロットが里見八犬伝を下敷きにしている。

  • 新八犬伝
    • 1970年代にNHKで放映された長編人形劇。当時のフィルム事情もあり、大半のエピソードが処分されてしまっている幻の作品。

メディアミックス


関連イラスト


関連タグ

曲亭馬琴

古典文学 古典

和風  牡丹 オクテット


略称・表記ゆれ:里見八犬伝八犬伝


山田風太郎:小説家。『南総里見八犬伝』等の古典文学に精通しており、作品を再構成して独自の視点を加えた作品を多数執筆。『甲賀忍法帖』や『魔界転生』を制作する。

概要

江戸時代後期に曲亭馬琴滝沢馬琴)によって著された日本の長編伝奇小説古典の一つ。『里見八犬伝』、あるいは単に『八犬伝』とも呼ばれる「勧善懲悪」「因果応報」をテーマとした作品。

文化11年(1814年)に刊行が開始され、28年をかけて天保13年(1842年)に完結した、全98巻、106冊の大作である。


本作は現在に至るまで大衆文学・ドラマ・漫画・アニメなど各ジャンルの創作に影響を与え、多くの翻案が生み出された。「前世の因縁に結ばれた義兄弟」「共通する聖痕・霊玉・名前の文字」「抜けば水気を放つ名刀・村雨」などのモチーフを借りた作品が数えきれないほど創作されている。


内容

南総里見家の勃興と伏姫八房の因縁を説く発端部(伏姫物語)、関八州各地に生まれた八犬士たちの流転と集結の物語(犬士列伝)、里見家に仕えた八犬士が関東管領・滸我(古河)公方連合軍との戦争(関東大戦、対管領戦)を戦い大団円へ向かう部分に大きく分けられる。


水滸伝との関係

本作は作者である馬琴が、中国の伝奇小説『水滸伝』からインスパイアを受けて執筆したものと言われる。

馬琴自身、『水滸伝』にまつわる批評や二次創作小説にあたる作品を複数執筆するなど愛読者として知られ、『八犬伝』作中でも影響を受けたと思しき要素が多数指摘されている。


登場人物

八犬士

名前霊玉備考
犬塚信乃本作における事実上の主人公に当たる存在。
犬川荘助作中一番の苦労人。
犬山道節作中一番の短気。
犬飼現八小文吾の乳兄弟。
犬田小文吾作中でも悪役として知られる船虫と因縁が深い人物。
犬江親兵衛八犬士の中でも特に強い力を持つ人物。
犬坂毛野特に女装男子として知られる。
犬村大角八犬士の中でも最後に登場した人物。

主要キャラ

  • 伏姫:父である里見義実のうかつな約束により八房の妻となる。
  • 八房:八犬士の父。里見家で飼われていた霊犬。
  • 玉梓:物語における最大の悪役。

題材・モチーフとなった創作品

アニメ


小説・ライトノベル


ゲーム


特撮

  • 電子戦隊デンジマン
    • はるか昔に滅ぼされた異星人の血を引く若者たちが、異星の姫の使いであるロボット犬に導かれヒーローとなるというプロットが里見八犬伝を下敷きにしている。

  • 新八犬伝
    • 1970年代にNHKで放映された長編人形劇。当時のフィルム事情もあり、大半のエピソードが処分されてしまっている幻の作品。

関連タグ

曲亭馬琴

古典文学 古典

和風  牡丹 オクテット


略称・表記ゆれ:里見八犬伝八犬伝


山田風太郎:小説家。『南総里見八犬伝』等の古典文学に精通しており、作品を再構成して独自の視点を加えた作品を多数執筆。『甲賀忍法帖』や『魔界転生』を制作する。

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • 村雨丸について考えてみた

    タイトルそのまんまです… そういえばオトメイトが 頑張ってくれましたね! 来年まで待つのが辛い… コメント本当にありがとう御座いますm(_ _)m 返事コメント覧に書きました!
  • 玉梓の育児日記

    玉梓の育児日記

    江おん見たら玉梓の育児日記みたいなと思って書いてしまいました。 ただ、書きたかったものをそのまま書いただけです! 気の向くままに消します。
  • 闇の中で

    道節と浜路が犬山家にいた頃の過去話。十年前に南総里見八犬伝にはまりすぎて、関するさまざまな書物、漫画などを読み漁りました。そして今度は自分の言葉で八犬伝を表現したくなり、ルーズリーフに書きなぐったものをサルベージ。 道節と浜路の関係ってかなりシビアなものなんですよね……。基本設定は原作に基づいていますが、間違ってたらごめんなさい。台詞や独白など、詳細は創作ですが、起きた出来事は原作通りです。 (黒白は「あやめ」、正月は「むつき」と読みます。確か。正月は、浜路の昔の名。道松は道節の幼名。)
  • 犬坂・イズ・マイン

    毛野さんキャラ崩壊なさいました ほ、ほら彼八犬士随一のツンデレだから…
  • 犬坂毛野(オリジナル落語)

    ※小説家になろうにも、発言者名表示で脚本調に改変して掲載しています。 オチの持って行き方が落語っぽくないオリジナル落語。 落語にするなら、巴御前あたりをいじれば先生をタイトルにつなげられる…かなぁ 単純に一ひねりを入れようと思ってアレになっただけですな。 とりあえず後から読み直していじる!
  • 玉梓異伝

    『南総里見八犬伝』を玉梓視点から描いた二次小説です。 玉梓が自身の美貌と才知でのし上がり、やがて処刑されるまでのお話です。 玉梓の生い立ちは完全に私の捏造ですが、八犬伝の玉梓は完全に遊女であろうというようないたちであり、遊女上がりだろうと考えたためそのように設定しました。 作者である馬琴は大の遊女嫌いだったそうで、遊女を思わせる玉梓は御他聞に漏れず悲惨な最期を迎えます。 『 淫蕩な悪女には相応の報いを』というコンセプトでそうなったのでしょうが、私はこれに納得いきませんでした。 遊女たちは、大抵好きで遊女になったわけではありません。貧しい家計を助けるために、泣く泣く売られてきた者が大半でした。おまけに、味噌汁と白米以外の必要経費は全て自分持ち。贔屓の旦那方を騙してでも金を出してもらわなければ、借金はかさむばかりとなっておりました。また、性病にかかれば治療もしてもらえず野垂れ死ぬのを待つばかり。好きで色事に励んでいたわけでも人を騙していたわけでもなかったのです。 そんな人々にどうして正しく生きられないのかと言うのは間違っていると、そう思いながら書きました。
  • 二次創作にオリジナルタグをつけないでください

    如果標題名使用了其他作品提到的東西,就要被稱作是「二次創作」的話,那《2001太空漫遊》(英語:2001: A Space Odyssey)不就要因為使用了「奧迪賽」(Odyssey, 經典希臘史詩)的名頭,而也要被扣上「二次創作」的帽子嗎?
  • 青の八犬士

    青の八犬士 2

    続きなんて待ってる人とかいないんじゃなかろうかと思いつつ、シリーズ化してる手前ずっと書かねば書かねばと思って書いたらめっちゃ短いっていう……。思い付きで書き始めたので……。約4ヶ月どーしよどーしよって思って、やっと上げれて取り敢えずほっとしてます。 今、出猿の続きも書きたくてずっとうんうんしてます。
  • 玉梓の育児日記

    玉梓の育児日記2

    ちょっと物足りなくて続きを書いてしまいました。
  • 八犬士にはさせないで サンプル 【コミティア108新刊】

    5/5 コミティア108 Q48b・タマキブランドにて頒布する新刊のサンプルです。 メタ八犬伝長編青春ストーリー 上巻108P 下巻164P 各600円 詳しい情報はサイトをご覧ください http://tamakushige.web.fc2.com/ ■あらすじ■ 二年間の昏睡から奇跡的に五体満足の状態で目覚めた、ごく普通の高校生・山林静恵。 復学した彼女を待っていたのは、自分を「南総里見八犬伝」の犬塚信乃だと思い込んでいる美少年・大塚由乃に、「犬江親兵衛である」と思い込まれ、『八犬士クラブ』への猛烈な勧誘を受ける日々だった! 「そんなの知らない、勘弁してよ!」 ――けれども、静恵は由乃のことをどうしても放っておけない気がして。 “私は、私にしかなれない” “やめてください。私は、ヒーローなんかじゃありません” 由乃はなぜそうなってしまったのか。その真実を知った時、静恵は何を想うのか――幼馴染の瀧川琴路と伏見姫美、教師の玉里あづみ、八犬士クラブの面々と共に、由乃と静恵、そして八犬伝を巡る物語が始まる。 上下巻で送るメタ八犬伝長編青春ストーリー。誰もが皆、特別であることの物語。
    13,433文字pixiv小説作品
  • 此の花

    サイトからの転載。荘助×信乃前提のつもりでしたがそういった表現はほとんどないので腐向けタグはつけませんでした。キャラクターの設定と名前だけを借りたほぼ創作。いろいろ間違ってると思います。今回はじめて表紙画像をお借りしました。使用方法が間違ってないかと不安ですが…。お借りしたのはこちらです→http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=29752636
  • 玉梓の育児日記

    玉梓の育児日記3

    閲覧頂きありがとうございます。 玉梓の育児日記ゆるゆると書きました。
  • 劇をやってみました(南総里見八犬伝)

    頭悪い一杯ひっかけて書いただろうって文章です。 皆で平和に平和に演劇してます。 伏が伏姫の役をやるので、女体化タグつけました。 里見八犬伝、とても面白い素敵なお話です。
  • 番村雨

    初投稿です 番凩を聴いて荘助と信乃に思えたので… 中二病炸裂してる気がしますorz
  • 青の八犬士

    青の八犬士 1

    昔から滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」が好きで、オリジナルで八犬伝を基にした話を書いているんですが、ふとセプター4のA~Hも八人やん、というところから猿比古と美咲の名前にも偶然の一致を見出だして書き始めました。ちゃんと続けばいいな。吠舞羅も犬って入ってますね。そう言えばまだ誰が誰の生まれ変わりか書けてないですが……。
  • 里見八犬伝

    村雨の跡(概略版)

    ※当初案から、かなり内容を削いだので、既存の作文との整合性が取れない可能性が大です。(でも、これは駄作者に起きた奇蹟なんです!減量に成功した!!) 当初案は、盛り込む内容、登場人物達の背景、全体的なボリューム、因縁とそれに絡む登場人物がもっと重く、且つ複雑に錯綜する駄作者お得意パターンであったため、大変読者様泣かせな代物となる予定でした。 資料を散逸させたことと、捨ててしまったり忘れてしまったりしたため、精確性はかなり落ちました、更にその上、話の整合性を合わせるために、人物やその人物達の生きた時代、背景などがかなり創作になっています。 駄作者的には、正確性を犠牲にし、必要とはいえ創作で穴を補うのは、正直大変に遺憾です。しかし、正確性にとらわれ過ぎると、あちこちに無理が祟り、駄文が無駄に長くなるので、ある意味で内容を大幅に削いだ、骨子だけのこれが、正確性以上に本当に書きたい作文であったと想えるようになりました。 登場人物は、敢えて誰かと恋仲になる/なっているという立場は取って言いません。独り身です。 恋愛要素を入れると視点が固定されてしまうため、唯一、村雨丸→←信乃の両片思いだけが、作中の恋愛要素になります。 だからと言って、八犬士男性陣が信乃に対し、義兄弟、仲間意識以上――恋情を抱いていないわけではありません。 実際あれこれPRするのですが、鈍感を究めた信乃には全く伝わりません。(ここら辺を書く際は、『抜け駆け厳禁』という事で、他の八犬士達からの横やりが入り進展しません。ノリは完全ギャグ。 それでも踏み込むと、妙に聡いハチ、周囲の常識や遠慮、ついでに場の空気を無視するスキルを空気当然に獲得している浜路姫が、障壁というものはなんであっても突き破り、ぐいぐい自分のペースに持って行ってしまう為、誰も口出しさえ出来ません。(笑)) まぁ。スタンスとしては、事態が事態だけに、恋愛どころではない。伝わらないのを、振られたと勘違いして打ちひしがれている間もない。 それどころではない、そういう険しい事情があります。 別のジャンルで書いているとおり、駄作者の作文は。 ① やたらと長い(ウザい位) ② ストーリーや背景が、異常に重い ③ 登場人物全員が、完全泥沼相関図に陥っている。親族関係は特に重い。一言で言えば、面倒くさい 以上3点は、駄作者がお陀仏しない限り、絶対、絶対に直りませんので、お気をつけてください。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    遊ハち

    読む

pixivision

カテゴリー