ピクシブ百科事典

犬山道節

いぬやまどうせつ

犬山道節は、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
左肩に牡丹がある。

概要

犬山 道節 忠与(いぬやま どうせつ ただとも)

 長禄3年(1459年)9月、武蔵国豊島郡生まれ。
父は煉馬家重臣・犬山道策貞与で、浜路の異母兄にあたる。
 生まれながらに左肩に瘤があった。
幼少時に父の妾(浜路の母)に毒殺されたが、墓の中で蘇生した。
犬山家が仕えた煉馬氏は滅ぼされ、父も討死したため、姨雪世四郎・十条兄弟らとともに扇谷定正を仇として執拗に付け狙うことになる。
 道節は家伝の書を研究し火遁の術を使いこなしており、本郷円塚山での初登場時には火定(仏道修行者が、火中に身を投じて死ぬこと)を装って軍資金を集めていた。
 扇谷家への復仇の一念のあまり、短気・短慮でトラブルメーカーとしての描かれ方をされている。

関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 八犬伝

pixivに投稿された作品 pixivで「犬山道節」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32645

コメント