ピクシブ百科事典

犬村大角

いぬむらだいかく

犬村大角は、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。

南総里見八犬伝』に登場するの珠を持つ八犬士
左胸に牡丹がある。

概要

犬村 大角 礼儀(いぬむら だいかく まさのり)

 寛正元年(1460年)に生まれ、父は下野の郷士赤岩一角、母は正香。
幼名は角太郎という。
 父親を殺してなり代わった化猫(偽赤岩一角)に虐待されたため、母方の伯父・犬村蟹守儀清(いぬむら かもり のりきよ)に引き取られた。
その後、犬村家の一人娘、雛衣と結婚するが……。
 八犬士中最後に登場する犬士であり、古今の書物に精通している。

関連タグ

南総里見八犬伝 里見八犬伝 八犬伝

関連記事

親記事

八犬士 はっけんし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「犬村大角」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41597

コメント