ピクシブ百科事典

浜路

はまじ

浜路とは、戯作『南総里見八犬伝』の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

概要

大塚蟇六・亀篠の養女で犬塚信乃の許嫁。実は犬山道節の異母妹で名を正月(むつき)と言った。
母親は道節の父の愛妾で、道節とその母親を除いて正妻になろうとしたが、道節が蘇生したため発覚して処断。絶縁される形で大塚家に養女に出された。
許嫁の信乃を慕い、
信乃の滸我への旅立ちの前夜には切々と想いを訴えた(「浜路くどき」と呼ばれる名場面である)。
養父母の姦計にはめられて陣代・簸上宮六に嫁がされそうになり、首を吊ろうとする所を、かねて浜路に横恋慕する網乾左母二郎に誘拐された。
しかし浜路は左母二郎に従わず、左母二郎が持っていた本物の村雨を奪回して左母二郎に突きかかったため、本郷円塚山で殺される。

関連タグ

犬塚信乃 犬山道節 南総里見八犬伝 里見八犬伝

pixivに投稿された作品 pixivで「浜路」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 372524

コメント