ピクシブ百科事典

目次[非表示]

内容

滝沢馬琴が制作した物語「南総里見八犬伝」に登場する刀。
村雨丸とも。
鎌倉公方足利氏に伝わる刀で結城合戦の折、
公方家の近習であった大塚匠作から一子・番作に託され
番作はその死に際して子の犬塚信乃にこの刀を古河公方成氏(しげうじ)に献上することを託した。
物語の終盤、きちんと約束通りに戻されている。

聖なる妖刀

殺気をもって抜き放てば刀身から水気が立ち上る。それにより斬った後の血を浄化し
汚れを清め、決して錆びないといわれている。これが村雨(群れて降る雨)の名前元とされる。
この水の性質名前が実在する妖刀村正に似ているためか混同されやすい。

ちなみに元ネタとなった刀は当初不明だったが、現在は郷義弘の打刀五月雨江がモデルではないかと言われている。

この刀を基にしたと思われる刀が登場する作品


関連項目


南総里見八犬伝 妖刀 日本刀 村正

ムラサメ(モンスト)

関連記事

親記事

南総里見八犬伝 なんそうさとみはっけんでん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「村雨(南総里見八犬伝)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 194

コメント