ピクシブ百科事典

フリゲート

ふりげーと

軍艦の艦種の一つ。時代により指す対象が異なる。
目次[非表示]

概要

フリゲートは、18〜19世紀帆船時代においては外洋航海能力を持ち、軽快で軽武装の軍艦。

第二次世界大戦後においては、外洋での作戦能力を持ち護衛・哨戒・対潜などの多用途に使われる軍艦。現在は多くの海軍において主力となっている。

語尾に「艦」を付加して「フリゲート艦」と呼ばれることもあるが、「フリゲート」のみで一つの艦種を表すので、特に「艦」は付けなくてもよい。

帆船時代のフリゲート

艦隊決戦を行う戦列艦より小型・高速・軽武装の軍艦で、哨戒、連絡、通商破壊を行った。しかし19世紀には大型化し装甲を施すようになり、従来のフリゲートの任務はコルベットが担うようになった。大型化が進んだフリゲートは巡洋艦へと発展していく。

現代的なフリゲート

デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン


対潜・対空作戦能力を持ち、外洋での航海に耐える大きさと構造を持ち、船団護衛・揚陸補助・哨戒などを任務とする軍艦。

もともとは、第二次世界大戦中に連合国軍で船隊護衛用に大量建造されたコルベットが小型過ぎて外洋での任務に難があったので、コルベットを大型化した艦として作られた。日本海軍が第二次世界大戦時に建造した海防艦がこれに相当する。中国語では「巡防艦」と呼ばれる。

戦後は駆逐艦の大型化に伴いフリゲートもかつての駆逐艦と同程度かそれ以上まで拡大し、対空・対潜・水上戦闘能力を兼ね備え、多くの国で水上戦力の主役の座を占めるようになった。ただし小国にはフリゲートも高価に過ぎ、沿岸防衛に特化したコルベットを主力にしている国もある。

ただし、何をもってフリゲートを駆逐艦と区別するかは明確ではなく、イギリス海軍は艦隊防空ミサイルを装備しない水上戦闘艦艇をフリゲートと呼んでいるため駆逐艦より大きなフリゲートが存在する。ドイツ海軍のように水上戦闘艦を全てフリゲートの名で呼んでいる海軍もある。

関連タグ

軍艦 海軍 海防艦 ミサイル
沿海域戦闘艦(アメリカ海軍の艦種類別、ほぼ現代のフリゲートに重なる)

艦型

ドイツ海軍:ブレーメン級フリゲート ブランデンブルク級フリゲート ザクセン級フリゲート バーデン・ヴュルテンベルク級フリゲート
イタリア海軍:カルロ・ベルガミーニ
フランス海軍:フロレアル級フリゲート ラファイエット
オランダ海軍:デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート

そのほか

海上自衛隊が所有している護衛艦を見てみると、大型水上艦には駆逐艦を意味するDD/DDG/DDHを使用している。よって、基準排水量2,000トン以下の水上艦には護衛駆逐艦を意味するDEを使用しており、フリゲートとは称していない。しかし、他国の海軍からフリゲートと呼称されることがある。だが、日本近海は波の荒い海域が多いため、大型の駆逐艦に相当する汎用護衛艦(DD)を主力としている。

初代あさひ型護衛艦
あけぼの
いかづち型護衛艦
わかば
いすず型護衛艦
ちくご型護衛艦
いしかり
ゆうばり型護衛艦
あぶくま型護衛艦(現役)

関連記事

親記事

軍艦 ぐんかん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「フリゲート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48670

コメント