ピクシブ百科事典

ブレーメン級フリゲート

ぶれーめんきゅうふりげーと

西ドイツ海軍及び、統一ドイツ海軍が保有しているフリゲートの艦級。
目次[非表示]

概要

ドイツが戦後初めて建造されたケルン級フリゲートだが、艦体的に見てみれば非常に小さく、搭載する武装に限りがあった。そこで、1500t程排水量がアップし、若干の性能を改良したのが本級である。西ドイツドイツ連邦海軍の艦艇新造計画「フリゲート122」により建造されたフリゲートで、設計名は「護衛艦75」。

1979年から1990年にかけて建造し、現ドイツ海軍の中核を担ってきたが、艦齢が30年を超え本級の性能では時代遅れとみなされ、2012年度にかけて退役している。

同型艦

No艦名工廠起工進水就役退役
一番艦ブレーメンブレーマー・フルカン1979/07/091979/09/271982/05/072014/03/28
二番艦ニーダーザクセンAGヴェーザー1979/11/091980/06/091982/10/152015/06/25
三番艦ラインラント=プファルツB+V1979/09/251980/09/031983/05/092013/03/22
四番艦エムデンノルトゼーヴェルケ1979/06/231980/12/171983/10/072013/11/29
五番艦ケルンB+V1980/06/161981/05/291984/10/192012/07/31
六番艦カールスルーエHDW1981/03/101982/01/081984/04/192017/06/16
七番艦アウクスブルクブレーマー・フルカン1987/04/041987/09/271989/10/03
八番艦リューベックノルトゼーヴェルケ1987/06/051987/10/151990/03/19



諸元

全長126m
全幅12.4m
基準排水量3460t
満載排水量4200t
武装
  • OTM_76mmコンパクト砲1基
  • MLG-27_27mm機関砲2基
  • RAM近SAM_21連装発射機2基
  • Mk.29_シースパロー短SAM_8連装発射機1基
  • ハープーンSSM_4連装発射筒2基
  • Mk.32_mod.9_連装短魚雷発射管2基
C4I
  • SCOT-1A_衛星通信
  • SATIR-II_CDS+リンク_11/16
速力30ノット
乗員201名



関連タグ

西ドイツ ドイツ海軍 軍艦 フリゲート はつゆき型護衛艦
あさぎり型護衛艦

コメント