ピクシブ百科事典

護衛艦

ごえいかん

日本の防衛の用途に供される艦船の種別名
目次[非表示]

護衛艦とは……

 護衛艦とは、海上自衛隊に所属する艦船(自衛艦、諸外国で言う軍艦に相当する)のうち、警備用艦船を指す。日本国外でいう駆逐艦(Destroyer)が主な艦種であり、海上自衛隊発足当初は警備艦と呼ばれていた(予算上は現在もそう呼称されている)。

 これらの艦名は、駆逐艦や巡洋艦海防艦といった日本海軍を想起させるような名称に替わる国民感情に配慮した名称とされるが、戦前の艦隊型駆逐艦とは運用が大きく異なるし、諸外国では一部の護衛艦についてはフリゲートやヘリ空母などと呼ばれることもあり、一概に「護衛艦=駆逐艦の呼び替え」と扱うのは適切でないかもしれない。

運用

 この艦は海上哨戒と対潜水艦任務を第一義とし、救難・対空戦闘・対水上戦闘能力が付加されている。日本では沿岸警備を海上保安庁が分担しており、外洋任務が主となるため比較的大型な駆逐艦に相当する艦艇が主力となる(諸外国ではこの種の艦艇は沿岸防衛が主であるため、比較的小型のフリゲートを主力とする国がほとんどである)。

護衛艦という名称の根拠

 ぶっちゃけ現代において艦艇の分類は、かなり曖昧なものとなっている。

国外の事例

 アメリカ合衆国においてもアーレイ・バーク級駆逐艦タイコンデロガ級巡洋艦(双方ともイージス艦であり、ミサイルを主武装としている、ただしこの分類は政治的なものを含むといわれる)は規模はほぼ変わらない。
 またアメリカやイギリスでは空母と変わらない、あるいは元空母の揚陸艦も存在し、おそらく他国が運用する際は空母として運用されると推測される。
 またロシア空母は諸外国では空母と呼んでいるが正式には重航空巡洋艦(1936年に調印されたボスポラス海峡・マルマラ海・ダーダネルス海峡の通航制度を定めたモントルー条約をかわすためにミサイルを搭載し巡洋艦として扱っている)であり、フランスヘリ空母ジャンヌ・ダルク(1964-2010、この艦艇の分類に関しては練習巡洋艦、ヘリコプター巡洋艦などさまざまに分類される割と厄介な軍艦)の様に全通甲板でなくても運用する国が空母と言えばそれは空母なのである。
それを前提に以下を読んでほしい。

自衛隊の事例

 自衛艦(海上自衛隊に所属する艦艇の総称)のうち、警備艦という大分類の中の機動艦艇という中分類の中に護衛艦および潜水艦が含まれる。
 護衛艦はアルファベットでの類別では甲種としてDD(汎用護衛艦/駆逐艦)DDG(ミサイル護衛艦/ミサイル駆逐艦)DDH(ヘリ搭載護衛艦/ヘリ搭載駆逐艦)、乙種としてDE(汎用護衛艦/護衛駆逐艦※)と表記される。これは米海軍などにおける同型・同等の艦船に則したものである。
 なお初期には貸与(もしくは事実上の供与)としてPF(パトロールフリゲート)が在籍した。
 よって、国内向けには水上の比較的大型の戦闘艦艇を護衛艦と総称し、記号ではアメリカに準じて駆逐艦であるとしているというのが現状である。
 ちなみに根拠となる『海上自衛隊の部隊、機関等における英語の呼称について(通達)』には発出されたのが昭和50年(1975年)と古いためかDDとDEのみしか記載されていないが、米軍式の命名規則に倣ってHはヘリコプター、Gはミサイルを意味する。
※)たまたま訳がかぶっただけで本項本義の「護衛艦」とは意味合いが違う。一般にデストロイヤー・エスコートと言った方が通じやすい。またジェーン年鑑では勝手にフリゲートに分類している。

国外における分類

 ジェーン海軍年鑑(英国の出版社Jane's Information Groupによって出版され、艦艇の基礎情報に関しては世界で最も権威の高い書籍といわれている)においてはひゅうが型護衛艦を『ヘリ空母』としているが、これはあくまで編者の主観による「これって使い方としてはヘリ空母だろうからヘリ空母って書いとこう」的な非公式な分類である。というかCVHG(CV:航空母艦 H:ヘリコプター G:ミサイル)なんていう、日本の通達にも米軍の分類にもない無茶苦茶な分類である。
 そりゃヘリコプター運用能力が高くてVLSも装備しているけどさ……。

まとめ

合理的に考えれば、ある程度の大きさの水上戦闘艦艇は全部駆逐艦とかフリゲートと呼んでも差し支えないのだが、日本とドイツ(大型水上戦闘艦艇をフリゲートの呼称に統一している)以外の海軍は歴史的経緯でこのようなわけのわからないことになっている。

そういう訳で、他国では複雑かつ曖昧な基準で呼び分けられる水上戦闘艦艇をざっくりと包括できる「護衛艦」という呼称は、(元々は政治的理由による言い換えだったが)結果的に「合理的」で「分かりやすい」ものになっていると言えるだろう。

空母論争

 ちなみに国内外で全通甲板を持つひゅうが型やいずも型護衛艦(場合によってはおおすみ型輸送艦も)を空母とする向きもあるが、上記の通達および利用状況によりあくまで護衛艦(駆逐艦)ということになっている。

 護衛艦の進化としてはいわゆる駆逐艦型の護衛艦から対潜能力を特化させていったことで個艦のソナーのみに頼るASWから対潜ヘリコプターを用いたより広範囲を効果的にカバーするASWにシフトしたことによりヘリコプター運用能力を高めたDDHが生まれ、そのある種の到達点となったのがひゅうが型護衛艦である。
 ひゅうが型は高いヘリコプター運用能力とそれまでの護衛艦と同水準のソナー魚雷による個艦で敵潜水艦に対処できる能力、さらにVLSに搭載されたミサイルとFCS-3による防空能力を兼ね備えた一種の万能艦であった。
 いずも型ではさらにヘリコプターによる対潜能力に特化したため、個艦のソナーやミサイル、魚雷は装備されず、個艦としての武装は近接防御のためのSea RAMくらいしかない。
 これらの艦艇の運用方法は常時艦隊を組んで行動し、僚艦に守られながら艦隊の指揮を執り、他の艦に搭載されたものを含めたヘリコプターの運用プラットフォームになるというものである。また災害時には病院船や海上の会議室などとしても使えるように、ひゅうが型よりもそれらの機能が強化されている。

 要するに全通甲板型の護衛艦はあくまで対潜ヘリの運用に特化しまくった(おおすみ型輸送艦の場合は車両積載能力を重視した)ために全通甲板となっただけであり、固定翼機の運用能力を意図したものではない。
 その証拠として米軍のV-22オスプレイが合同演習の際におおすみ型輸送艦とひゅうが型護衛艦から運用された際には、おおすみ型輸送艦の飛行甲板に米軍が持ち込んだ耐熱板を敷設して運用しており、これは10分以上オスプレイがアイドリングすると飛行甲板が熱で歪んでしまうための措置である(なおひゅうが型護衛艦からの運用では長時間のアイドリングがなかったため耐熱板は使用しなかった)。
 その後、オスプレイの導入が計画されたため改修によって飛行甲板の耐熱化が図られる予定であるとされる。
 全通甲板という見た目だけで空母だとするのは、形が似ているからと言って柳刃包丁や剣鉈を日本刀だと主張するようなものである。

 余談ではあるが、冷戦期の長距離ミサイルなどへの洋上防空能力の強化の一つとして、「DDV(航空機搭載型護衛艦)計画」という形で空母を運用する構想は存在した(ハリアーを艦上機にしたシーハリアーや早期警戒ヘリコプターを艦載する軽空母として)。ただし「空母」というものは(政治的にも運用的にも)インパクトが大きい存在であり、アメリカ海軍からの反対やシーハリアーの能力上の問題もあり計画のみとなる。その代わり、並行してアメリカ海軍から供与予定だったイージスシステムが旧型から最新式に変更となったため、日本側としては嬉しい誤算でもあった。

護衛艦の命名基準

天候気象山岳河川地方等の名で、同型艦は同系統のものを用いる。時勢の移り変わり等で変化はあるが、実質的な前身組織である帝国海軍における命名基準がおおむね受け継がれており「襲名」艦も多数存在する。

また、旧海軍と異なり艦名の一般的な表記も全てひらがなである。これらは上記の命名基準とともに定められていることであり、現在に至るまで継続されている。その理由については旧海軍の印象を払拭する国内向けの政治的事情だとか、戦後の漢字制限の余波である(「当用漢字表」に掲載されていた1850字以外の漢字は、公文書に使用できないことになっていた)とか色々言われているが、実際の明言はされていない。こちらについても個々の好みによって「漢字表記にして欲しい」「ひらがな表記が良い」等々と、しばしば話題となることもある。

なお旧海軍の直接の後継組織である海上保安庁の船艇も同様にひらがな表記だが、海軍からそのまま引き継いだ船があったので、漢字表記の船名の巡視船(「宗谷」「栗橋」など)が存在した。

主な艦種

ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)

命名基準:山岳名、旧国名

ミサイル護衛艦(DDG)

命名基準:天候・気象名、山岳名

護衛艦/汎用護衛艦(DD)

命名基準:天候・気象名

護衛艦(DE)

命名基準:河川名


将来的護衛艦


関連タグ

海上自衛隊 イージス艦 自衛隊
ジパング
自衛艦これ:「艦隊これくしょん」風擬人化

pixivに投稿された作品 pixivで「護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 793338

コメント