ピクシブ百科事典

いすず型護衛艦

いすずがたごえいかん

いすず型護衛艦とは、海上自衛隊の乙型警備艦(DE型護衛艦)の艦級
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国から貸与されて地方隊に配備されていた第二次世界大戦型のフリゲートの更新用として開発された。
4隻が建造されたが、既に全艦が退役した。なお後期建造艦2隻は、機関や武装で大きな差異があったことから、特に『きたかみ型』と称することもある。またちくご型護衛艦は本型の発展形である。

設計

船体設計に当たっては、従来は重量配分を基準として行われていたのに対し、本型ではスペースベースの手法が導入された。これにより、レーダーやソナー、指揮・統制(C2)装備など電子機器やそのための各種配管・空調設備のため、急激に増大していたスペース所要への対応がなされた。
スペース確保の要請から、護衛艦としては初めて船型に遮浪甲板型を採用、荒天中の速力確保のため艦首乾舷も高められた。また居住性向上もなされており、科員一人あたりの居住面積は「いかづち」の1.82m2から2.40m2に増大、居住区用空調設備も導入された。

主機関としてはディーゼル機関を搭載しており、特にした.
「いすず」では、三井・B&W1235VBU-45V 2サイクル中速ディーゼルエンジン(4,000馬力)を4基搭載。
「もがみ」では2ストローク直列9気筒排気ターボ過給機付きトランク・ピストン型中速ディーゼルエンジンである三菱9UET52/65(8,000馬力)を2基搭載。
後期型のきたかみ型は2サイクルV型12気筒中速ディーゼルエンジン4基を減速装置を介して2基ずつ2軸にまとめるというCODAD(マルチプル・ディーゼル)方式が採用された。
「きたかみ」は三菱長崎製の12UEV30/40、「おおい」は三井玉野製の1228V3BU-38Vを搭載している。共に機関出力はそれぞれ4,250馬力に増強。

同型艦

  • DE-211 いすず
  • DE-212 もがみ
  • DE-213 きたかみ
  • DE-214 おおい



関連項目

護衛艦 海上自衛隊


関連項目

護衛艦 海上自衛隊

海自DEの系譜と後継艦

初代あさひ型護衛艦
あけぼの
いかづち型護衛艦
わかば
ちくご型型護衛艦
いしかり
ゆうばり型護衛艦
あぶくま型護衛艦(現役)

pixivに投稿された作品 pixivで「いすず型護衛艦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 86

コメント