ピクシブ百科事典

梨(駆逐艦)

なし

梨とは橘型駆逐艦(丁型駆逐艦)の10番艦(メイン画像手前)。後に海上自衛隊に編入され護衛艦「わかば」となった。
目次[非表示]

駆逐艦「梨」

大日本帝国海軍駆逐艦橘型の10番艦である。
川崎重工業神戸工場にて建造され、1945年3月15日に就役。
5月25日には本土決戦に備えた奇襲艦隊である海上挺身部隊が新設され、梨もこれに編入されるが、大戦末期の燃料枯渇状態にあってまともな訓練も行えない状態であった。

7月28日、平郡島北岸沖で停泊しているところをアメリカ空母機動部隊の艦載機にロケット弾を撃ち込まれ、そのまま転覆沈没した。

護衛艦「わかば」

その後長らく放置されていた梨だが、スクラップとして利用するために1954年にサルベージが行われたところ、状態が比較的良好であった事が判明。防衛庁(現在の防衛省)はこれを受けてサルベージ業者から梨を購入、兵装を撤去し船体と機関を修復した上で、1955年に警備艦「わかば」として海上自衛隊に編入した(わざわざ名称を変更したのは、梨をひらがな表記してしまうと「無し」と誤解される可能性があったためといわれる)。この名前を有する日本の艦艇としては、初代神風型「若葉」、初春型若葉」に次いで三代目となる。なおこの際、一度民間企業に払い下げられた艦艇を国が高値で買い戻した事が国会で問題とされた。

元々同じ艦であるという事から、わかばにはかつての梨の乗組員が優先的に配属されたという。

当然ながら同型艦は他に存在せず、海自も運用には悩まされた。引き揚げ時の状態は良好とされていたものの、念入りにレストアしたはずの機関は最後まで不調で、ひどい雑音を出し続けるような状態だった。「結局、梨(わかば)をわざわざ再生したのは、海自が旧軍の後継組織である事を示したかっただけなのでは?」という意見も多い。

初期は無兵装の練習艦として運用されていたが、1957年には他の警備艦同様にアメリカ式兵装と電子兵装を施される第二次改装を受け、乙型警備艦DE-261となった。1968年以降は実験艦として様々な新兵器のテストを行った。1971年3月31日除籍、その後再び民間企業に払い下げられ解体されている。

「艦隊これくしょん」のオリジナル艦娘としての梨

護衛艦わかば


艦隊これくしょんの流行に伴い、梨及びわかばの艦船擬人化イラスト(オリジナル艦娘自衛艦これ)もいくつか投稿されている。また、田中謙介プロデューサーもインタビューでわかばを実装したいと語っており、将来的に公式に実装される可能性もある。

ただし、2015年3月現在、「駆逐艦 梨」で部分一致検索した結果こいつ艦娘化したイラストばかりであるが。

関連タグ

わかば
橘型 駆逐艦 護衛艦
大日本帝国海軍 海上自衛隊

志賀 宗谷(砕氷艦) - こちらは海上保安庁に編入された旧帝国海軍艦艇。
第三図南丸 - 撃沈から7年後に引き上げられて復活した日本水産の捕鯨母船。引退・解体されたのは偶然にもわかばが除籍された1971年だった。

pixivに投稿された作品 pixivで「梨(駆逐艦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5602

コメント