2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

自衛隊

じえいたい

防衛省の実働部隊。日本において他国における軍に位置する国防組織。
目次[非表示]

自衛隊(じえいたい、英:Japan Self-Defence Force)とは防衛省の実働部門で日本軍事組織にして官僚組織の一つ。

経緯

昭和29年7月1日、同日に施行された自衛隊法に基づき保安隊・警備隊を改組し、併せて航空自衛隊を新設する形で設立された。通称制服組(対して中央官庁としての防衛省官僚組織をいう場合は背広組)。日米安保条約のもと国内外でアメリカ軍と密接に協力しながら活動する。

自衛隊は日本最大の特別職の公務員組織であり、日本の国家公務員の4割は自衛官である。また、2021年グローバル・ファイヤーパワー誌による世界軍事力ランキングでの自衛隊評価は、米露中印に続く世界第5位にランクインしており、既に世界的な軍事力に成長していることは疑いない。

任務と位置づけ

自衛隊の主な任務は、日本の「防衛」であるが、災害救助・急病人の搬送などの「災害派遣」および海上での治安維持を目的とした「海上警備行動」、そして国際連合決議等に基づく「国際平和協力活動」が副次的な任務として位置づけられている。「専守防衛」を標榜しているため、長らく海外での活動は控えられてきたが、最近では海外派遣も増えてきておりソマリア沖の海賊対処活動やハイチPKO派遣等で活躍している。

自衛隊の前身の警察予備隊保安隊は、アメリカ合衆国の占領下米軍の補完としてつくられた歴史をもち、自衛隊という組織の存在自体が米軍との連携を前提にしているという組織的・戦術的な制約がある。さらに政治的・法律的には、平和主義を規定した日本国憲法第九条とのジレンマを孕んでいる。そのため、活動には極めて多くの制約を課せられており、運用上の問題も多い。有事において日米両軍を統制する枠組みは不明確となっており、日米部隊の統合指揮がなされるのかどうかも不明である。

陸上自衛隊航空自衛隊は米軍基地のない北海道に重点配置されており、陸空自衛隊の部隊配置が手薄な沖縄は米軍が駐留している。海上自衛隊の装備は掃海と対潜任務に重点が置かれており、シーレーン(海上交易路)防衛は米軍とその抑止力に頼ることになる。
日本は群島国家であるため、領土と排他的経済水域の合計面積は世界10位と、世界有数の大きな広がりを持つ国である。その国土を、米軍と自衛隊が役割分担して守っていることになる。

このように、自衛隊の戦略思想は基本的に「米軍本隊到着まで敵性勢力の侵攻を遅滞する事」であり、自衛隊は米軍と一体化してはじめて完結した戦力として行動できる。その意味で「米軍基地は要らない、(現状のままの)自衛隊だけでよい」という主張はナンセンスである。一応、かつてはなんらかの政治的理由で対米戦などが勃発することを想定した自衛隊が孤立無援という前提の防衛計画はいくつか存在していたらしいが、自衛隊の米軍との一体化が深まった現在も有効かどうかは不明。

陸海空三自衛隊の中で最も一体化の度合いが大きいのが航空自衛隊。次いで海上自衛隊、そして陸上自衛隊と言う順であり、一体化の度合いニアリーイコール政治的な枷の度合いとも見て取れる。
しかしその陸上自衛隊も海外への国際貢献任務の増加に伴い、海外派遣を総括する中央即応集団の司令部は在日米陸軍司令部所在地である神奈川県の「キャンプ座間」に移転、事実上一体化した組織になりつつある。

自衛隊は、上記のような米軍の補完組織であるという一面と同時に、大日本帝国の軍隊の後継組織であるという一面を持つが、旧軍の暴走(有名なのは関東軍石原莞爾らの独断専行)が第二次世界大戦への参戦→敗北を引き起こした要因の一つであったから、戦後の自衛隊に対する評価は厳しくなりがちである。

組織

組織は大きく陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊に分かれ、その上に制服組の最高位として統合幕僚長とその補佐をする統合幕僚監部が置かれている。指揮系統は平時と有事で大きく変わる。

平時には陸海空それぞれの自衛隊のトップ、陸上幕僚長海上幕僚長航空幕僚長がそれぞれ支援組織である陸上幕僚監部海上幕僚監部航空幕僚監部を従えて陸海空自衛隊の指揮を執る。主な業務は各自衛隊の訓練や整備、補給などである。このためこれらの組織をフォースプロバイダー(練度管理責任者)という。なお、平時には統合幕僚長と統合幕僚監部は大臣や国家安全保障会議への助言・補佐を任務とする。

有事の際は最高指揮官である内閣総理大臣から防衛大臣を通じて統合幕僚長に全ての命令が下る。陸海空自の幕僚長は統合幕僚監部に部隊を提供し、統合幕僚長の指揮によって部隊が活動する。このため統合幕僚監部の組織をフォースユーザー(事態対処責任者)という。これによって例えば陸自の輸送を空自あるいは海自が行うといった連携をスムーズに行うことが、このような統合運用体制の狙いである。

兵器の製造について

自衛隊は自前で武器弾薬を製造する工場、いわゆる工廠を持たない軍事組織である。よって、自衛隊の使用する装備や戦闘機・戦車などは民間企業に委託して製造されている。これ自体は特に珍しいことでも無い(世界的に見ても、かつての工廠が民間に払い下げられたり第3セクター企業となることは多々ある)が、日本は武器輸出を原則禁じていることもあって、兵器開発・製造を一手に担う軍事企業は存在しない。ために、複数の企業に事業の一つとして兵器の生産を委託しているのが特徴であり、意外な企業が防衛産業に携わっていることも多い。
日本の高い技術力と工業力あったればこそだが、問題も多い。防衛産業は平時は儲からない分野であることに加えて、海外に武器を輸出しないので市場原理や競争が起きず、新技術の開発などが積極的に行われないのである。それだけならまだしも、他に競争相手が居ないことから手を抜いた仕事をされたり、備品の製造を担当していた会社が業績の悪化等で引き上げてしまうなどの衰退が促されてしまうという無視出来ないデメリットも顕在化している。そのため、現在は無理に国産化を図らず、海外からの輸入品なども積極的に活用するなどの方向転換も成されつつある。
いずれにせよ、改善が促されている部分である。

関連イラスト

90式戦車
ミサイルを撃ち落とせ。


F-2A



関連動画



関連タグ

陸上自衛隊 海上自衛隊 航空自衛隊
ミリタリー 日本軍 海上保安庁 防衛省

架空の自衛隊

戦略自衛隊新世紀エヴァンゲリオンに登場する組織。略称は「戦自」、「JSSDF(Japan Strategy Self Defense Force)」
特務自衛隊ガサラキに登場する海外派遣用に組織された第4の自衛隊で、派遣に応じて他の3隊から集められる。略称は「特自」、「JSSDF(Japan Special Self Defence Force)」

外部リンク

Wikipedia

支援団体

関連記事

親記事

防衛省 ぼうえいしょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7494708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました