2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

東宝自衛隊

とうほうじえいたい

東宝自衛隊は、映画配給会社「東宝」の作品に登場する自衛隊の便宜的な名称。
目次[非表示]

概要

主にゴジラシリーズなど怪獣映画特撮映画に登場する自衛隊及びそれに類する組織をまとめて指す概念(公式名称ではない)。

「対超常生命体戦術作戦(Tactical Operation against Hyper-biotical Object)部隊」の略称・通称として「TOHO自衛隊」と呼ばれているとの説もある。

東宝作品における自衛隊組織というのは詳細こそ各作品ごとに異なるが、主にゴジラモスラに代表される巨大怪獣と頻繁に接触、交戦している。そのため、配備戦力も現実の自衛隊とは大きく異なり、メーサー車スーパーXシリーズなど、実際に存在すれば国際政治問題間違いなしの特級危険兵器がバカスカ登場する(後に登場するメカゴジラMOGERA国連主導の下で開発され、管轄も国連G対策センターとなっている)。

しかし、そんなヤバすぎる代物を揃えてなお勝ちの目が全く見えないヤツは存在する。非情である

断っておくが、彼らは怪獣を題材に扱った特撮作品の軍隊の中でも決して弱くはない。ウルトラ怪獣の中でも並の連中やガメラ怪獣くらいなら無双できるであろう装備と経験値を持っているのは間違いない(例えば、機龍二部作に登場した特生自衛隊はゴジラ以外の怪獣に対してはかなりの実績をあげている組織である)。

ゴジラシリーズの怪獣(特にラスボスを張るくらいの凶悪な連中)は、人類の英知を振り絞ってなお強すぎるのである。

とは言え、東宝自衛隊の装備が出張した『ウルトラマン』の対ネロンガギャンゴにせウルトラマン戦では、いずれも自衛隊(防衛隊)の装備は怪獣を倒す決め手にはなっていない。一応、ギャンゴの片耳を破壊してはいるが……。

関連タグ

東宝 / 東宝特撮 / 東宝怪獣 / 架空兵器
怪獣と戦うのは自衛隊の伝統だけどよ!:『自衛隊彼の地にて、斯く戦えり』において登場する東宝自衛隊を体現する名台詞
防衛軍(地球防衛軍):作品によっては「自衛隊」ではなくこれらの名称で登場している。「侵略星人(が繰り出す怪獣)との交戦は戦争行為に該当するので自衛隊名義は使えない」とする説もあるが詳細は不明。この説に倣うならゴジラ戦は生物災害への対応になるのだろうか。

外部リンク

東宝特撮映画の怪獣対策組織 - Wikipedia
東宝特撮映画の登場兵器 - Wikipedia

関連記事

親記事

東宝特撮 とうほうとくさつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206068

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました