ピクシブ百科事典

特生自衛隊

とくせいじえいたい

特生自衛隊とは、『ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS』に登場する怪獣対策を目的とした自衛隊である。

概要

日本にある自衛隊の中でも対特殊生物戦闘専門として陸海空三軍と並ぶ第四の組織。正式名称は「対特殊生物自衛隊」英文表記は「JXSDF」(Japan Counter-Xenomorph Self Defence Force)
千葉県の習志野駐屯地を司令部とし、99年当時で4072名、2004年当時で4068名の隊員が所属している。

1954年ゴジラ出現を皮切りに、次々と日本を襲う怪獣による災害が頻発した。
それまでは既存の兵器を使った作戦が展開されてきたが、1966年ガイラ出現時に陸上自衛隊にかつてモスラの繭を焼き払うためにロリシカ国から貸与された原子熱線砲をベースに独自開発したメーサー殺獣光線車が配備された。だがその性能の高さから国内では「専守防衛の範疇を越えている」という批判の声が上がった。

そのためメーサー使用を専門に扱う部隊として発足されたのが始まりであり、この理由から戦力を防衛出動に使用する事はできないが、逆に陸海空の支援を受けることは可能である。

それ以後はメーサーを使用した兵器によって怪獣と戦ってきたが、千葉県房総半島沖で初代ゴジラの骨が引き上げられた台風の夜に、それまで出現しなかったゴジラの別個体が出現。
台風で威力が落ちているとはいえメーサーや通常兵器はまるで歯が立たず、10名の殉職者を出し、上陸地点の舘山に大損害を被った。

これに危機感を覚えた当時の柘植真智子内閣は99年10月「対G特殊兵器開発特別法案」を可決。諸外国からの「日本が再び軍事大国になる」という懸念の声を退け、4名の天才科学者を招集。回収したゴジラの骨を基に究極の決戦兵器開発プロジェクト「機龍プロジェクト」を発足した。

2003年。柘植内閣は解散し、新たに柘植政権下で科学庁長官を務め、機龍プロジェクトの最高責任者である五十嵐隼人が新内閣を発足。
三式機龍の完成と同時に、機龍を専門に扱う精鋭部隊「機龍隊」が新設。司令部をそれまでの習志野から八王子駐屯地に移転。ゴジラに立ち向かう事となった。

関連タグ

東宝自衛隊

pixivに投稿された作品 pixivで「特生自衛隊」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 216

コメント