ピクシブ百科事典

3式機龍

ごじらのいでんしをうけつぐもの

2002年及び2003年のゴジラ映画に登場するメカゴジラの名称。
目次[非表示]

概要

メカゴジラ2003(3式機龍) 【ニコニコ動画用イラスト】
ラクガ機龍



型式番号MFS-3
身長60m
体重重武装型:40000t、高機動型:36000t)

ミレニアムシリーズメカゴジラ
正式名称は「3式多目的戦闘システム」(Multi-purpose Fighting System-3)。
ゴジラ×メカゴジラ』『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』の所謂「機龍二部作」に登場する。

これまでのメカゴジラと違い、人類が自力で作り上げた兵器という設定であり、作中では自衛隊の命名方式に乗っ取り「3式機龍」と呼ばれる。
この3式という呼び名には「3種類目のメカゴジラ(初代と2代目は同種)」、「3体目の対ゴジラ超兵器1号機:スーパーメカゴジラ、2号機:MOGERA」という意味も含まれていると思われる。
なお、メカゴジラという名称は劇中では湯原親子のみが使用しており、さらに湯原沙羅は正式名称判明とともに「機龍」と呼ぶようになっているため、メカゴジラという愛称を最後まで使ったのは湯原博士のみ。そして親子が登場しない『東京SOS』では終始機龍と呼ばれメカゴジラという呼称は出てこない。

専ら遠距離戦闘を主軸にし近距離では動きは鈍かったこれまでのメカゴジラに対して、こちらは動きも身軽で格闘戦もこなせてしまう。
これらの設定は現代のロボット工学技術の発展を反映したものである。

初代と2代目の中間の様な顔立ちをしているが、コンセプトデザインは歴代でもかなり右往左往したようであり、シーボーズ然としたものや重戦車のようなものまであった(参照)。

房総半島沖から発見されサルベージされたオキシジェンデストロイヤーによって抹殺された初代ゴジラの骨を機体のメインフレームおよびDNAコンピュータの基幹にするという形で製作された。これはゴジラのフォルムが極めて戦闘に適したものであるということが判明したからである。

一方で“死したものを冒涜している”という観点からインファント島の小美人からは「機龍は間違った存在である」として解体および使われているゴジラの骨を海に返すように求められており、同時にこの機龍自体がゴジラを呼び寄せている原因になっているとも指摘されていた。
五十嵐隼人総理もそのことを真摯に受け止めていたが、現状機龍以外にゴジラに対処する手段がないことと代わりに戦ってくれるモスラがかつて(事情があれど)東京を破壊してしまった前歴があることから放棄に関しては態度を保留していた。ただ実際には総理もゴジラを駆逐した後は機龍を即刻破棄するつもりだった。

スペック

「重武装型」はスーパーメカゴジラのガルーダのような多目的バックパックを装備しているが、その武器は主にミサイル兵器。

後述のアブソリュート・ゼロを除くと本体の武装は口腔内の二連小型メーサー砲のみ。両腕には着脱式の2連レールガンとレーザーブレードを組み合わせた複合兵装「0式レールガン」が取り付けられている。
組み込まれたDNAコンピュータの恩恵により素での運動能力に優れており、さらに接近戦時にはバックパックユニットを分離して純粋な格闘モードである「高機動型」へと移行する。
最大の武器は腹部に装備された「3式絶対零度砲(アブソリュート・ゼロ)」で、超低温レーザーを発射することで対象を凍結し、分子レベルにまで破壊する超兵器である。

このDNAコンピュータは通常のコンピュータよりも演算能力が高いとされ、動作指令の伝達において極めて高速の情報処理ができることから従来のロボット兵器とは違う至って生物的な素早い挙動が可能になっているのが最大の特徴。そのため通常の人間では稼働の際にかかるGに耐えられないとして特殊戦闘機「しらさぎ」から遠隔操作によって制御する(一応内部からの直接操縦も可能だが、上記の問題から推奨されていない)という方式を取り、エネルギーとなる電力も基地からマイクロ波に変換したものをしらさぎを経由して背鰭に送られることで供給される。

だが、そのDNAコンピュータにゴジラの骨に残っていた細胞を使用していたため、初代ゴジラの性質が奥底に残ってしまっており、ゴジラとの初戦ではその咆哮を聞いて記憶を取り戻したかのように暴走するという事態を引き起こした。これを受けてコンピュータに使われているDNAの情報を別のものに書き換えるという処置が取られることとなった。

『×メカゴジラ』では品川でゴジラと死闘を繰り広げ、大きなダメージを受けつつも最終的に洋上でアブソリュート・ゼロを命中させた。とは言え、水中で放ったこととゴジラが熱線を同時に撃ったことで決定打には至らなかったものの、ゴジラを退散させることには成功し、結果としては痛み分けに終わった。

3式機龍改

怪獣図鑑・メカゴジラ


前回の決戦で損傷率37%ものダメージを負ったことを受けて大幅な改修が施された形態。
見た目はさほど変わっていないが全体の色合いが変化しており、何より損失した右腕部は可変式ドリルアーム「スパイラルクロウ」に換装されているのが特徴。重装型の方も両腕の0式レールガンはブレードを廃した射撃兵装に絞り、そしてバックパックユニットは小型化および機能の拡張が成されるなど武装の全体的な見直しが図られている。
また前回の戦いで起き上がる隙を何度も狙われたことからか姿勢制御用ブースターの数が増設されている。

ただし、前回の戦いで大破したアブソリュート・ゼロは予算の都合上修理できなかったため本体にはその代替策として大口径3連装ハイパーメーサー砲を搭載することとなった。
一方で内部システムの修復にはまだ時間がかかっており、再出撃の際には整備が未完の状態だったことから以前よりも動きが若干鈍くなっている。

ゴジラ再出現に際して当初はまだ修理が完全でなかったこと、小美人に指摘された倫理的観点から出撃は渋られていたが、命を顧みずゴジラに挑むモスラ成虫を支援するため改めて出撃命令が下され、上記の問題を抱えつつも強化された武装によってゴジラ相手に善戦する。
モスラ幼虫の支援もあってゴジラの封じ込めに成功するが、決戦終盤で再び初代の自我に目覚めると動きを封じられたゴジラを抱えて共に日本海溝へと身を投げ、そのまま両者ともに姿を消した。

なお、海に沈む直前に自身の整備担当者で、最後まで自身を修理・整備してくれた中條義人に対して「SAYONARA YOSHITO」という別れの言葉のようなメッセージを残している。

格闘戦への傾倒、頭部の兵器は口にのみ装備、電撃を模したメーサー兵器の数々と可変式のアームドリルと冷凍兵器はまるで昭和メカゴジラとスーパーメカゴジラ&昭和メカゴジラの倒され方へのテーゼまたはアンチテーゼのようである。

オペレーター

  • 家城茜(『×メカゴジラ』)
  • 秋葉恭介(『東京SOS』)


その他の作品に登場した3式機龍

巨影都市

巨影としてゲスト出演したゲーム『巨影都市』では、口からのメーサーが従来のような青色になっている。メタ的には機龍のメーサー砲の色はゴジラの熱線との差別化で黄色に設定され、劇中設定では出力向上によって色が黄色に変化しているため、本作の場合、原作より威力が低いと見ればそこまで逸脱した設定ではないと言える。

ゴジラ対エヴァンゲリオン

2016年夏の『シン・ゴジラ』公開を記念して開催されている『新世紀エヴァンゲリオン』とのコラボ企画。
同企画において三代目メカゴジラこと3式機龍とエヴァを組み合わせた商品がいくつか制作されているが、機龍は生体由来のフレームに機械の装甲を被せているというコンセプト、人の手を離れて暴走する、といった要素から公開当時はファンの間で度々「エヴァっぽい」と指摘されていた(その他にも元ネタ自体は別途であり関係はないとされているが『×メカゴジラ』の逆転の展開がヤシマ作戦っぽいという意見もあった)。

  • メカゴジラ初号機VER
セブン・イレブン限定発売の前売り券特典としてエヴァ初号機のカラーを施した三式機龍のフィギュアである「ムービーモンスターシリーズ メカゴジラ初号機VER」が限定発売された。

  • 3式機龍(重武装型) エヴァ初号機イメージカラー
  • 3式機龍改(重武装型) エヴァ2号機イメージカラー
バンダイプレミアムより東宝30cmシリーズとしてエヴァ初号機カラーの2002年版機龍およびエヴァ2号機カラーの2003年版機龍のフィギュアが販売された。

スーパーロボット大戦X-Ω

スーパーロボット大戦X-Ω』にて機龍がスパロボシリーズに参戦した。
これまでにもメカゴジラのエッセンスを引き継ぐ機体としてギルギルガンガルガウ等が登場していたが実際に本機が出るのは初の事である。

また上述のエヴァ初号機カラーの機龍も「3式機龍乙型」という名称で参戦。
コラボ企画と少し違い「0式レールガンのみを装備した変則型の高機動型」となっている。

メカゴジラの要素を持っている主な機体(X-Ω登場作品のみ)
あしゅらマジンガーマジンカイザー
バンシィ・ノルン機動戦士ガンダムUC
レシュバルSTARDRIVER輝きのタクト
ニルヴァーシュ type the END(交響詩篇エウレカセブン
リボーンズガンダム機動戦士ガンダム00

関連タグ

メカゴジラ
ゴジラ怪獣 ゴジラ ロボット
特生自衛隊 生体ロボット

pixivに投稿された作品 pixivで「3式機龍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22213

コメント