ピクシブ百科事典

ゴジラ×メカゴジラ

ごじらくろすめかごじら

ゴジラ×メカゴジラは2002年に公開されたゴジラシリーズ第26作品。
目次[非表示]
  1. 1974年公開のシリーズ第14作は→ゴジラ対メカゴジラ
  2. 1993年公開のシリーズ第20作は→ゴジラVSメカゴジラ

概要

ミレニアムシリーズ第4作目の本作で9年ぶりにメカゴジラが採用された。本作のメカゴジラは「vsメカゴジラ」と同じく人類の科学技術を結集した対ゴジラ兵器として描かれている。

世界観は初代を引き継ぎつつ、ミレニアムシリーズ内では連続性を持たないというミレニアムシリーズ独特の世界観を踏まえつつ、「モスラ」「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」「ゲゾラガニメカメーバ 決戦!南海の大怪獣」といった東宝特撮映画の世界観をミックスして引き継いだ世界観となっており、それらの作品のカットが作中に挿入されている。
また、ゴジラの愛称で親しまれる野球松井秀喜が本人の希望もあって作中に本人役で出演している。

しかし、この頃のゴジラはとっとこハム太郎と同時上映という迷走期であり、それらを受けてか本作と次作「東京SOS」の観客動員が一気に下がってしまったため、ミレニアムシリーズ、そしてゴジラシリーズの終了を決定させてしまったという。

あらすじ

館山に1954年以来再び上陸した2頭目のゴジラは出動した対特殊生物自衛隊(特生自衛隊)を軽々と退け館山を蹂躙し去っていった。この出動の際に自身のミスにより仲間を死に追いやってしまった特生自衛隊員の家城茜は自責の念に囚われつつ左遷されるも、再びゴジラと戦うことで罪滅ぼしをしようという意志に燃える。
特生自衛隊、日本政府は、対ゴジラ用兵器として1954年にオキシジェンデストロイヤーによって倒された初代ゴジラの骨を回収し、それをベースとして最先端技術を結集した対ゴジラ用生体ロボット兵器「三式機龍(メカゴジラ)」を作り上げ、特生自衛隊から選抜したメンバーによる機龍隊を設立する。

機龍隊に配属され、正オペレーターとして機龍の操縦を任された茜だが、仲間とも上手く行かず、今だに心の整理もついていなかった。しかし、機龍の完成式典が行われる中、ゴジラが襲来。出撃した機龍は性能を十分に見せつけてゴジラを追い詰めたが、初代ゴジラのDNAを用いたDNAコンピューターが暴走。機龍はゴジラの如く暴れ続け、都市を壊滅させてしまう。
調整が行われ、機龍の暴走が起きない様になったものの、事態は重大で機龍と機龍隊の存亡も危ぶまれてしまう中で、茜はゴジラの骨を使ってゴジラを倒すという機龍の存在、自分がするべき事を考え始める。

しかし、そんな中で今度はゴジラが東京へ来襲。全責任を総理が取るという決心を受けて機龍隊はゴジラ討伐を命じられ出動。
深夜の品川を舞台に破壊神ゴジラとゴジラの骨をその身に宿した兵器メカゴジラの決戦の幕が上がる。

関連タグ

ゴジラ ゴジラシリーズ メカゴジラ 釈由美子

スーパーロボット大戦X-Ω:『ゴジラ対エヴァンゲリオン』名義でゴジラが参戦しているが、機龍だけでなく家城茜や特生自衛隊も登場しており、さらにガイラや湯原博士などにまで言及されるなど、事実上の「ゴジラ×メカゴジラ」も参戦している扱いとなっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラ×メカゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21615

コメント