ピクシブ百科事典

チタノザウルス

ちたのざうるす

チタノザウルスとは、東宝制作の特撮映画「メカゴジラの逆襲」に登場する怪獣。
目次[非表示]

データ

チタノザウルス 【ニコニコ動画用イラスト】


身長60メートル
体重3万トン

なお、チタノウルスは誤った表記である。

概要

「自分で発見した恐竜をコントロールする」といった研究を発表したが、認められずに学会を追われた真船信三博士が、世間に復讐するために送り込んできた怪獣……というよりは恐竜。

普段はおとなしいが、頭にアンテナを取り付けられて操られており、操縦者の意のままに大暴れする。頭に生えている角っぽいものがアンテナである。
団扇状に広げた尻尾の先端を振ることによって、ゴジラでさえも踏ん張り切れないほどの猛烈な突風を起こして攻撃する。
弱点は超音波

真船博士の協力のもと、ブラックホール第3惑星人によって修復されたメカゴジラ2とタッグを組んでゴジラと対決した。

劇中での行動

冒頭、以前破壊されたメカゴジラの残骸の調査にやってきた潜水艦を襲い沈めた。

その後、横須賀でゴジラと対決。まずは得意の強風攻撃でゴジラ相手に互角以上に立ちまわる活躍を見せると、次いでメカゴジラ2と合流。ふたりがかりで完全に優位に立ち、ゴジラを噛みつきながら持ち上げるといったダイナミックな戦法を披露し、とうとうゴジラを倒して生き埋めにすることに成功した。ここまでのストロングスタイルをしているのは、シリーズでも他にカイザーギドラぐらいだとも言われる。

だが、弱点である超音波の存在にたどり着いていた防衛軍が、ヘリからこれを照射する作戦を開始すると、一転、超音波を嫌って逃げ回るだけの役立たずと化す。
その間に、生き埋めにされたゴジラが復活し、真船博士の娘・桂が自殺したことでコントロールを失ったメカゴジラ2は敗北・大破。
チタノザウルスは一対一でゴジラと戦わざるを得なくなってしまった。

ゴジラが勢いづいていたからか、それとも超音波攻撃のせいでへばっていたのか、今度はまるで歯が立たず、追い回されてボコボコにされた末、放射能火炎を浴びて海中で爆死した。

余談

・初期設定では、「タイタンⅠ」・「タイタンⅡ」という雄と雌の怪獣だった。
・海外では「タイタノザウルス」という呼び名(英語での読み)で呼ばれており、とても人気がある
・スーツアクターはウルトラマンレオと同じ二家本辰巳。
・現実にはティタノサウルスという名前の恐竜が存在する。(英語表記がTitanosaurusのため、チタノザウルスと表記できる。)
・「ゴジラFINAL WARS」には、冒頭のライブフィルムに登場。

関連タグ

ゴジラ ゴジラ怪獣 メカゴジラ 恐竜 メカゴジラの逆襲

pixivに投稿された作品 pixivで「チタノザウルス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27601

コメント