ピクシブ百科事典

シーゴラス

しーごらす

シーゴラスとは、『帰ってきたウルトラマン』に登場するウルトラ怪獣。
目次[非表示]

データ

別名:竜巻怪獣(妻は「津波怪獣」だが、逆に明記している図鑑も)
身長:62メートル
体重:5万2,000トン
出身地:西イリアン諸島


初代シーゴラス

帰ってきたウルトラマン』第13話「津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ」及び第14話「二大怪獣の恐怖 東京大龍巻」に登場した怪獣。二足歩行型。
西イリアン諸島に生息する怪獣の一種で、先んじて東京に来ていた怪獣で、であるシーモンスを救うため太平洋を突っ切り、伊豆湾から襲来した。MATから猛攻撃を受けるもすべて受け切って東京湾に辿り着き、シーモンスを助けるため津波を発生させた(第14話冒頭で「東京湾から津波を起こした」とナレーションが言っている)。

鼻先のを発光させ、津波を自在に操る力を持つ。またシーモンスと同時に角を光らせることで大規模な竜巻「ツインスパーク」を発生させ、東京を壊滅させた。
怪獣界きっての愛妻家であり、シーモンスに危害を与える相手に対しては徹底的に痛めつける。伝承で「シーモンスをいじめるな。さもなくばシーモンスをいじめれば角光り、シーゴラスも怒る。海も、天も、地も怒る」とあるのは、

の災害を表す。
まさに生ける天変地異、文字通りの台風一家ではあるものの、繁殖期以外は大人しく、歴代の防衛チームから存在すら認知されないほどひっそりと暮らしていた。

シーモンスの出産を邪魔する(勿論そんなこと知る由もなかった)自衛隊とMAT相手に大暴れするも、新開発されたMATのレーザー銃SP-70で角を折られて戦意を失ったのち、ウルトラマンジャックに倒されることなくシーモンスと共に海へ逃げ帰って行った。

なお学年誌によれば、海に帰ったのち、シーモンスとの間に「ミニモンス」という子供を儲けたという。

再生シーゴラス

「帰ってきたウルトラマン」第37話「ウルトラマン夕日に死す」に登場。
ナックル星人がウルトラマンの能力を調べるためにベムスターと共に送り込んだ。「死んでねえだろ!」と当時の視聴者からも突っ込まれており、初代とは別の個体という説と、星人が角を「再生」させた初代のクローンという説の2つがある。

前回同様に津波を発生させるが、すぐさまウルトラバーリアで阻まれ、スペシウム光線で鼻先の角を折られ倒された。しかし息つく間もなくベムスターが現れ、ジャックは二連戦を余儀なくされる(ベムスターが死んだのちに津波が引く描写がある)。
再生シーゴラスの描写は角を折られるところで終わるため生死は定かではない。『帰マン』第37話時点の制作者の意図では、あくまで角を折られたのみでその後は初代同様に海へ帰ったと描こうとしたと思われる。しかし、後のタイラントの設定からすると、スペシウム光線の衝撃で死亡した可能性が高い
なお第37話の映像は第13・14話の物の流用であり、よく見るとジャックがウルトラブレスレットをしていない。

内山まもる版では水中のスクリューに巻き込まれて死ぬという散々な扱いだった。

余談

OPでは「竜巻怪獣」となっているが、劇中のナレーションは「津波怪獣」と言っている。

第13話の津波から逃げる村人の映像は、元々は『怪獣大戦争』のゴジラから逃げる村人の映像で、背景に映るゴジラを津波に置き換えたもの。
この回のロケ地は現在のお台場レインボーブリッジ近く付近の晴海埠頭である。


ウルトラマンA』の「超獣対怪獣対宇宙人」にも出演する予定だったが、着ぐるみが出払っていたため、ムルチに変更された。(ちなみに『幼稚園』掲載版ではドラゴリーにぶち殺されている。やっぱりそうなるのか…)

ウルトラマンタロウ』放送時の児童誌設定では怪獣軍団海軍総督と言う設定。また『タロウ』に登場した暴君怪獣タイラントに頭部を流用された(ただ、平成版ソフビでは顔の色が銀灰色になってしまい、ほとんど違う顔にされてしまっている)。
「DXギンガスパーク」でこれとイカルス星人ベムスターバラバレッドキングキングクラブハンザギランの7体のスパークドールズを立て続けにリードさせて、トリガーを引くと…。

関連項目

帰ってきたウルトラマン シーモンス ベムスター タイラント

pixivに投稿された作品 pixivで「シーゴラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21799

コメント