ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

 宇宙大怪獣ベムスターに光線技を封じられたウルトラマンジャックは、太陽エネルギーを吸収してもっと強くなろうとするが、近づきすぎたあまり太陽に飲み込まれそうになってしまう。そこに兄貴分のウルトラセブン(『スーパー特撮大戦2001』ではゾフィー)が現れて手渡されたのが、最強兵器・ウルトラブレスレットだった。

 ウルトラブレスレットは普段はダイヤモンド状の飾りのついた金の腕輪の形をしているが、ジャックの意思通りに形態変化、さらに超能力を与えるのだ。セブン曰く「いかなる宇宙怪獣とも互角に戦える」との事。児童誌設定によればゾフィーが発明したらしい。


 ゼラン星人に操られジャックを襲った事やエースキラーに奪われた事がある。

 ちなみにエースキラーに奪われた際、なぜか他のと違いエネルギーを吸い取られたわけでもないのにガクッってなったり、エースキラーがウルトラマンエースに向かって使用したが、エースに弾き飛ばされてエースがかけられる予定だった十字架が根元が外れて吹き飛ぶ描写があったため、一時期「ジャックはエースキラー戦でブレスレットを無くした」とネタにされたこともあった。


 昭和作品の外部アイテムは平成映像作品では未使用(ウルトラマントのように平成作品で初めて纏ったタイプもあるが)な場合が多いが、ウルトラブレスレットは本編ほどの何でもあり感…もとい応用力こそ見せないものの未だにジャックが登場すれば一定の見せ場を作ってもらえるアイテムである。


 『帰ってきたウルトラマン』はその苦戦ぶりから視聴率が伸び悩み、様々な強化策が打ち出された。ウルトラブレスレットはその強化策の一つである。プロデューサーの橋本洋二は、「苦心の末に怪獣に打ち勝つ」という本来のテーマから外れるので当初は躊躇していたが、「ウルトラマンが弱すぎる」という意見から、採用に踏み切った。


 ジャックには変身アイテムが存在しないが、食玩『超ウルトラ8兄弟変身アイテムHYPER』や玩具『ウルトラ兄弟変身アイテムセット』では事実上の変身アイテムとして商品化された事もある。


その恐るべき活躍編集

×××に休日を


ウルトラスパーク編集

 もっとも使われた形態で、どことなくMATアローに似た形の短剣。投擲することにより、ベムスターの両腕と首を一瞬で切断し、グロテス星人を縦真っ二つに切り裂き、ノコギリンレオゴンUキラーザウルスの武器を切除し、グロンケンプルーマを断頭した。また、八つ裂き光輪同様に分裂させて相手を切り刻む「ウルトラスパーク3段斬り」、当たった相手を感電させる「スパーク電撃」といった応用技もある。

 単に投げることに留まらず、ザニカ戦やギガキマイラ戦ではナイフのように使って相手に斬撃を加えた。

 『ウルトラマンメビウス』におけるGUYSクゼ・テッペイ隊員の分析によるとフェミゴンと丘隊員が分離できた理由の一つとして「ウルトラマンの光線内にフェミゴンを宿主の肉体から切り離す素粒子があった」との事であるが、実際にフェミゴン戦の決まり手となったのはウルトラスパークなので、ウルトラスパークにこの素粒子が込められていた可能性が高い。



 また、サータン戦では太陽光を強化して引き寄せ、ブレスレット自体から放つビーム「ウルトラスーパー光線」と挟み撃ちにして木端微塵にした。


ブレスレットボム編集

 ウルトラスパークを爆弾に変えて投擲する。数多くの怪獣を一発で葬り去り、最大威力で放てば惑星一つを宇宙の塵に変えるほど。キングマイマイ戦では相手に飲み込ませ、腹の中で起爆して木端微塵にし、ロボネズは骨格標本にさせた。

 漫画『ウルトラマン闘士激伝』ではトーナメント対戦相手のMATを全滅させている。


ウルトラランス編集

槍使い。

 ウルトラスパークの柄を伸ばした投げ槍。知名度の割には、本編ではヤドカリンを串刺しにしたくらいしか使われていない。『ウルトラ銀河伝説』以降、ウルトラマンベリアルや怪獣兵器ブラックキングに対し使うなど出番が増えており、ウルトラブレスレットの代表技となっている。

 ちなみに『ウルトラ銀河伝説』では宇宙監獄の警備員のウルトラ戦士が使用していた。

 漫画『ウルトラマン超闘士激伝』では闘士ジャックのメイン装備。


ウルトラクロス編集

怪獣退治に使命をかけて

 邪悪を祓う巨大な十字架。作中ではコウモリをモチーフにしたドラキュラスバット星人の心臓を撃ち抜き、地獄へと送った。

 後にレッドマンのレッドアローに流用された。


ウルトラディフェンダー編集

ある意味伝説の回

 銀色に輝く巨大な盾。スノーゴンの吐いた冷気を弾き返し、氷漬けにした。

 内山まもるの漫画『ジャッカル軍団大逆襲!!』でも使用され、ガロウラーの光線を弾き返した。

 『ウルトラマンフェスティバル2018』ではマガゼットン相手にシールドバッシュで対抗していた。


ブレスレットニードル編集

 宇宙最大の怪獣バキューモンを内部から切り裂いた針。


ブレスレットムチ編集

 怪獣レッドキラーのブーメランを絡め取った


ブレスレットブーメラン編集

 白熱化していないアイスラッガーを彷彿とさせる形のブーメラン。速度は遅く、ブラックキングの体表に簡単に弾かれた。


ウルトラ火輪編集

 炎の輪に変えてバルダック星人を丸焼きにした。

 内山まもるの漫画『ウルトラ兄弟VS暗黒大軍団』ではサボテンダーを焼き尽くした。


変光ミラー編集

 鏡に変形。太陽光線の歪みを正し、蜃気楼を見せるパラゴンの正体を見破った。


ウルトラ再生パワー編集

 たとえ体をバラバラにされても、ブレスレットがある限り破片がくっついて元通りになる


能力強化編集

 ブレスレットのエネルギーを腕に集中させることで、手刀の威力を上げる。これが「ブレスレットチョップ」と呼ばれる必殺技である。


ウルトラ発光編集

 ビルガモに浴びせた閃光で、内部メカをショートさせた。

 光を苦手とするドラキュラスとの戦いでも同様の「ウルトラ閃光」を放った。


ブレスレット反射能力編集

 ウルトラブレスレットを装着した状態で盾とする防御技。

 ビルガモのバルタニックウェーブを反射してダメージを与えた。


バリヤーボール編集

 球状のバリヤーに変形させ、空中に放り出されたMAT隊員と少年を救出した能力。


磁力封じ能力編集

 黄色の光線でマグネドンの磁力を無効化し、脱出に使用した。


反重力光線編集

 マグネドンを地球から引き剥がして宇宙を運び去る為に使用した緑色の光線。


ダムせき止め能力編集

 決壊したダムのクラックに蓋をする事で水の流出を防いだ。

 あくまでも一時的なものであり、ブレスレットを回収すれば当然、水は流出する。


水蒸発能力編集

 ウルトラブレスレットを頭上に投げて閃光を放ち、湖を干上がらせてしまう技。


縮小能力編集

 ヤメタランスを縮小化し、宇宙へ返した。


ディフェンダー&ランス編集

 一部ゲームやパチンコにおける形態。ディフェンダーとランスを同時展開し、騎士のような戦闘スタイルを披露。


光針連続発射編集

 ゼラン星人使用時の第1の能力。扇風機の羽根のような状態から光の針を連続発射。ウルトラバリヤー タイプBで防がれてしまう。


光輪編集

 ゼラン星人使用時の第2の能力。八つ裂き光輪に酷似している。光針をウルトラバリヤー タイプBで防がれたことから使用し、バリヤーを破壊した。


無限手裏剣編集

 ゼラン星人使用時の第3の能力。無数の手裏剣となって、変幻自在の攻撃を行う。ジャックにウルトラバリヤー タイプBを使わせる暇を与えなかった。


光の拘束リング編集

 ゼラン星人使用時の第4の能力。光の輪から光の拘束四重リングと化して、対象を拘束する。無限手裏剣でジャックを翻弄した後にこの形態でジャックを拘束するがゼラン星人が伊吹竜に倒されたことでジャックはウルトラブレスレットを制御可能となり、光の鎖を解いて、ブレスレットに戻した。


その後の活躍編集

 『ウルトラマンメビウス』終了後、光の国では科学が発達し、量産型ウルトラブレスレットが作られるようになった。しかし、実力では最初に作られたジャックのブレスレットが最強のようである。また、渡した主であるセブンは息子のゼロに改良型であるウルトラゼロブレスレットを渡しているが、こちらもジャックほどは使用されていない。


 実際、現在は「ジャックは警備隊一のブレスレットの使い手」と設定されており、『新ウルトラマン列伝』の新撮シーンではゼロは手解きとして受けたジャックとのランス対決で敗れており、「武器の扱いに関しちゃ一日の長がある」と言わしめている。

その姿はまさに、鬼に金棒と言えるだろう。


ULTRAMAN(漫画)では…編集

 主要人物の1人であるジャックが、これとよく似たブレスレットをつけており、執筆者の遊び心が垣間見える。

CGアニメ版のジャックもつけているが、シーズン2にてこれがJACK SUITS転送装置だということが判明。「カモン……転送!」と掲げることでSUITSを装着する。


他のウルトラ戦士のブレスレット編集

 ジャックの後輩であるウルトラマンタロウウルトラマンレオも、ブレスレット系アイテムを装備している。タロウの場合はタロウブレスレットキングブレスレット、レオの場合はレオブレスレットと、ウルトラマントの変形であるアームブレスレットである。

 また、ゾフィーはエネルギー回復アイテム・ウルトラコンバーターウルトラマンエースに渡してエネルギーを回復させたことがあるが、こちらもブレスレット型である。


余談編集

 『帰りマン』撮影終了後、撮影用のブレスレットはジャックのスーツと共に人の手に渡り保管され、後に庵野秀明展にてスーツに装着されて展示された。経年劣化と酷使により錆びてはいるが原型を留めている。また予備はジャックのスーツアクターを演じたきくち英一氏に記念にプレゼントされた。後の第2期作品で客演した際にブレスレットが装着されていなかったりするのはこのため。ちなみにきくち氏が保存していたものは、のちに氏が『開運!なんでも鑑定団』に出演した際に20万円の価値が付けられている


関連項目編集

必殺技 チート 帰ってきたウルトラマン その時不思議な事が起こった 本体

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

ゴレンジャーハリケーン - 何でもアリ度がさらに上を行く兵器。

関連記事

親記事

ウルトラマンジャック うるとらまんじゃっく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51062

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました