ピクシブ百科事典

キング・ボックル

きんぐぼっくる

キング・ボックルとは、帰ってきたウルトラマンに登場する怪獣である。
目次[非表示]

データ

身長2.5~50m
体重130kg~3万t
別名原始地底怪人
出身地地底

概要

第50話「地獄からの誘い」に登場。
地下30kmに生息している地底人で、有史以前に地底に閉じ込められた人類が進化した姿だという(よく間違われるが、キングボックルではなくキング・ボックルが正しい)。
長い間暗い地底で暮らしているため視力退化しており、から生えているアンテナから発する超音波によって周辺の情報を獲得している蝙蝠のような種族。

地上の征服を企んでおり、その下準備として、地上を侵略するための要塞建設に邪魔な地底科学センターを攻撃し、計画に支障をきたす恐れのある上野一平隊員の恩人である小泉教授が自分たちのことを調べ上げたノートを狙い、博士を自殺に見せ掛け殺害するものの、ノートは手に入らなかったため、ノートの在りかを知っている可能性のある博士の1人娘であるチドリを狙った。

アンテナからは人間の脳波を錯乱せる怪電波を発射し、また重力を操作する事もできる。
背中からは赤いガスを発射し、口から30万度のエネルギー弾のような火炎を発射する。

ウルトラマンジャックを地底に引きずり込んで倒そうとするが、弱点であるアンテナを破壊され方向感覚が狂ってしまい、歩く事すらままならなくなった所へ、放たれたウルトラスパークの前に敗れ、爆死した。

その後小泉教授が残したノートからキング・ボックルの研究が進み、地下30kmにはまだ複数のキング・ボックルが存在し、今回出現したのはその1体だという事が判明した。

ウルトラマン超闘士激伝

ウルトラマン超闘士激伝では、第3部「ゴーデス編」に登場。ウルトラマンを倒したい怪獣たちの一体としてゴラツルク星人テロリスト星人ベムラーと共に登場。ゴーデスに利用され、ブローズの邪生鋼<エビルブレスト>と融合し、ゴーデス人衆の一人「ブローガ」となった。

五人衆の中ではリーダー格でゴーデスへの忠誠心も高く、バランガが提案した五人衆内のリーダー決めも当初は反対していた。

超闘士ウルトラマンにゲルガンとデーガンを倒され、自身も敗れそうになるが寸でのところでキング・ボックルから分離しウルトラマンの体を乗っ取ろうとするが、超闘士のエネルギーを注入された事で逆に乗っ取られてしまった。

余談

  • 脚本、デザイン段階ではキング・コロボックルだった。また、次回予告ではキングボックスと呼ばれていた。
  • ウルトラ銀河伝説では、ベリュドラの胴体を構成する怪獣の一体として登場した(巨人もそうだが地球人を取り込んでいるのは大丈夫なのだろうか?)
  • ウルトラマンオーブ』19話では、ジャグラスジャグラーが「地獄からの誘いに身を委ねろ」と語るシーンがある(同エピソードの「サブタイをさがせ!」の答えにもなっている)
  • デザインの井口昭彦によると、肩のアンテナにはハンドミキサーが使用されている。
  • なお、地球人ながら巨大化しているためキング・ボックルのいた地底にはモルフォ蝶がいたという説が存在する。


関連タグ

帰ってきたウルトラマン ウルトラ怪獣 地底人(ウルトラ怪獣) コロボックル

pixivに投稿された作品 pixivで「キング・ボックル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 390

コメント