ピクシブ百科事典

目次[非表示]

データ

身長59m
体重4万t
別名マグマ怪獣
出身地ビブロス星(とされているが、「原産地」は不明)→浅田山


概要

マグマ怪獣 ゴラ


第12話「美しい転校生」に登場。
ビブロス星の地球侵略用の怪獣で、「宇宙戦士」と呼ばれている。炎の奔流のような真っ赤なとげだらけの皮膚に覆われており、外見はまるでヒヒやライオンのような姿をしている。
ミリーが持ち込んだ際には卵だったが、浅田山の火口にてマグマのエネルギーで孵化した。つまりまだ赤ちゃんなのだが、生まれたその時から既に元気に動き回っており(サイバイマンオバQのように猛烈に成長が早い種族なのかもしれない)、非常に軽快に動き回る。口からは3万度のマグマ光線「ビハインドレーザー」を放ち、掌を合わせて80の光線を防ぎ、鬣や手からは80と互角の威力の光線を放って丁々発止の戦いを繰り広げる。怒ると全身を火の玉に変えて体当たりするらしい。(設定では後頭部からも光線を放つ。)
最期はバックルビームとサクシウム光線の連続発射で倒される。

ウルトラ怪獣大百科』では、「もしかしたら宇宙の悪人たちに兵器として使われる、可哀そうな怪獣なのかもしれない」と語られていた。サメクジラのようなものなのだろう。

ウルトラ超伝説(グラビア版)

地球侵略用に投入された尖兵。当然ながら数十倍に能力が上がっておりウルフを追い詰めるもメロスの助太刀により形成を逆転され、アンドロタイフーンで首を吹き飛ばされる。しかし、その正体は似せて作られたアンドロイドに過ぎなかった。

後に再生怪獣軍団の一員として現れるも、二人の敵ではなかった。

グラビア版の着ぐるみは『80』で使われたゴラを改造したもの。

ウルトラマン超闘士激伝

ウルトラ戦士に勝ちたい宇宙の悪党の一体として登場。原典ではそれほど大きくないが他の怪獣・宇宙人より大柄に描かれている(鋼魔四天王ケムール人といい作者の好みか)。語尾に「~ゴラ」と付けてしゃべる。

邪生鋼(エビルブレスト)戦士ギガルス


ゴーデスの甘言に乗ってその分身の生ける鎧、邪生鋼(エビルブレスト)に意識を支配され、ゴーデス五人衆の一人ギガルスとなる。
重鋼鉄鋼(ダブルブレスト)にゴーデス細胞を防がれるも持ち前の冷凍能力に加えゴラの能力を引き出して奮闘するが、80とJの連携に敗れる。
ゴラは我に返っており、ウルトラ戦士はゴーデスを倒して取り付かれたグレートを救う道を見つけ出す。

ウルトラマンオーブ

ウルトラマンオーブクロニクル2-3


オーブクロニクル第2章エピソード2-3に登場。火山惑星ガヌン・アピの溶岩の中で眠っていたところ、保険金詐欺の為に鉱山主のオルロック伯爵がエンマニウム火山を爆破したため復活。ガヌン・アピを訪れたオーブと戦い、オーブウォーターカリバーで倒された。

ウルトラ忍法帖

番外編の悪役・血祭一家の頭として登場した。血祭一家を潰しに来たセブン・ダイナ・キリヤマの3人に右腕のネロンガを差し向けるが、アミアとセブンに倒される。自身もダイナに襲いかかるが返り討ちに遭い、生き残りも全員降参して捕縛され、血祭一家は壊滅した。

関連タグ

ウルトラマン80 ウルトラ怪獣 哀しき悪役 生物兵器

関連記事

親記事

ビブロス星人 びぶろすせいじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「マグマ怪獣ゴラ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「マグマ怪獣ゴラ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6347

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました