ピクシブ百科事典

ウルトラマングレート

うるとらまんぐれーと

特撮番組『ウルトラマンG』の主人公。
目次[非表示]

ウルトラマンGの表記揺れ。番組自体については親記事参照。
ここではウルトラマングレートのキャラ自体について扱います。

データ

ウルトラマングレート 【ニコニコ動画用イラスト】


-年齢:1万7千歳
-身長:60m
-体重:5万8千トン
-変身アイテム:デルタプラズマー
-飛行速度:マッハ26
-走行速度:マッハ9
-水中速度:マッハ6
-潜地速度:マッハ3
-ジャンプ力:1500メートル
-活動限界時間:3分間※1
-出身地:M78星雲ウルトラの星※2

※1、太陽エネルギーの不足ではなく、大気汚染の為3分間しか体を維持できないとされる。
※2、原語版では、ゴーデスに故郷を滅ぼされた一族と自ら語っているが明確な出身地は不明。

容姿

他のウルトラマンとは違い、白い体に赤い模様があるのが特徴になっている。また、目はパールホワイトである。三角形に縁取られたカラータイマー、デルタプラズマー(普段は緑で、限界が近づくと黄色に点滅する)も印象的。
人間時の姿は地球で一体化していたジャック・シンドー

性格

ジャックエースとは異なりジャック・シンドーとは意識が一体化したわけではない。そのため、時々お互いの方針をめぐって意見が対立することもあった。
とは言え決して冷酷なわけではなく、敵に対抗するための(ややわかりにくい)ヒントを与えることもあった。敵の洗脳装置からジャックを守ったこともあれば、敵が迫っていることを警告してくれたことも。

また、無闇に怪獣宇宙人を倒すことを好まない心優しい一面もある。
ガゼボリュグローUF-0など、特別な事情があり暴れていた怪獣達に対しては、

・洞窟に閉じ込めて眠らせるだけに留める
・話し合いで解決して和解
・地球から逃げ出したため追撃はしない


などと、穏便な解決策を取った。案外、後の後輩とは仲良くできるかもしれない。
そして、ジャックと共にゴーデスや数々の怪獣との戦いを乗り越えてゆき、固い絆で結ばれるようになった。

以上のことから、彼も先輩達に見劣りしない強さと優しさを兼ね備えたウルトラマンの一人だと言えるだろう。
なお、グレートと会話している際のジャックは、周りから見ると独り言を言っているように見えてしまう。さらには不吉な予感を暗示するものとして扱われる始末…。

必殺技

バーニングプラズマ:手を上下に開いて放つプラズマ。最強必殺技だが、あまり使われない。
マグナムシュート:相手の放つ光線冷気火炎などのエネルギーを吸収して撃ち返す攻防一体の技。
グレートスライサーを作り出し相手を切り裂く。核兵器にも耐えるシラリーを倒すほどの威力。アグルマックスメビウスなどに先駆けて使用している。
アロービームを引く体勢から放つ光線。
ディスクビームを開いて突出し、円盤状の光線を放つ。
フィンガービームをチョキにして放つ光弾。両手同時発射が可能で、バイオスとの戦いでは高速リロードを繰り返し5連射で倒すことに成功した。
ナックルシューター:拳を突き出して放つ光弾。正拳突きのように連射できる。掌底から繰り出すパームシューターという技もあるが判別はしづらい。ちなみにウルトラカプセルの音声ではパームシューターが選ばれている。
ディゾルバー:命中したモノを分解する効果を持つ光線。

※日本ではこのように名前が付いているが、現地では「同じ光線(パーニングプラズマ)を必要に応じて形を変えてるだけ」という解釈だったらしい。(いくつかの光線のポーズが定まっていないのはそのため)
ちなみにグレートは、ウルトラ戦士の大半が持つことが多い、両腕を十字、またはL字型に組む形の必殺光線を使う描写がない。

スーツについて

ボディの素材は化学繊維で、他のウルトラ戦士と違った柔らかな印象を与える。これは西洋人の体型を魅せるという意図があり、スーツアクターの身長は2メートルあったという。また、ファスナーが前に付いたスーツもあり、カットによって使い分けている。(玩具宣伝には従来のウエットスーツ版もあった)

マスクは覗き穴が目立たない処理が施されており、自作パワードでも受け継がれている。ただし平成三部作コスモスには、従来通り覗き穴がある。覗き穴の処理が再び行われるのはネクサス以降。

小ネタ

グレートの掛け声とカラータイマーの警報音は吹き替え版で、どちらも初代ウルトラマンのものに差し替えられているが、これは原語版の音声がウルトラマンとして違和感が大きいと京本政樹氏が判断した為。(特にカラータイマーの音はブザーの様で歴代トップクラスで浮く)。他媒体では原語版の掛け声が使われている場合もある。

企画時、海外スタッフが設定書を見ながら日本スタッフに「なぜ彼は何も装備していないのに飛べるんだい?」と聞いた(彼はスーパーマンが空を飛べるのはマントがあるためと勘違いしている節がある)。日本スタッフはこう答えた。「それは彼が宇宙の神だからだ」。すると一神教信者であるはずの彼は思わず納得したという。

変身アイテムのデルタプラズマーは、ヒーロー物では珍しいペンダントだったりする。変身法もポーズや掛け声ではなく瞑想である

グレート本人は『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』など、後のシリーズに客演している。ただし、残念ながらお世辞にもその扱いはいいとは言えない。
とは言え、出番があるだけでもマシなのだが……

エイプリルフールの円谷プロダクションWEBサイトでは、ガチムチパンツレスリング風のキャラクターとして扱われており、ウルトラマンタロウ恋愛感情を抱いているかのような扱いをされている。
ただし、このネタを公式設定と誤解して、場を弁えずに振り回すのは不快感を与えるので注意。
ゾフィーに関しても言えることだが、あくまでエイプリルフールネタであることを忘れずファンを不快に思わせないことが肝要である。

また、1990年代前半はウルトラマン仮面ライダーがともに不作の時代であり、コンパチヒーローシリーズでは仮面ライダーBLACKRX機動戦士ガンダムF91共に「新コンパチ御三家」としてかなり長い間登場し続けていた。ある意味当時と現在とではまるっきり立場が逆転している。

現在では後輩が同じ立場と言える。
新作であるスーパーヒーロージェネレーションでは相方と言えるガンダムF91が参戦したためまさかと思われたが結局不参戦だった。

マンガ家島本和彦によるコミカライズ版(テレビマガジン)がある。 ⇒ 単行本は中古書で入手可能…だったが2016年12月に新装版が発売

ガチャポン・『ウルトラマン超闘士激伝』 - 漫画版では一匹狼のような性格。第4章での彼の扱いに関してはショッキングな展開がみられる。

ウルトラマン列伝』の第100話では放送100回を祝してウルトラマンゼロが番組冒頭でグレートからのお祝いのメッセージを伝えようとしたが、ウルトラマンベリアルダークネスファイブビーコンの能力で番組をジャックしてしまったため、グレートからのメッセージを伝えることはできなかった。ゼロはグレートのことを「グレート先輩」と呼んでいたが、それまでウルトラマン列伝ではグレートに関する紹介などは殆ど無かったため、ゼロの口からいきなりグレートの名が出て驚いた視聴者も多かった。

おそらくウルトラマンジャックが活躍する『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣ビーコンが電波ジャックするという番組の内容を考えると、グレートが話題に出たのは「ジャック」繋がりということだろう。


関連項目

ウルトラシリーズ ゴーデス ウルトラマンパワード

pixivに投稿された作品 pixivで「ウルトラマングレート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 153954

コメント