ピクシブ百科事典

ジャック・シンドー

じゃっくしんどー

ジャック・シンドーとはウルトラマンGの主人公にして、ウルトラマングレートと一体化した青年科学者の名称である。

俳優/ドーレ・クラウス
吹き替え/京本政樹

概要

ウルトラマンG主人公

元々はオーストラリア宇宙開発公団の惑星調査員の科学者であったが、ある日、火星を探査している最中に邪悪生命体ゴーデスと遭遇。ゴーデスに乗ってきた宇宙船を破壊され、地球への帰還が出来なくなってしまうが、ゴーデスを斃す為に火星へとやって来たグレートと出会い、彼と一体化して地球に帰還。
地球へと細胞の姿で逃走したゴーデスの撲滅と情報を得る為に、グレートの反対を押し切ってUMAへと入隊することとなった。

他のUMA隊員たちが人命を第一に考え、相手側にどんな事情があろうとも人命のためならば怪獣の排除も止むなしと判断することが多いのに対し、科学者の立場としてから安易に怪獣を排除することに反対するなど、『コスモス』のムサシ隊員や『X』の大地隊員の先駆けともいえる一面を見せることもある。

また、科学者とはいえ、意外と筋肉質で、行動も伴うアクティブな人物で飄々とした性格の持ち主の為に変人扱いされることもしばしば。

自分と一体化したグレートと会話できるのだが、平気で人目をはばからず彼と会話したり(しかも他人にはグレートの声は聞こえない…)、グレートを介して得た知識を披露して「なぜそんなことが分かるの」と聞かれても曖昧に答えてはぐらかすことが多い大雑把なところもある模様(何だか平気で自分の正体を明かす五代雄介みたいだ…)。

一心同体となったグレートとは強い絆で結ばれており、グレートがジャックを、逆にジャックをグレートが助けることもある。

最終回に置いて、シラリー戦後、核を吸収したため地球に亡骸を放置しておくのは危険だと判断したグレートと分離。人類に再びやり直す機会を与え、シラリーの亡骸を処分する為に宇宙へと去って行くグレートを他のUMA隊員たちと共に暖かく見送った。

関連項目

ウルトラマンG ウルトラマングレート 科学者
南光太郎シーブック・アノーコンパチヒーローシリーズでの相棒

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・シンドー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 264

コメント