ピクシブ百科事典

マックスギャラクシー

まっくすぎゃらくしー

ウルトラマンマックスがウルトラマンゼノンから託された強化アイテム。
目次[非表示]

ウルトラマンマックス』第13話で登場した、ウルトラマンマックスの強化アイテム。

概要

うるとらせんし1
ウルトラマンマックス(withゼットン)


元々はウルトラマンゼノンが召喚したアイテム。宇宙恐竜ゼットンとの戦闘を機にマックスに託され以降は現在に至るまでマックスが所持・使用している。

翼を広げた鳥のようなフォルムが特徴。マックスがマックススパークの装着されていない右手を空に翳して虹色の光線を発することで召喚され、そのまま右手に装着される。この時、翼のような部位が閉じられ、短剣のようなフォルムとなる。
光のエネルギーを蓄えておく機能もあり、この特性が後述する救出作戦において大きな意味を持つこととなった(実際、初めて装着した際はパワータイマー(カラータイマー)の点滅が緩くなるなど、それを示唆する描写はあった)。
人間を乗せて自立飛行させることも可能で、最終話ではギガバーサークの圧倒的な戦闘力を前に力尽きてしまう寸前、カイトを乗せて脱出させ、彼の命を救っている。また、この時分離させたマックスギャラクシーにDASHは大量の太陽エネルギーを充填させることでマックスを復活させ、ギガバーサークに勝利するきっかけを作った。
UGF大いなる陰謀でもゼノンがマックスにエネルギーを回復させるための手段として使用、そのままマックスに装着されてマガオロチに止めを刺す際にも用いられた(また、この描写からマックスギャラクシーは一度ゼノンの手に戻っていたことが示唆されている)。

多くの強敵を撃破してきた非常に強力な装備だが、その分エネルギーの消耗も激しく、毎回使用できるわけではないらしい。

基本的にはマックスの使用アイテムだが、後にマックスは『ウルトラマンX』の世界を訪れた際にエックスに自身の力の一部として、このマックスギャラクシーを召喚し、使用する能力をサイバーカードという形で分け与えている。その後、第11話で実戦投入され、ギャラクシーカノンで強敵キングジョーを撃破するという戦績を上げた(ただし玩具ではギャラクシーカノンではなくマクシウムカノン発動になっているため劇中と同じ遊びはできない)

必殺技

ギャラクシーカノン
マックスギャラクシーから放つ必殺光線。威力は絶大で、マクシウムカノンにも耐えるゼットンのバリア・ゼットンシャッターやギルファスの盾、ゴドレイ星人の両腕すら突き破って粉砕し、惑星一つ吹き飛ばす爆発に耐えたルガノーガーをも葬り去った。
キングジョーに対しては威力を調節して使用し、乗り込んでいた夏美をゼットン星人の呪縛から解放し脱出させる事に成功している。
『UGF大いなる陰謀』では八つ裂き光輪M87光線のような振りかぶるようなポーズで放っていた。
ウルトラマンギンガビクトリーやウルトラマンエックスも使用可能。

ギャラクシーソード
マックスギャラクシーから光の刃を形成し、相手をぶった切る。
初使用時は攻撃ではなく、ゼットンの火球を防御する為に使用している。
最終回の超巨大化状態で使用した際は地球の直径を超える程の長さギャラクシーソード最大パワーを形成、ギガバーサークとの最終決戦に決着をつけた。

バリアフィールド
敵の体を青いドーム状のバリアで包み込む。
敵を拘束したり、爆発などの影響が周囲に広がらないようにするために用いられる。

関連イラスト

戦う君が教えてくれたこと



関連項目

ウルトラマンマックス ウルトラマンゼノン ウルトラマンギンガビクトリー ウルトラマンエックス サイバーカード

関連記事

親記事

ウルトラマンマックス うるとらまんまっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マックスギャラクシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46134

コメント